•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で受け口手術した結果

・リッツ美容外科で受け口を治そうする前に、まずは歯の矯正治療を思い浮かべる方が多いかもしれません。
・そもそも受け口は2パターンあり、下顎の骨格の形態の異常が見られるパターンと、嚙み合わせが上下逆になっているため受け口になるパターンとがあります。
・下顎の形状や大きさが原因の受け口は外科的施術を行わなければ改善することは困難です。
・また日頃の習慣により受け口になってしまった場合、そのまま放置しておくと歯並びがさらに悪くなったり、ますます受け口が悪化する危険があります。
・いずれのパターンの受け口も自力で改善するのはまず不可能です。
・割り箸だのマウスピースだので受け口をなおすトレーニングなんてネットや美容ブログでよく見かけますが、どのみち無駄に終わるでしょう。
・一度歯科医院やリッツ美容外科をはじめとする評判の美容整形クリニックで相談してみることをオススメします。
・受け口修正にあたっては、歯科矯正だけで治療する場合と骨切り手術(下顎骨分節骨切り)を行って治す方法とがあります。
・両者にはどのような違いがあるかを比較していこうと思います。
①骨格改善の有無
・噛み合わせを適正にする歯列矯正ですが、あくまで下顎を移動させる補助的な役割を果たすに過ぎません。
・一方でリッツ美容外科の下顎分節骨切りならば、骨格自体を変えることにより受け口を根本的に治すことが可能です。
②治療期間
・矯正では下顎骨や下歯の位置を少しずつ変えていくことによって正常な状態を目指すため、治療が完了するまでに少なくとも2年はかかると言われています。
・これに対しリッツ美容外科の下顎分節骨切りならば、ダウンタイムは長いですがそれが終わってしまえば一度の施術で受け口が解消されます。
③費用
・矯正で受け口を良くする場合なら、治療の詳細や受け口の症状にもよりますが、およそ30万円~100万円ほど費用がかかります。
・一方で骨切りによる場合、最低でも100万円前後、高いところでは150万円と非常に高額となります。
・口コミや2ch(5ch)の書き込みでもやはり高額な手術料金がネックのようで、やむなく矯正で受け口を何とかしようと考える人は多いです。
・ですが骨格レベルで下顎が突出している重度の受け口だと、矯正オンリーで噛み合わせや口元の見た目を完全に整えるのはまずムリだと思って下さい。
・矯正で治療可能なのは受け口の症状が軽い方に限られます。
・自分の受け口の原因や程度がどのようなものか、リッツ美容外科のカウンセリングで医師と入念に話し合ったうえで、料金面も含めて納得のうえで確実に効果のでる下顎骨分節骨切りを選択して下さい

・私は受け口(しゃくれ)でアゴが出ていることが、昔からのコンプレックスで、歯並びとか噛み合わせは勿論ですが、何よりこの見た目をどうにかして治したいと長年思ってきました。
・骨を切ることには抵抗があったため、一度歯科矯正でどうにかできないかと思って歯医者さんにも何件か足を運びました。
・ですが、それだけだと見た目はあまり変らない、下アゴの骨を切って後にずらさないと難しいといわれてダメでした。
・やっぱり矯正だけだと嚙み合わせはともかく受け口の見た目をなおすのは無理なんでしょうね・・・失敗でした。
・アゴが出ているという、受け口の外観を何とかするのが目的だったので、そのときは諦めるしかありませんでした。
・リッツ美容外科のことをネット(口コミや2ch(5ch)など)で知ったのはそれから数年くらいたってからです。
・もうすぐ30歳になるし、ある程度まとまった期間有給を取れるメドもついていたので、受け口を治すチャンスは今しかない、やるなら早くやったほうがいいと思い、我ながらあっさり決めたと思います。
・リッツ美容外科さんの手術のおかげであれほどイヤだった口元がまともになりました。
・もちろんダウンタイムは長いし、手術料金はバカにならないしで、大変なことも多かったですけど、覚悟していたのでこれくらいは許容範囲でした。
・開口が治ったおかげで前歯で物を噛み切れるので食事がすごく楽になりました。
・ラーメンやパスタといった麺類を食べている時特にそのことを実感できます。
・受け口じゃないとこんなに食べやすいんだとビックリします。
・ずっと思い悩んでないで、リッツ美容外科の門を叩いて本当によかったと思っています

・下顎のほうが上顎より前に出た状態がいわゆる受け口なんですが、見た目をコンプレックスに感じてリッツ美容外科へ相談におとずれる方がとても多いです。
・骨格や歯並びといった受け口の原因を知り、それを前提として自分にはどのような手術が適応するのか判断しましょう。
・受け口は正式には「反対咬合」や「下顎前突」という顎変形症のことをいい、上下の噛み合わせがずれている状態です。
・本来上前歯が下前歯の前に出ているのが正常な状態です。
・ところが受け口だと、逆に上前歯が下前歯の後方に収まる状態となってしまいます。
・一見しゃくれと同じとも思えるのですが、しゃくれは下アゴが突出している見た目そのものの状態なので厳密には両者は異なります。
・さて、受け口を根本的に改善したい場合、リッツ美容外科では下顎骨分節骨切り術を適用するのが一般的です。
・リッツ美容外科が採用する手順としては、左右4番目の歯を抜歯し根元の歯茎骨を切断、下歯ごと全体をスライドバックさせるものです。
・仕上がりをナチュラルにするため別手術と併用されることも多いです。
・もっとも受け口を治す手術それだけでは術後の仕上がりが不自然になることが多いため、になってしまうので、アゴ削りや歯列矯正といった他治療も同時に行われるのが一般的です。
・こうすることで自然で違和感のないフェイスラインに仕上げることが可能となるわけです。
・手術料金に関しては高額の部類で医院ごとで差がありますが、リッツ美容外科はじめ代替100万円~150万円の費用設定のクリニックが多いように思われます。
・併用される他手術の料金が加われば、トータルの費用はさらにかかることとなります。
モニター割引などはリッツ美容外科に要相談です。
・歯を抜き骨切りする大がかりな施術であることから、術後のダウンタイム最低2週間と結構長引きます。
・腫れ・痛みも強いため、できるだけ外出せず自宅で安静にし回復に努めるようにしてください

-受け口修正手術がオススメな人の特徴
・下顎が突き出した受け口の人でも、リッツ美容外科が扱う下顎骨分節骨切りを行うことによりスッキリとした外見に生まれ変わることができます。
・以下の条件に当てはまる人は、矯正よりリッツ美容外科の骨切り手術で治す方がベターかもしれません。
①重度の受け口
・骨格の形状が大きく歪んでいることが多く、矯正オンリーでは改善効果ほとんどがみられません。
・骨格レベルで直接受け口を治すことが可能な下顎骨分節骨切りをリッツ美容外科で行うほうがトータルでみた場合お金と時間の節約になるでしょう。
②一回の施術で治したい
・矯正は抜歯をはじめワイヤーを通して固定したり、マウスピースを作って装着したりと煩雑な行程を踏まなければなりません。
・矯正期間も年単位で長期にわたることが多いため、短期間かつ1回だけで受け口治療を完了させいという人ならリッツ美容外科での手術をお勧めします。
・確実かつ即効性を重視するなら一考の余地があるかと思われます。
③ダウンタイムをある程度確保できる
・骨切り手術後は最低2週間は下顎を中心に大きな腫れがみられます。
・マスクを装着すればデスクワーク程度なら可能でしょうが、職種によってはそういうわけにもいきません。
・そもそも安静にしていた方が腫れは早く引きますから、ダウンタイムが十分取れる人にはうってつけなのです

※上記「リッツ美容外科で受け口手術した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •