•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で顎骨切りした結果

・「間延びした長いあご先を短くしたい」「厚ぼったいアゴ先を細くシャープにさせたい」「しゃくれたあご先を後退させたい」などといった希望があり、なおかつ骨格から改善させたい方の相談に対しては、リッツ美容外科では「顎骨切り」をおすすめしています。
・顎骨切りには大別すると「水平顎骨切り」および「垂直顎骨切り」という2種類の方法があり、それぞれ単独あるいは併用して行われることがほとんどです。
・またこの2種類の顎骨切りとあわせてエラ削りが行われることもあります(Vライン形成)。
・各手法の詳細につき以下順を追って説明していきます。
-リッツ美容外科の水平顎骨切り(あご中抜き)
・下顎骨を走行しているオトガイ神経を回避しつつ、上段・中間部・下段に分かれるようあご先(オトガイ)を2箇所水平にカットし、中間部分をだるま落としのように中抜きをやることでオトガイ長を短縮します。
・患者様のアゴの形態による個人差がありますが、最大で10㎜ほどあご先を短縮させることが可能となります。
・一旦切り離した骨片同士を接合させる際は金属のチタンを利用します。
・歯科治療でおなじみのインプラントの土台をはじめ、膝や股関節の代替となる人工関節、動脈瘤を遮断することで破裂を防止する手術にも利用されていることからもわかるように、チタンは人体にとって安全性が極めて高い金属です。
・錆びや腐食といった心配はまずありえない金属なのでご安心ください。
(チタンに関してもっと知りたい方は当ブログをご覧下さい)
・さらに分離したオトガイ先端を接合する時に、前方あるいは後方へスライドさせたうえで繋ぎ合わせることもできます(前後各7~8㎜程度の移動させることができます)。
-リッツ美容外科の垂直顎骨切り(あご中抜き)
・垂直顎骨切りではおとがいを垂直方向に2箇所カットし、中央部骨片を中抜きして左右骨片を中央に寄せ接合していくことにより、おとがい横幅を減らす手法です。
・患者様ごとに個人差がありますが、最大16㎜までカット可能です。
・先述の水平顎骨切りと同じく、切り離した骨片を中央にスライドさせてチタンプレートを使って固定します。
・なお垂直顎骨切りの場合も、おとがい先端部を前方ないしは後方へ出したり引っ込めたりが可能です。
-Vライン形成
・顎骨切りとあわせて広範囲のエラ削り+外板切除を行う施術はVライン形成と呼ばれます。
・お隣韓国では最も人気の施術の一つです。
・もともと下顎骨はまとまったひとつの骨であることから、おとがいのみ骨切りを行うよりは、エラも同時に削った方が骨切りの効果がより顕著になり、輪郭全体のバランスも保たれやすくなるというわけです

<リッツ美容外科の顎骨切りの特徴>
・あごが長かったりしゃくれアゴだったり、逆にあごが小さすぎたり奥に引っ込んでいたりと、あごに関する悩みは千差万別で実に様々です。
このようなあごの悩みを解消できる手術がリッツ美容外科の顎骨切りです。
・あごの形や長さ、大きさにお悩みのお客様は、小顔輪郭整形を得意としているリッツ美容外科へ一度カウンセリングにお越しください。
・顎骨切り手術の経験豊富な広比医師をはじめとしたドクターが、カウンセリングから手術、アフタフォローにいたるまで担当させていただきます。
・電動カッターとピエゾを駆使し、クオリティと安全面を徹底的に重視した顎骨切りを提供いたします。
・どういった切り方が最適か、幅はどれ位カットが可能かは、術前のCT検査やレントゲン撮影、3D頭蓋骨モデルにて吟味します。
・前に突き出したアゴを削ったり切ったりするだけでもちろん十分な改善効果が得られるのですが、痩せ気味の患者さんの場合、顎骨切りとあわせてヒアルロン酸注射を行うことで印象をさらにアップさせることができるでしょう。
・またたとえ顎骨切りをやらなくとも、目や鼻といった他のパーツを整形をやることにより顔のバランスが改善され、結果としてあごが悪目立ちしなくなることもあります。
・まずはカウンセリングで医師とじっくり相談したうえで、失敗しないよう自分に本当にマッチする手術を選択するようにして下さい。
<顎骨切りの施術方法>
・リッツ美容外科で行う顎骨切りの施術には、大きく分けてアゴ削り・アゴ切り」、アゴ中抜き+前出しがあります。
・どの施術であっても、下アゴを走行するオトガイ神経から最低でも5㎜以上離れた箇所を施術しなければならないため、レントゲン画像と3Dモデルを参考にあらかじめ削る骨量を決定してから施術に臨みます。
・各施術法は以下の通りです。
-リッツ美容外科のアゴ削り
・口の中で歯茎の根元部分を切開し、そこから余分な下あごの骨を特殊な医療機器で切除します。
・顎の形を綺麗に小さく整えることが可能なため、下顎が幅広な方やほっそりとしたシャープな顎を目指す方に適しています。
・リッツ美容外科のアゴ切り
・こちらも顎削りと同様の方法でアプローチしていき、あご骨を水平に骨切りし中間部分を取り除くことで顎を短くします。移動させた骨片同士は段差をなめらかにした後チタンプレートで接合させます。
・長い顎を短くしたい方や顎の位置を前後に移動させたい方に適しています。
-リッツ美容外科のアゴ中抜き+前出し
・顎切りと同様の手順で進めていき、後退したオトガイ先端部の骨片を前にスライドさせてからチタン製のプレートとネジで固定します。
・顎の長さと位置を同時に変えることが出来るのがこの施術の特徴です。
・リッツ美容外科で行われる顎骨切りは、あごという輪郭の悩みを改善する手段として非常に有効であるものの、全身麻酔や長いダウンタイムが必要な大掛かりな手術であることもまた確かです。
・だからこそ自分に本当に適した施術方法を選ばなければなりません。
・今まで述べてきた各施術法ごとのポイントや留意すべき点をしっかりリッツ美容外科のカウンセリングで把握したうえで、適切かつ安全な頬骨切りを受けて下さい

・先日顎骨切りの手術をリッツ美容外科大阪院で行いました。
・よろしければ先週のブログも後でご覧になって下さい。
・昔から受け口で噛み合せが悪く(反対咬合)、おまけにしゃくれている長い顎がずっとコンプレックスだったんです。
・大人になってますます自分の顎が気になるようになり、もういい加減この悩みとオサラバするためにリッツ美容外科で手術を受ける決心をしました。
・リッツ美容外科を選んだ理由としては、口コミや2chでの評判がおおむね良かったことや、料金・費用面で特に問題なかったことが主な理由です。
・私の顎骨切りでは、下顎骨切り(セットバック)+あご中抜き+おとがい形成の3種の施術を組み合わせて行われました。
・簡単に言えば、下顎を引っ込めて顎の長さを短くしたうえで顎先を前進させる手術をやったというわけです。
・当日リッツ美容外科へ来院してからは迅速に手術準備が整えられ、全身麻酔が開始されてからは一切記憶はなく、目が覚めたときにはすでに顎骨切りは終了していました。
・手術直後はしばらくの間麻酔の余韻で意識が朦朧としてました。
・痰がからんだり喉が痛かったりしましたが、顎の痛みは大したことはなく(リッツ美容外科が用意してくれた鎮痛剤も服用しませんでした)、三日もすればほぼ痛みは消えてくれました。
・腫れやむくみがひいていないのではっきりとはわかりませんが、横顔にEラインができかけています。
・受け口でなくなったのはこの時点でわかりました
・手術後1週間たつとようやくEラインがわかるようになりました。
・施術から3週間程経ちますが、腫れはほぼ引いており、普通に外に出歩ける状態になりました。
・顎骨切りと耳にすると何となく怖い大変な手術というイメージをもたれるかもしれませんが、この手術は早い人だと1時間程度、難しい方でも90分で終わる手術だとリッツ美容外科の先生はおっしゃっていました。
・実際私の時も手術開始から休憩室に戻るまで2時間かからなかったくらいですから。
・リッツ美容外科の顎骨切りはスピーディーなため腫れも最小限に抑えることが出来ますし、何より輪郭が劇的に改善します。
・ベテラン歯科医や熟練麻酔科医と連携を取りつつ、安全かつ的確な顎骨切り術を提供するのがリッツ美容外科です。
・私と同じく受け口や長くしゃくれたあごだったり、あるいは出っ歯やあごなしで悩んでおられる方がいらっしゃるなら、ぜひリッツ美容外科へ相談に訪れてみて下さい。
・きっと力になってくれることと思います。
・他のモニターさんのコメントも役にたいつと思います

※上記「リッツ美容外科で顎骨切りした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •