•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 下顎分節骨切り

・リッツ美容外科で上下顎分節骨切り術(通称「セットバック」とよばれる手術)をやってまいりました。
・口を閉じた時の正面顔が受け口みたくなるのがすごく嫌で、小さいころからずっと悩んできたんです。
・今回は骨を切る手術なだけあって自分でもびっくりしてしまうくらい顔が変わりました(写真画像はブログ参照)。
・担当してくれたリッツ美容外科の先生は広比先生ではありませんが、話しやすくとても優しい方だったので私との相性はよかったと思います。
・上下顎分節骨切りは骨格が原因で歯茎が出てしまい、そのせいで受け口や出っ歯、口元がこんもり盛り上がって見える人にぴったりな施術です。
・単に前歯が大きかったり傾斜があるせいで出っ歯に見えるだけの人なら歯科矯正のほうがいいんじゃないかと思います。料金も安く済みますしね。
・あと今回はモニターで上下顎分節骨切りを受けることになりました。
・皆さんご存じかと思いますが、モニターというのは手術料金が割引される対価として、・ビフォー・ アフターの症例写真の撮影およびクリニックHPや宣伝広告への掲載を許可していくというシステムです。
・リッツ美容外科モニターでかかった費用は諸々込みでモニターで約140万でした。
・私は上と下の顎を両方ともやったのでこの料金ですが、下顎分節骨切り術単独ならもっと安くなるんじゃないでしょうか。
・参考までに同じ内容で別の医院で見積もりをやったらモニターなしの通常料金で200万オーバーでしたから、やはり費用はクリニックにより異なるみたいですね。
・それと入院は必要なく日帰りで行えますが、手術翌日と2日後、1週間後にはリッツ美容外科に通院しなければいけません。
・術後経過(腫れや痛み、ダウンタイムなど)は私なんかよりもっと詳しく書いている口コミや美容整形のブログがあるので、そちらを参考にした方が有益だと思います

-リッツ美容外科の下顎分節骨切り
・受け口(反対咬合)を改善させる一般的な手法です。
・リッツ美容外科では口腔内よりアプローチしていき、下口唇裏側と歯肉間を粘膜切開してから、あご先に向かい剥離を進めていき、下顎前面部の骨皮質を露出させます。
・前から4番目の歯である左右第1小臼歯を抜歯し、3番と5番の歯の間にできた隙間の直下の下顎骨を削っていきます。
・右3番~左3番の6本の前歯の根元の下顎骨を骨切りし、骨と歯をひとまとめにして後退させます。
・この後退距離が受け口を改善できる範囲となります。
・後退させたブロックをチタンミニプレートないしはワイヤーを使って固定します。
・3番および5番の歯を歯牙結紮(ワイヤーによる固定)するケースもあります。
・受け口だけでなくあご先が長かったりしゃくれているならあご削りも同時に行います。
・口腔内で粘膜縫合し下顎分節骨切りは終了です。
-リッツ美容外科の下顎分節骨切り手術のポイント
・口腔内で切開を行う箇所は歯肉のサイドの溝になるので、口を開けた場合でも可視範囲には傷跡はできません。
・出血が多いときはドレーンを傷口内に留置します。
・リッツ美容外科から退院時に管を抜きます。
・下顎骨の固定に使われたプレートとワイヤーは、下顎分節骨切りから6ヵ月経過した後ならリッツ美容外科にて抜去手術が可能です。
・プレート抜去にかかる費用は別料金ですが、そのまま留置しても特に問題はありません

【リッツ美容外科の下顎分節骨切りに関してのQ&A】

〈質問1〉
・仕事はデスクワークなのですが、職場にはいつごろから復帰できるでしょうか?
〈解答〉
・リッツ美容外科で行なわれる下顎分節骨切り術は、入院の必要はなく当日に帰宅なさることがが可能です。
・顎間のワイヤー固定も行わないため、硬いものや刺激物を避ければ通常食を召しあがることもできます。
・腫れが落ち着くまでに平均して1~2週間かかりますが、マスクで隠せる程度の腫れでおさまります。
・デスクワークのお仕事でマスク装着が問題なければ、術後2~3日後から1週間くらいで職場に復帰することは十分可能です。
・リッツ美容外科の下顎分節骨切りは、入院したくない、できるだけ早く仕事に戻りたいと希望なされる方におすすめの施術というわけです。
〈質問2〉
・私は現在高校2年生で、この夏休みに下顎分節骨切り術を受けて受け口を治したいと考えてます。
・そこで聞きたいのですが、リッツ美容外科では未成年で手術はできるんでしょうか?
〈解答〉
・患者様が未成年の場合、基本的には歯列矯正をはじめとした口腔外科治療をすすめております。
・理由としましては、成人となるまでは下顎骨の形状が変化し続けること、歯列矯正の効果があらわれやすいこと、精神面で成熟度が完成に至っていないことなどから、外科的な方法をメインに据える必要性が低いためです。
・下顎分節骨切りといった手術を行う場合、適応するか否かの判断および行う時期を、患者様一人一人に合わせベストな状態で行なわなければなりません。
・リッツ美容外科と提携している口腔外科や矯正歯科をご紹介できますので、いちどカウンセリングにこられてご相談なされてはいかがでしょう。
〈質問3〉
・下顎分節骨切りが終わってからどれくらいから食事ができますか?食事の際に気をつけることなどはあるでしょうか?
〈解答〉
・一般的な下顎分節骨切りでは広範囲に下顎骨の骨切りが行われ、上と下の歯同士をワイヤーにより固定(顎間固定)することが必要となるので、一定期間口を開けることができずその間の食事は流動食となります。
・いっぽうリッツ美容外科で行っている下顎分節骨切り術の場合顎間固定は不要であり、硬いものなど負担が大きいものを避けていただければ、施術直後から通常食を召しあがることが可能です。
・実際は、当日の夜はお粥やスープ、ゼリー類、翌日から軟らかい固形物に移行するかたが多いようです。
・下あごの骨が接合し固定されるまでにはおよそ8週間前後かかるので、下顎分節骨切りから2ヵ月経過後ならば以前と同じように硬いものも咀嚼できるようになるでしょう

-下顎分節骨切りに失敗しないため気をつけておくポイント
①費用の安さ・口コミの評判だけで判断しない
・顎削りの施術は、低費用やリーズナブルな料金設定は確かに魅力的ですが、あまりにも安すぎる場合何かしら理由があるものです。
・ちなみに下顎分節骨切りの費用の相場は、平均で約120万円前後、麻酔費用が別途5万~10万円前後が一般的だといわれているようです。
・口コミのチェックは必要でしょうが、なかには宣伝広告目的で作成された情報があることは頭に留めておきましょう。
③術前検査やアフターケアが充実したクリニックを選ぶ
・リッツ美容外科の下顎分節骨切りの術前検査では、心電図、頭蓋骨X線検査や胸部X線検査、各種血液検査にパノラマ撮影、加えて3D-CT検査が行われます。
・特にオトガイ神経孔およびオトガイ神経管の位置確認のため上記検査が重要となります。
・充実した医療機器はそのクリニックおよび医師に対する信頼のバロメーターにになるでしょう。
・オトガイ神経付近で操作するため術後麻痺の可能性もあり、万が一に備え1年以上を見込したアフターケアも必要です。
④担当医の症例写真を見る
・自分の担当医師が実際に行った下顎分節骨切り症例写真を見ることができれば、医師の技術や実績、経験を知ることができます。
・また症例写真をチェックすれば医師の美的センスがわかり、自分の理想とする仕上がりイメージと医師のセンスがマッッチしているかをうかがい知ることも可能です。
・下顎分節骨切り術はその名のとおり下あごの骨を切ることで、大きな効果が期待できる反面患者の負担が大きい手術でもあるため、慎重に検討を重ねなければなりません。
・満足のいく結果が得られるよう、失敗やリスクの可能性が決して0ではないことを把握したうえで、納得してからリッツ美容外科で下顎分節骨切りを決断してください

※上記「リッツ美容外科で下顎分節骨切りした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •