•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 鼻中隔延長術 リスク

元の鼻の形を変えず鼻中隔延長だけ行い鼻先と鼻筋を出そうと考えています。おすすめの医師やクリニックを色々なサイトで相談したところ、リッツ美容外科とヴェリテクリニック、石田クリニックなどを紹介されました。
最近では鼻中隔延長の手術を希望する人達が増えているらしいです。鼻中隔延長術とは簡単に言えば鼻先を下方向に延ばしたり正面から鼻の穴を見えにくくさせる手術です。
正しく鼻中隔延長術が行なわれるのであれば、日本人の鼻にとても効果的な手術であるといわれています。
ですが複数のクリニックのカウンセリングで相談したところ、クリニックによって説明がまちまちで混乱しています。
例えばあるクリニックで相談したら耳の軟骨を使用する鼻中隔延長術を勧められ、違うクリニックでは豚の軟骨による鼻中隔延長術を勧められるといったぐあいです。
また別のクリニックに相談したときは、鼻中隔延長術も少し行いながら耳の軟骨を移植する方法、鼻中隔軟骨が不足した場合にのみ耳の軟骨を使うと言われました。
上で挙げた複数の方法のうちどれが最もリスクが少ないか、また自然な仕上がりになるかわかりますでしょうか?
また私は鼻がやや左寄りに曲がっているんですが、そんな状態で鼻中隔延長だけ行なって将来的にリスクはないんでしょうか?
また先生に聞いたところ鼻中隔延長術は正しい手順でやる限り問題のない施術とおっしゃっていましたが、ネットでは非常にリスクの高い手術であるとの見方が多数で、鼻中隔延長術をやって術後鼻が変形したとか失敗したなどの情報を口コミや2ch(5ch)で目にしてしまい凄く不安を抱えています。
リッツ美容外科としらゆりビューティークリニックでは私の鼻のケースでは術後の変形やトラブルに繋がる恐れがあるため鼻中隔延長はお勧め出来ないといわれました。むしろ耳介軟骨移植で十分対応可能とのことです。
このまま鼻中隔延長術を受けていいものかすごく迷っています。リッツ美容外科でのアドバイス通り耳介軟骨移植にしておくべきなんでしょうか?

3年くらい前にリッツ美容外科で鼻尖縮小術とプロテーゼ隆鼻術を行いました。ですが私としてはもう少し鼻先を下方向にツンと尖らせたいので耳介軟骨移植oか鼻中隔延長術を受けようかと考えてます。
ただ鼻中隔延長術はリスクが高く修正する患者が後を絶たないなんて話も耳にします。
例えば術後の圧迫感や鼻の閉鎖感が凄いらしいですし、鼻先や鼻柱が曲がってしまったり鼻の穴に左右差ができてしまったという口コミはたびたび見かけます。もちろん後戻りのリスクも無視できません。
おまけに鼻中隔延長術の修正ともなればさらにリスクが高くなるのでどのクリニックもあまりやりたがらないんだとか・・。
諸々のリスクを考慮すると無難な耳介軟骨移植の方がいいのかな?とも思います。そうなった場合3年前のオペの効果を残しつつ新しいオペを受けても大丈夫なんでしょうか?せっかく鼻尖縮小が上手くいったのに鼻先がおかしくならないか心配です。
もしどうしても鼻中隔延長をリスク覚悟で受けたいのであればリスクについて包み隠さず説明してくれるドクターのカウンセリングを受けて十分に検討しようと思います。
まぁひとまずリッツ美容外科のカウンセリングを受けてみてから改めて考えることにします

自家組織(軟骨)を用いての隆鼻術と鼻中隔延長術を検討しています。いくつかのクリニックでカウンセリングは受けてきましたが、どこでやるかまだ迷っている状況です。
あるクリニックでは鼻筋へは筋膜だけ移植し、鼻先へは耳介軟骨を移植することを提案されましたが、筋膜は萎縮するリスクがあるとの口コミを目にしてしまい不安になっております。
鼻中隔延長術は難しい手術でもあるため相応のリスクがあるのはやむをえません。
鼻中隔延長術のリスクを知っておくことは手術の比較をする上で重要なことです。メリット性しか知らずに手術に臨むのは無謀であり、後悔の原因になりますので、このままリスクを許容できなければ手術自体を見送ることも考えています
ちなみにリッツ美容外科、ヴェリテクリニック、酒井形成外科などでカウンセリングを受けました。いちおうリッツ美容外科が気にはなっているんですが、他に鼻中隔延長術の施術が得意なドクターやクリニックをご存じならぜひ教えて頂きたいです

自分は豚鼻が悩みなので鼻先を斜め下方向に伸ばす鼻中隔延長と鼻孔縁形成をやりたいと思っています。鼻の整形でこれが一番効果が高いらしいから今頑張ってお金を貯めている最中です。
けど鼻中隔延長術って難しくてリスクが高いわりにやってもあんまり手術前と変わらないってコメントも見かけますが本当に変わりますか?
特に2ch(5ch)の鼻中隔延長術のスレを見てると顔面崩壊のリスクが酷いように思えてきてしまうんですよね。
とあるブログの記事によれば鼻中隔延長手術を受けた人の約半数が10年以上経った後、なんらかの変形やトラブルを起こして修正手術が必要になっているんだとか。通常の耳介軟骨移植だけでは満足のいく鼻を作ることができるないとき最終手段としてやる手術ということらしいです。
まぁとにかく鼻中隔延長手術の情報が何でもいいので欲しいです今は。
とりあえず鼻中隔延長手術をやるときは、長期的な経過を考えて無理して鼻先を大きく出さないようにすれば大丈夫ですかね?
ネットで一通り見て回ったら、鼻中隔延長術やってるところはヴェリテ、しらゆり、リッツ美容外科、高須クリニックあたりですね。
将来のことまで考えて自分の鼻に合った無理のない鼻中隔延長手術を受けるか、無難な耳介軟骨移植を受ければだいぶ失敗やトラブルのリスクは減らせるんじゃないかって思ってます

リッツ美容外科の鼻中隔延長術は鼻中隔に接ぎ木するように軟骨を移植して鼻先を下方に延ばすオペで、ブタ鼻を治したりハーフ顔になるための手術として有名です。
ブタ鼻は鼻先への耳介軟骨移植でも目立たなくすることはできますが、鼻先の支持力を強化する鼻中隔延長術ならより大きく延ばすことができるため、強いブタ鼻の修正に向いています。
なお鼻筋を通すため必要に応じI型プロテーゼ隆鼻術を併用するケースもあります。
ただし鼻中隔延長手術はリッツ美容外科が行なう鼻整形の中でもとりわけ難易度が高い手術で、鼻の手術の中でもリスク・副作用・合併症が生じる確率が非常に高いことがネックです。
比較的発生頻度が高いリスクとしては、
・鼻先の軟骨が浮き出て不自然になる
・鼻先や鼻すじが曲がる
・鼻の通りが悪くなる
などがあります。
実際リッツ美容外科ではリスクの少ない耳介軟骨移植を選択される人が圧倒的に多いらしいです。
安全にどこまで出せるかの判断も含め、経験が非常にものをいう手術ですので、医者選びは慎重に行うべきです

※上記「リッツ美容外科 鼻中隔延長術 リスク」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •