•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 症例写真

今度美容整形のエラ削りを受けようと思っているんですけど、皆さんクリニック選びはどうしてますか?おすすめのとこがあれば情報が欲しいです。
口コミやブログ、症例画像を見る限りエラ削りには高い技術と美的センスが要求されるみたいです。センスの無い若い未熟な先生に担当されて失敗するのだけは避けたいので、この際お金はかかってもいいのでリッツ美容外科とか高須クリニックでやろうと考えています。口コミでも骨切り手術に関しては評判ですし、症例写真を見ても驚くくらいエラが小さくなっていてしかも私の好みにあう自然な仕上がりなのでとりあえずこの2院はカウンセリングの予約を入れておきました。
ただちょっと気になっていることがあります。リッツ美容外科とかのモニター症例写真を見ると、エラ削りの他に別の施術(顎削り、頬骨切り、プロテーゼ隆鼻術、二重切開法など)を同時に行なっていることが多いので、エラ削り単独の効果がはっきり伝わりにくいです。症例写真の仕上がり自体はキレイで美しく文句のつけようがないんですけど、はたしてエラ削りだけで症例写真に近い仕上がりになるかどうか不安です。
それともカウンセリングでまた別の症例写真を見せてもらい、その仕上がり具合を基準にするほうがいいんでしょうか?
やっぱりただ小顔になるだけじゃなくて、女性らしい柔らかなフェイスラインになりたいんです。情報お待ちしています

ビフォーアフター症例写真ってありますよね?その症例写真がリッツ美容外科をはじめとするクリニックホームページ上で掲載することが禁止されるかもしれません。
来年から医療法の広告規制強化のためホームページが広告とみなされることで症例写真が載せられないということらしいですね。
消費者センターに寄せられる美容整形に関する相談の件数があまり減らないらしく、消費者庁から厚生労働省に働きかけがあり規制強化の流れとなったそうです。
ちなみに私はエラ削りとオトガイ水平骨切りをリッツ美容外科で受けたことがありますが、その時はもちろん症例写真を参考にしました。リッツ美容外科だけでなくヴェリテや高須とか、湘南とか城本とか、あらゆるクリニックのホームページに掲載されている症例写真を徹底的に比較して、それでようやくリッツ美容外科のカウンセリングまでこぎつけることができました。
それなのにもし症例写真がダメになったら何を基準に病院医師選びをやればいいんでしょうね?
逆に我々患者にとってデメリットの方が大きくありません?症例写真が見れなくなるのって。
そもそも医療機関の広告は、CM・インターネット・電車広告にいたるまですでに厳しく規制されています。もちろん症例写真は禁止されてますし、フレーズ一つとっても厳しいチェックが入って規制されているんです。
怪しい症例写真や実質365日やってる期間限定キャンペーンなんかはどんどん取り締まってくれてかまわないんですが

症例写真を規制するデメリットは、やはり客である患者がクリニックを探しにくくなることにあると思います。
たとえばエラ削りや頬骨切りといった輪郭骨切りの症例写真を多数掲載しているクリッツ美容外科は、当然それだけ多くの骨切り手術を日々行なっており精力的に活動しているクリニックであることがわかります。一種のバロメーターというわけです。
にもかかわらず症例写真がホームページに掲載されなくなってしまうと、自分が受けたい施術を沢山行なっているクリニックを探しにくくなるであろうことは容易に想像できます。
カウンセリングでのドクターとの話し合いが重要であることは間違いないのですが、カウンセリングをうけるだけでも時間とられますし、初回は無料でも2回目以降は有料のところもあるのでそう気軽に何回も受けることができるわけではないのです。
また同じ手術でもドクターの技術やイメージ、クセによって仕上がり具合が微妙に異なってきたりします。かくいう私もリッツ美容外科東京院院長の広比先生のブログの症例写真に興味を持ちました。だからこそ患者は自分の希望するイメージに近い仕上がりの症例写真を手掛かりにクリニックやドクターを探すんですが、症例写真がなければそれもままなりません。
クリニックの選択基準が減る結果、口コミや体験談が多いクリニックやとにかく料金が安いクリニック、知名度のある大手クリニックに流れることになると思われます。これでは広告規制前とあまり変わらないんじゃないでしょうか?
症例写真を規制、つまり広告規制を強化しすぎてしまうと、結局悪徳クリニックに患者がが流れることとなり、かえって逆効果になるのは想像に難くありません。また技術や熱心なドクターがやっていけず淘汰され美容整形業界全体の質が低下する危険もあります。
美容整形はまだまだ秘匿性が高くなかなかリアルでの口コミは広がりにくいため、これから美容整形に踏み出す人がクリニック選びに苦戦することは間違いないと思われます。
消費者=患者を保護するために規制を強化するのに患者にとってデメリットが大きくなるのはいただけません

日本全国美容整形を行なっているクリニックは数多く存在します。その中から1つ選ぶとなると、どこにしようか迷う人はきっと多いでしょう。いざクリニックを探すとなれば口コミやクリニックHPの症例写真を参考にされる方がほとんどじゃないでしょうか?実際私がリッツ美容外科で受け口手術したときも、口コミと症例写真にはお世話になりましたからね。
リッツ美容外科を例に挙げて説明していきますと、まず口コミはリッツ美容外科で美容整形を実際に受けた人の意見や感想になります。施術前の対応、料金、術後経過、アフターケアはどうだったか、スタッフの対応などリッツ美容外科に関する様々なことを知ることができます。
ですが口コミや体験談だけではリッツ美容外科の技術力の高さや手術の効果を見極めるのはかなり難しいです。
そういった時に症例写真を参考にしてみましょう。症例写真はリッツ美容外科のホームページの各手術のページに掲載されています。症例写真は基本的にビフォーアフター、手術前と手術後を比較したものです。症例写真を見ればその手術の効果が一目瞭然です。
とはいえ症例写真を見る際には気をつけるべきポイントがいくつかあります。術前術後では髪型・化粧・表情、照明の当て方によって印象が異なることがあります。また症例写真はできるだけ自分の顔の造形に近いモニターさんのものを参考にする方がよいでしょう。自分に近い顔立ちの人であればそれだけ術後の仕上がりのイメージがやりやすいですし、全く異なる人の症例写真だとどれだけ上手くいっても症例写真のような仕上がりとはかけ離れてしまうおそれがあるからです

※上記「リッツ美容外科 症例写真」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •