•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科でエラ削りした結果

・エラ削りは輪郭形成手術の中ではおそらく日本で一番有名と思われる手術です。
・ネットの口コミや体験談、ブログや2ch(5ch)といった評判を募る掲示板でも頻繁に話題にされています。
・とはいえ、口腔内切開を伴う一般的な手術においては、下顎骨角部で一番突き出したごく限られた狭い範囲での骨切りしか行うことが出来ないため、エラ削りを受ける患者さんが希望されるような仕上がりにすることはそれほど簡単なことではありません。
・狭い口腔内に電動の骨切りノコを挿入し、最深部に位置しているエラの骨きりを行うにあたっては各種制限がつきまとい、エラの切除量が少なくなってしまうことに加えて仕上がりの見た目が不自然になってしまうケースが後を絶ちません。
・リッツ美容外科に他院で受けたエラ削りの修正手術の相談に訪れる方が少なくないことからもその事実が窺えます。
-他院における普通のエラ削りの欠点とは?
・口腔内からアプローチするので術野が見えにくいのみならず、最深部の下顎角に対する操作が困難で、経験豊富な熟練医師といえども骨を広範囲で行うことが難しい。
・骨切りする断面にカッターを垂直にあてることが不可能なため、円滑に切るということがことがまず出来ない。
・仕上がりの輪郭に左右差が生じやすく、安全面にも問題を内包している。
・顔面神経および顔面動脈が手術野の骨膜上に走行していて、エラ削り中の骨切り操作をミスると出血や顔面神経損傷等の重篤なトラブルが起きやすい。
・術中視野の確保にあたって広範囲に骨膜下剥離が必要なため、術後腫れが顕著にあらわれる。
ーリッツ美容外科のエラ削り
・この点リッツ美容外科のエラ削りでは、わずか2~3㎝の小さな皮膚切開により下顎角後方~オトガイにわたって広範囲に骨切除を行い、加えて外板を削ることにより横顔のみならず正面顔においても顕著な変化をもたらします。
・エラ削りの骨切線はなめらかな曲線を描くため術後はごく自然な仕上がりとなってくれます。
・参考までに、全長10㎝近くに及ぶエラ削りを行うのはリッツ美容外科だけであり、他院のエラ削りとは一線を画した劇的な小顔効果が得られるでしょう。
・リッツ美容外科のエラ削りの特徴を端的にまとめると、
①かなり大きな骨切り量
②皮膚切開は下顎角の直上までのため、わずか2.5㎝程度の傷痕で下顎角後方~オトガイ部前方におよぶ8㎝から9.5㎝の骨を切ることができる
③自然な曲線を描く骨切りを実現
④レシプロソーを垂直に当てることが可能なため、自然でなめらかなカーブに仕上げることが出来る
⑤左右対称の骨切りが行える
⑥顔面を走行する神経や動脈からある程度離れた位置での操作、エラ裏側の翼突筋群の剥離が十分であるため安全面で優れている
⑥腫れが他院に比べ少なく必要最小限である

【リッツ美容外科のエラ削りの流れ】
・術前検査は頭部X線・頭部3-DCT・胸部X線・心電図・各種血液検査などを行い、とりわけオトガイ神経管の把握が重要となります。
・麻酔はリッツ美容外科では全身麻酔を採用しております。
・手術前の3-D CT検査を基に決めた骨切り線の下の皮膚切開を行い、広範囲に骨膜下を剥離したのち、下顎骨に咬筋や翼突筋群を残らず剥離します。
・切開長はわずか2.5㎝程度ですが、一般的な口腔内アプローチと違い術野が近いことに加えて、レシプロソーを下顎骨に対して垂直にあてることにより、広範囲(オトガイから顎関節付近まで)にわたる骨切りが可能となっています。
・隆起している外板を骨削りし、骨切り箇所の断端をなめらかにして自然なカーブを形成します。
・ボーン・ワックスを使って骨髄からの出血をおさえ、バイボーラーによって筋肉群の出血を止めます。
・切開創を縫合して外側を特殊なテープで固定してリッツ美容外科のエラ削りは終了となります。
・手術時間は約2時間から3時間程度です。
・術後3日の間リッツ美容外科から支給されるフェイスバンデージで圧迫固定し腫れを最小限度に抑えます。
・また血腫ができるのを防ぐため患部にドレーンを留置しておきます(翌日の検診時に抜去)。
・骨自体に知覚神経は存在しないので術後に生じる痛みは軽い鈍痛程度です。
・痛みやのピークは術後2、3日で次第におさまっていきます。
・腫れは 1週間がピークで、2週間前後で大きな腫れはひいてくれます。
・抜糸は術後1週間目にリッツ美容外科へ 来院し行われます。
・リッツ美容外科での検診 はエラ削り翌日・2週間後・3か月後・半年後を予定しています。
・ シャワーは翌日より、入浴は3日後より行えます。
・切開創は日数経過にしたがい次第に目立たなくなり3ヶ月から6ヶ月で細い皺のようになります。
・ 術後一定期間、口周辺の感覚鈍麻が発生しますが、術後2週間~3か月程度で感覚は徐々に復帰します。
・エラ削りでは顎関節付近に腫れが強く出るため、口を開きにくい症状がしばらく続きますが、これも日数経過と開口訓練により回復します。
・エラ削りの制限・限界として、オトガイ神経管が走行する場所によってはエラ切除量がある程度制限されるケースが考えられます。
・骨格には元々左右差があることにも起因して、エラ削り後僅かに左右差が残ることがあります。
・傷痕が盛り上がり薄くならないケースでは、リッツ美容外科ではステロイド系の塗布薬や注射で対応します。
・エラ削りで骨量が減少した分皮膚が余り、術後たるみとなってあらわれる場合がありますが、比較的若い年齢の患者様なら次第に目立たなくなるでしょう

-リッツ美容外科のエラ削り体験談
・成長期になったとたんエラだけがやたらと大きくなって某芸能人みたくなってしまい、心ない男子からホームベース顔だとよくからかわれて憤激やるかたない忸怩たる思いをしてきました。
・全身麻酔だから料金は高くなってしまうけど決心しました。
・今回エラ削りを受けるにあたっては、失敗は何としても避けたかったので医院のモニター画像などを比較したりして下調べを念入りに行い、慎重に慎重を重ねてカウンセリングをいろいろなクリニックで受けました。
・そんな中、エラ削りの手術方法の詳細をこと細かに丁寧に説明してもらえたリッツ美容外科に最終的にお任せすることになりました。
・ちなみに大阪院か高松院かで迷いましたが、同じ四国と言うことで高松院に決めました。
・手術結果は私が期待していた以上の仕上がりで、驚くくらい顔がほっそり小さくなったことにとても満足しています。
・あれほど悩んでいたエラが細くなったことはもちろん、顔全体の印象も洗練されなんだか若返ったように見えます。
・おそらく長年のコンプレックスだったエラ張りが解消されココロが軽くなったという精神的な影響も大きいのかもしれませんね。
・切除した大きなエラ骨の塊をリッツ美容外科の担当医から見せてもらって改めて驚きました。
・傷痕はすごく小さいのにこれだけ大きく骨を切り取れるんだ・・エラ削りをリッツ美容外科で受けて大成功だったと感じています。
・リッツ美容外科の先生いわく、私のケースではエラ張り具合が大きいばかりでなく下顎の左右の幅も広かったそうです。
・そこでまず左右の骨切りを行ってから、専門の器具で広範囲にわたって外板切除し側面と正面の両方から小顔効果を生み出すよう工夫したとのことです。
・さらに完全に咬筋を剥離したことによってボトックス注射より遥かに咬筋萎縮の効果が現れました。
・二つの効果によって非常にシャープで小顔の輪郭に仕上がりました

※上記「リッツ美容外科でエラ削りした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •