•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 ゴアテックス 鼻 危険

以前他院でやったプロテーゼ隆鼻術の入れ替え手術の相談でカウンセリングを受けたところ、今度はゴアテックスプロテーゼを入れるということになりました。
だけど家に帰ってきてネットでゴアテックスについていろいろ調べていくうちに、なんか次第に不安に思えてきました。
せっかく時間をかけて先生が説明してくれたのにいまいち釈然としないというか何というか。釈然としないまま手術という流れは良くないですよね。
リッツ美容外科の担当医の方がおっしゃるように、ゴアテックスの方がシリコンより輪郭が出にくかったり、柔らかく皮膚に馴染みやすいため自然な仕上がりになるなどメリットが確かにあります。
例えば鼻根部がものすごく凹んでいるのに鼻先や眉の間が高い場合、シリコンプロテーゼでは鼻骨に密着させることが困難なためプロテが浮き上がってしまう危険があります。こういった特殊なケースではゴアテックスが適しているでしょう。
私としてはいかにも鼻にプロテーゼ入れました的な鼻は嫌で自然な感じにしたかったのと、鼻の高さはそれほど出さなくてもよかったこともあって、カウンセリング時は先生が薦めてくれたゴアテックスを選択しました。
しかしネットでゴアッテクスの危険について調べたところ、歪んだり曲がったりなどのトラブルが生じることがあるみたいです。術後しばらくはもちろん大丈夫なんですが、年月が経てば経つほどその危険が大きくなっていくようですね。
また可能性は低いですがあくまでも異物ですので感染などのリスクがゼロではありません。
さらに何かあっても周囲組織と癒着しているため取り出すのが非常に困難だそうで、下手をすれば取り出す時そのくっついた周囲組織ごと除去しなければならない場合もあるそうで、皮膚が損傷する危険があるのはさすがに嫌だなと思います。
今まで7年くらいシリコンプロテーゼを入れていて、その間特に問題はなかったので(気に入らないは別として)、リッツ美容外科でもシリコンプロテーゼでやってもらった方が安心できるという思いもあります。
良く考えた結果、リッツ美容外科には申し訳ないですけど私はゴアテックスは使用しするのは見送ろうかなとも思っています

以前から鼻根と鼻を高くしたいと思い、今年に入っていくつかのカウンセリングに行き鼻の手術について手術方法を色々聞いてきました。
TVで有名な高須クリニックや共立美容外科、ネットで鼻整形が評判のリッツ美容外科やヴェリテクリニック、安さが魅力の湘南美容外科や城本クリニックなど、10件近く回ったんじゃないでしょうか。
その中でも興味を惹かれたのは、鼻根を高くするため眉間にゴアテックスプロテーゼを入れて、同時に鼻を高くするためにシリコンプロテーゼ入れる方法です。両方の素材を組み合わせたハイブリッド隆鼻術といったところでしょうか。特に眉間に入れるのは柔らかく入れやすいゴアテックスプロテーゼの方が適しているようです。リッツ美容外科がこの方法を採用しています。
しかしその一方でとあるクリニックでは、当院ではゴアテックスプロテーゼは扱ってないしトラブルの危険が大きいので今後やる予定もないよと言われて驚きました。
なんでもゴアテックスは吸着性が強いため周辺組織と癒着してしまい、一度入れてしまうといざ取り出したくなった時無理に剥がして取り出そうとしなければならないので、皮膚を傷付けてしまう危険があるからだとか。
クリニックによってゴアッテクスに対する考え方はまちまちのようです。鼻整形で評判のヴェリテクリニックとかリッツ美容外科はゴアテックスを取り扱っていますが、高須クリニックでは取り扱っていません

目をはじめとしてパーツにはかなり手を加えています。目は日本人だとなかなかお目にかかれない状態(目頭切開+平行型二重*涙袋形成)です。鼻にはI型の控えめシリコンプロテーゼを入れています。
だけどちょっと鼻を高くしてもあんまり意味無いです。この前眉の間から鼻先にかけて鼻筋が通っていてなおかつ鼻先がツンと尖った美人さんを見かけたときにそう思いました。
そこで今のシリコンプロテーゼを抜き、新しく眉の間から鼻先までのゴアテックスプロテーゼに入れ替える手術を受けようかと思ってます。
鼻先まで形きれいにするにはL型プロテが良いと思いましたが,シリコンのL型は危険度が高くやっているクリニックがほとんどないって聞いてます。
その点ゴアテックスのL型プロテーゼで眉の間から鼻先まで高さを出し、尖った鼻先を作ることも同じように危険なんでしょうか?また将来メンテナンスが必要になるのでしょうか?
他にもっと危険度の低い良い方法があったらそれも教えて下さい。
クリニックの候補としてはリッツ美容外科とかマックスファクスを予定しています。右クリニックのカウンセリングでもちろん質問しますが、最低限の予備知識は必要かと思いまして。どうかよろしくお願いします。
鼻はこれ以上いじりたくないのでこの1回でラストにしたい思っています。
自分でも色々と調べてみました。ゴアテックスはデザイン性に難があるため鼻先を高くしなおかつ形を整えるのは基本的に難しいようです。
ネットの口コミやブログ、2ch(5ch)を探し回ってもゴアテックスのL型プロテーゼの情報は見つかりませんでした。
それと鼻先の高さと尖らせの良い方法をご存じならアドバイス下さい。プロテーゼとは別に軟骨を移植したりするんでしょうか?

<リッツ美容外科:眉間ゴアテックス>
リッツ美容外科の眉間ゴアテックスは、額から鼻の付け根(眉の間)のデルタゾーンにゴアテックスを挿入し、眉の間を高く整える手術です。
眉間に高さが出ることにより額と鼻筋が滑らかに繋がり、知的で優しくメリハリのある立体的な顔立ちに仕上がります。
なお眉間プロテーゼオンリーで行うことは非常に稀で、基本的にはプロテーゼ隆鼻術と併せて行われます。隆鼻術のみでは不十分な鼻筋になるような場合などは眉間を高くすることでより鼻筋の通った自然な鼻になります。
リッツ美容外科の眉間ゴアテックスが適している方
・鼻筋全体に高さがほしい人
・メリハリのある立体的な顔立ちが希望の人
・隆鼻術だけでは不自然な仕上がりになる人
・平坦な印象を改善し柔らかく優しい印象になりたい人
希望する高さ、太さ、長さによってゴアテックス一体型かゴアテックスとⅠ型シリコンプロテーゼを併せるハイブリッド型かを選択し、プロテーゼの細かい調整を行います。
こうすることで患者の希望通りの仕上がりが約束されます。より細かいデザインを追求する場合は1から完全オーダーメイドのプロテーゼを製作することもリッツ美容外科では可能です

鼻先から眉間まで全体的に高さを出すことが希望です。だけどI型のシリコンプロテーゼ1本でいくか、鼻筋はシリコンプロテーゼ、眉間はゴアテックスプロテーゼというように2種類の素材を組み合わせるかで悩んでいます。
ちなみにL型プロテーゼはアップノーズの危険が大きいので却下で(そもそもやってるとこがほとんど無いですし)。
ゴアテックスプロテーゼをご存じない方のために説明しますと、厚生労働省が医療用に認可したゴアテックスという素材で作られたプロテーゼを希望の高さや幅に調整し、眉間から鼻の骨膜の下に挿入します。鼻の穴の内側や鼻柱を切開しそこから挿入するので傷跡が外からは目立つ危険はありません。
ゴアテックスは固形で吸収されずシリコンに比べ柔らかいので、骨の段差にフィットし、辺縁が目立ちにくい自然な仕上りになります。リッツ美容外科ではよりシャープな鼻筋を同時に希望の場合には、眉間ゴアテックス+鼻筋シリコンを組み合わせることも可能みたいです。
ただし口コミや2ch(5ch)を見る限り感染症がシリコンより多いと報告されていたり、術後鼻筋が左右どちらかに傾いてしまったという書き込みが散見されることから、トラブルに見舞われる危険も否定できません。
もっとも術後仕上がりが不満だったり鼻筋が曲がる・感染症といったトラブルが起きてしまった場合に備え、抜去や再挿入、他院で入れたゴアテックスを入れ替える再手術もリッツ美容外科で受付けていいます。
ゴアテックスプロテーゼをやる方はリッツ美容外科にすれば一応は安心なんじゃないでしょうか

※上記「リッツ美容外科 ゴアテックス 鼻 危険」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •