•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で頬骨削りした結果

・写真にうつっている顔が周りより大きく見えたり、身体に対して顔のバランスが悪かったりといった場合、フェイスラインのバランスが崩れていて不均等であることが主な原因です。
・頬~下顎~顎先端にかけてフェイスラインを綺麗に整えることにより、顔全体の印象を綺麗に引き締め洗練された印象をもたせることが可能となるのです。
・フェイスラインのバランスを崩す原因のパーツはエラ、顎、頬骨など様々です。
・その中でも頬骨の突き出しは日本人や韓国人といった主に東洋人に散見される骨格的な特徴です。
・頬骨というのは顔の印象を左右するとても大事なパーツです。
・頬骨がゴツゴツして前や横に張り出していると、頬が痩せこけ厳つい印象を周りに与え実年齢より確実に老けて見られるなど、女性にとってあまり好ましいことではありません。
・そういったお悩みに対しては、「リッツ美容外科の頬骨削り」を行うことによって女性らしさあふれる優美な卵型の小顔に変えることができます。
・頬骨削りとは言うまでもなく美容整形手術の一種です。
・輪郭に悩む方はモニター写真や口コミなどで一度は目にしたことがあるでしょう。
・リッツ美容外科が手がける頬骨削りは、傷口が目立たない口腔内や耳の横の髪の生え際をメスで皮膚切開し、頬骨を削って輪郭全体のバランスを改善させることを目的とする手術です。
・頬骨削り後は女性らしく優しげな小顔となり、若返って見えると同時に鼻が相対的に高く見えるといったプラスαの効果も期待できます。
・また定期的にメンテナンスを行うといったことも不要で、術後数日間入院しその後数回の通院するだけで済みます。
・直接骨を削るため効果は半永久的に持続し、元の輪郭に戻ってしまうことがないのもメリットの一つといえるでしょう。
・なお頬骨が出っ張っていたり高かったりする場合でも、骨自体が突出しているケースと、頬骨部に脂肪が付着していてボリュームが出ているケースとがあります。
・脂肪が原因の場合は脂肪吸引がベストです。
・骨自体に問題があるなら勿論頬骨削りで高さと大きさを調節します。
・リッツ美容外科における頬骨削りの場合、口の中からアプローチする手法と、外側皮膚切開からアプローチする手法の2種類があります

-頬骨削り(リッツ美容外科)
・子育ても一段落付いたので、ようやく自分らしい生き方ができると楽しみにしていたのもつかの間、鏡を見るたびに年齢以上に老け込んでしまった自分の顔を見るたびに落ち込む毎日・・。
・オシャレがしたくてもこの顔じゃ何を着たところで焼け石に水・・。
・昔から張り出したゴツゴツした頬骨がコンプレックスだったこともあって、生まれ変わるという意味でこのたび手術を決心しました。
・まずは輪郭形成(頬骨削り)、その次にフェイスリフトを受ける予定をたて、インターネットで頬骨削りの口コミや2ch(5ch)・知恵袋といった掲示板で情報収集しまくりました
・その中でもこちらのリッツ美容外科(広比先生が有名ですね)は、HPで頬骨削りのことが詳細に解説されており、症例画像も豊富で、これから頬骨削りを受けることを検討している私のような素人にも配慮されているところに好感がもてました。
・ちなみに私が頬骨削りを受けたところは名古屋院で、先生は物腰柔らかで話しやすい雰囲気で、名古屋院の内部も綺麗でなおかつ清潔感溢れるいいところでした。
・もっともリッツ美容外科を選んだ理由の一つには自宅から近かったこともありますが(笑)
・カウンセリングで施術前の説明を受けた感じとしましては、先ほど述べたように院長先生が気さくで落ち着いた印象で、疑問に思っていることや不安なことは何でも遠慮することなく相談できたのがよかったですね。
・もちろん頬骨削りの術式に関する説明も大変詳しくわかりやすかったです。
・2ch(5ch)で評判が良かったですがその通りでした。
私の要望をしっかり聞いたうえで尊重していただき、頬骨削りの術式も私の希望沿ったものを選んでくれました。
・メリットだけでなくデメリットやリスク、ひいてはトラブルがおこった場合の対処法も解説してもらい、おかげさまで安心して頬骨削りを受けることができました。
・先生には合計4、5回はカウンセリングを行っていただき、私の希望する仕上がりのイメージをできる限り把握してもらい、私も話し合いを通じてリッツ美容外科の頬骨削りのことを理解するように努めました。

・頬骨削りではまず頬骨の前面を削ることで高さを無くし、横への張り出しは頬骨弓の骨切り(アーチインフラクチャー)を行いました。
・全身麻酔のため手術中痛みは全く感じませんでした。
・頬骨削りが始まったのは正午を過ぎてからで、麻酔から覚めたときはすでに病室に移された後でした(まだ朦朧としていたため終わった正確な時間はわかりませんでした)。
・私の場合体力的に劣っていたようで全身麻酔の負担がかなりあったようで、日帰り手術でなく入院するリッツ美容外科を選んで正解でした。
・おそらく頬骨削り当日の夜私一人では無事に過ごすことが出来なかったんじゃないかと思います。
・麻酔の影響でまともに歩くことすらできなかったですからね。
・リッツ美容外科の看護師の方やスタッフの皆様に心から感謝しております。
・術後相当腫れるであろうことは口コミ体験談や2ch(5ch)のカキコミを見てあらかじめ予想してはいたんですが、やっぱりすごい腫れでしたね。
・目は開いているのに視界が塞がっていて、包帯が目に被さっているかと思いきや、鏡を見ると瞼が尋常じゃないくらい腫れていました。
・思わず失敗したんじゃないかと不安になるくらいでした。
・翌日の午後になって先生に包帯を取り替えてもらってから鎮痛剤・抗生物質・イソジンうがい薬を処方してもらい、手術費用の支払いを済ませタクシーを呼んでもらいリッツ美容外科から退院しました

【リッツ美容外科での頬骨削りの術後の様子】
・頬骨削りをやった人の整形ブログを呼んでいたのである程度心の準備はしていましたが、予想通り頬骨削りの翌日から顔がパンパンに腫れあがりました。
・特に目の周辺および口周りの内出血が顕著で、おそらく骨髄性の出血がまだ続いているためだと思われます。
・痛みはさほどでもなかったですが、目周りのたるみやほうれい線の部分の青紫色の内出血がひどかったです。
・まともに口が開かず物を噛むことが全く出来ないので、スープやゼリー、お粥などの流動食でしのぎました。
・食欲も無くみるみる痩せてしまったのでその分回復が遅れたんじゃないかと思います。
・7日目に抜糸するためリッツ美容外科に足を運びました。
・頬骨削りから10日目くらいよりようやく腫れが目に見えて引きはじめ、2週間経過でむくみはまだまだ残っているものの何とか見られる状態にまで落ち着きました。
・ただ下膨れの状態は続いているので外出時にはマスクが必須です。
・頬周りの感覚が鈍くなっているのが少し気になります。ちょうど鉛が入っているような重くて痺れるカンジです。
・リッツ美容外科の先生いわく感覚が完全に戻るには最低半年かかるそうです。
・だけど顔を洗う時、手の平で頬を撫でると小さくなっていることがはっきりとわかるので嬉しくなりますね。
・まだダウンタイム中なので油断は禁物ですが、少しでも回復が早くなるようたんぱく質を沢山とって頑張っていこうと思いマス。
・質の高い見事な頬骨削りをおこなっていただき、リッツ美容外科の先生およびスタッフの皆様方には大変感謝しております

※上記「リッツ美容外科で頬骨削りした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •