•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 フェイスリフト smas

顎削りとエラ骨切りをやって小顔になったんですが、アゴ先のたるみが酷くなってしまったのでたるみ対策にフェイスリフトを考えています。だけどフェイスリフトの上手い先生を探すのって大変だしなかなか見つからないですよね。糸を使ったやつは大して効果が無いと口コミや2chでいわれていますし、切るフェイスリフトを希望しています。
切るフェイスリフトをやった人いらっしゃればドクター・クリニック選びのアドバイスが欲しいです。リフトアップ効果を最大限得るにはリッツ美容外科とかでやってるリガメント法がいんじゃないかと思うんですけどSMAS法しか扱っていないところも多いですよね。リガメント法ってやっぱり効果が大きいぶんリスクもそれだけ高いのでしょうか。
逆にリガメント法は今主流じゃないんでしょうか?最近の形成外科学会でフェイスリフトのリガメント処理の術式有効率が低いという結果が出たとある美容整形ブログでみたことありますし、結局切るフェイスリフトはSMAS法を選んでおけばいいんですか?
実際にリフトアップした人がいたらSMAS法とリガメント法の効果の違いや術後経過がどうなったか知りたいです。
SMAS法orリガメント法を受けるとしたらやっぱりリッツ美容外科や酒井形成外科あたりが無難でしょうか・・あとはサフォかスパあたりで。フェイスリフトに関してはJSAPSの先生にやってもらいたいです。
リッツ美容外科や酒井形成はSMAS法もリガメント処理もしっかりやってくれるようなので、ひとまずお願いする候補としてカウンセリングの予約は入れておきました

皮膚のたるみを引き上げるアンチエイジング施術のフェイスリフトを検討し始めて、インターネットでフェイスリフトのことを自分なりに色々調べてみました。
すると糸を使ったフェイスリフトではあまり効果が見られず切るフェイスリフト(SMAS法)でやらないと効果がない」みたいなことが書いてありました。さらに皮膚だけ引っ張っても意味がないなんて口コミも見つけました。
あとリガメント法っていうのを見つけました。リッツ美容外科とか高須クリニックとかヴェリテクリニックとかで行なわれてる見たいです。フェイスリフトやるならリガメントの処置をしないと効果がないって書いてあったんですけどどうなんですか?
ちなみにリガメント法っていうのは、口の辺りまで大きく皮膚を剥がして顔の皮膚の下にある靭帯を切ってリフトアップする方法です。戻りを少なくすることを目的に行われているらしいです。
ただ皮膚を剥がす面積が広ければそれだけフェイスリフト後の腫れや痛みが強くなるでしょうし、顔面神経を損傷するリスクも高くなります。オペ時間も長引きますから料金もSMAS法より高くなってしまうでしょう。
しかも全く戻らないかといえば意外とそうでもないみたいです。
「SMAS法よりも戻らないと言われてやったけど結局戻ってしまった。あんなに腫れて痛い思いまでしたのに」という口コミや体験談も結構あるくらいですからね。
デメリットが大きいにもかかわらず戻る可能性があるを考えると、わざわざリッツ美容外科でリガメント法フェイスリフト行う価値はあまりないと思うんですが。私は仕事がありますしパンパンに腫れたり痛みが強いのは困ります。
SMAS法でも一定の引き上げ効果がでるなら私はSMAS法で受けるつもりです

リッツ美容外科のフェイスリフトの中でもSMAS法が最も一般的な手術方法です。SMAS(スマス)とは表情筋筋膜のことで、皮膚と一緒にこのSMASも引き上げなければ、たるみにまた逆戻りしてきてしまいます。またSMASを動かせるようにすれば様々な方向あるいは引き上げる量をある程度自由に調節できます。何より皮膚だけを引き上げるミニフェイスリフトと異なりリフトアップ効果を長期間持続させることができるのが特徴で、たるみの程度が強い方などに適応があります。
耳の前のしわに沿って皮膚を切開します。止血を確実に行いつつ丁寧にSMAS上を剥離していきます。このSMAS弁ごと引き上げることによって皮膚だけを引き上げる方法と違い効果がとても長持ちします。引き上げる方向や距離によって様々な部位の若返りが可能となり、何歳ぐらい若返らせるのか微調節もできます

前にとある美容外科でキャンペーン価格だったフェイスリフトをやった経験があるんですが、腫れが引いていくにつれたるみがどんどん元通りに。一応SMAS法でやるという説明をカウンセリングでは受けたんですが、 おそらくSMASではなく単に筋肉の一部を切ってその後皮膚を引っ張りあげただけなんじゃないかと思ってます。
たるみが全然無くなってないのに目の回りの内出血だけはバッチリ残りました。ガッツリやってほしいといったのに残念です。あーあ(T-T)
といったような苦い経験があるので今度こそちゃんとしたSMAS法を受けるつもりです。
病院候補は城本、サフォクリニック、リッツ美容外科などをいまのところ予定しています。
SMAS法フェイスリフトで何件かカウンセリングを回りましたが、SMAS処理もするけどそれほど腫れがなく2時間程度で終わり値段が安めのところと、SMAS処理して腫れが少なくとも1週間は続き、施術時間は3~4時間かかる、帰りは包帯・圧迫が必須、料金高めのところ(リッツ美容外科他)があります。
どちらもSMAS処理はするのでダウンタイムや料金のことを考えると前者の方がいいように思えますが、私はリッツ美容外科とかの後者がいいと確信してます。
そもそもきっちりSMAS処理するなら2時間じゃ終わりませんよね? 持続するフェイスリフトは術後2週間は腫れがあって当たり前ですしね。
それとも最近は腫れや傷が少ないとか、ダウンタイムが最小限とかやたら多い気がしますが、最近のフェイスリフトってそれが主流なんですか?

<リッツ美容外科 のフェイスリフト>
フェイスリフトは皮膚だけを引き上げるミニフェイスリフトと異なり、顔のラインを支えている筋膜、靭帯であるSMAS筋膜も同時に引き上げ、たるみを解消する施術です。
年をとってくると顔全体に深い皺やたるみが生じ、そのせいで年齢を感じさせるブルドッグ顔になりがちです。SMASフェイスリフトはその深い皺やたるみを解消することができ、個人差はありますが5~10歳くらいの若返り効果をもたらします。また皮膚を引き上げることでフェイスラインが引き締まるため小顔効果も得られる大変魅力的な施術です。
リッツ美容外科では、皮膚とSMAS筋膜を同時に引き上げる方法に加え、広範囲に重ね縫いを加える方法を採用し、リガメント(靭帯)を支持組織として再利用することで若返り効果の持続力をさらに高めています。
現在はフェイスリフトの中ではSMAS法が最も一般的な手術方法です。
SMASとは表情筋筋膜のことで、皮膚だけでなくSMASも一緒に引き上げないと皮膚は再びたるんでしまいます。またSMASを動かしながら施術することで引き上げる程度と方向を自由自在に調節できます。長期間リフトアップ効果をキープできるのもSMAS法の特徴です。
フェイスリフトはSMASの剥離のやり方、引き上げる方向と程度、縫合する箇所などによってリフトアップ効果およびその持続性が大きく異なってくるため、高度な技術と豊富な経験が必要な手術です。リッツ美容外科では経験豊富なドクターが患者一人一人の顔の状態に応じた治療を行なってくれます。
切開した耳の前の部分は丁寧に縫合されるので術後の腫れは個人差はありますが2週間くらいで引いていきます。縫合した部分も徐々に馴染み1ヶ月から3ヶ月程度で目立たなくなるので心配はいらないでしょう

※上記「リッツ美容外科 フェイスリフト smas」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •