•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 ゴアテックス 整形 デメリット

リッツ美容外科とかヤスミクリニックとかプリモ麻布など、最近は隆鼻術症例でシリコンプロテーゼの替わりにゴアテックスを使用するところも増えてきました。とあるクリニックの先生によればプロテーゼは一生ものというわけにはいかず定期的に入れ替えが必要になるらしいんですが、ゴアテックスは一生ものなんだそうです。
皆さんは美容整形の隆鼻術やるとしたらどちらにしたいですか?
ゴアテックスの特徴
・値段は高いですが心臓血管外科手術でも使用される安心安全な素材
・ゴアテックスは周辺組織とある程度癒着するためシリコンプロテーゼのデメリットである被膜拘縮がほとんど発生しない
・その分一度入れると取り出しが非常に難しい、感染症がおこりやすいことがデメリット
・細かなデザインができないので不自然な鼻筋になりやすいこともデメリットとしてよく挙がります
シリコンプロテーゼの特徴
・長年鼻を高くしたり鼻筋を出す美容整形手術で用いられてきた素材
・プロテーゼは外科手術にも使われる人工軟骨であるため安全性が高く、体内にあっても変質しない
・加工することである程度自由に形や大きさが選べ安定性が高い・
・鼻の内側を切開して挿入するので傷口は外からはわからない。
・仕上がりが気に入らなかったりトラブルが起きた場合は簡単に取り除くことができる
・デメリットとして形が整うまでに時間がかかったり異物反応が起こる可能性がある

色々ネットで検索したんですがわからなかったのでご存知の方いましたら教えて下さい。
今鼻筋と眉間にゴアテックスを入れているんですが感染症をおこしたらしく、リッツ美容外科で除去するとともに修正手術を行なうつもりです。ちなみに入れてから1ヶ月で感染しました。鼻先に軟骨も入っているんですが、この場合軟骨を除去せずゴアテックスプロテだけの入れ替えはリッツ美容外科で可能なんでしょうか?
また入れ替え手術は期間をおかなければならないらしく、プロテーゼに合わせて軟骨移植をしたのでプロテを抜いたら凸凹にならないか心配です。
シリコンならまだしもゴアテックスなので綺麗に抜くことができるか不安です。鼻先の軟骨まで感染が広がってないといいんですけど。高いお金払って整形やってこんな痛い目に会うと思っていなかったので鬱になります。
感染はもうコリゴリなんでリッツ美容外科ではゴアテックスじゃなくてI型プロテーゼにする予定です。
最初の手術の時ゴアテックスのほうが自然だと言われたのでそうしたんですが、実際は細かいデザインが難しいのがゴアテックスのデメリットらしく、細かいデザインを実現するにはプロテのほうがいいらしいです。
ネットだと有名らしいVクリニックでやりましたが下手すぎです。先生によるかもしれないけど大金払ったのに正直残念すぎます。リッツ美容外科はそんなことが無いといいんですけど・・

ゴアテックスは心臓の膜や血管の手術の材料として使用されており、柔らかくて周りの組織とも適度に癒着し、挿入した形のまま維持することができます。リッツ美容外科など一部のクリニックではシリコンの替わりにゴアッテクスプロテーゼで隆鼻術をやることもできますね。
でもやっぱりデメリットも多いから、シリコンプロテーゼを蹴ってまでゴアッテクスを選ぶかと言われたら正直うーんって感じです。
私なりにいろいろ調べたけど、ゴアテックスで形を綺麗に作るのは難しいらしいですよ。何枚も重ねて入れなきゃならなかったりしますし、かといって重ねすぎると輪郭が浮き出るなんかのトラブルも起きてしまいますし。個人的には本当に野暮ったくなるからあまりお薦めしたくないですね。
それとゴアテックスを用いる隆鼻術では感染が起こりやすいと言われています。切開部分に炎症を起こしひどい場合は皮膚が破れて化膿してしまいます。また鼻の縫合部分がひきつれを起こして鼻の穴の形状が変わってしまい、呼吸がしずらいと感じる方もいるようです。イメージしていた仕上がりより高さが出ていないという例も見られます。
そして何かトラブルが起きたとしても取り出すのが難しいっていうのはちょっと怖いです

ゴアテックスとプロテーゼ、まさにどっちを入れようか今絶賛悩み中。一生いれていたいのでゴアテックスがいいでしょうか?プロテみたいに浮いたり突破ったりはしないんでしょうか?
ゴアテックスは柔らかいぶんプロテーゼで起こるような皮膚がカチカチに硬くなるみたいなのがなさそうだけど、入れた後皮膚が薄くなるといった問題は起こらないとかあるな?
でも結局異物だからどっちもかなり薄くなっちゃうんでしょうか?
皮膚へのダメージがプロテーゼよりも低いのならぜひゴアテックスでやりたいんですけどそもそもゴアテックスって鼻に入れ始めてから何年くらい歴史があるのかな?シリコンの完全上位互換ならどのクリニックでもゴアテックスでやるだろうし、そうならないってことはメリットだけじゃなくデメリットもあるんでしょうね。
ただし眉間の高さを出したい時はゴアテックスの方がプロテより自然といいますよね。仕上がりはどうでしょうか?

ゴアテックスプロテーゼには様々なデメリットがあることをご存じですか?
隆鼻術で人工物を用いるケースではほとんどの美容外科クリニックでシリコンプロテーゼが使われており、それは皆が有用性と安定性が高いと認めている証拠です。リッツ美容外科など一部のクリニックでゴアテックスとの選択式になっているにすぎません。
ゴアテックスは素材が柔らかいぶん途中で変形し結果として鼻が曲がってしまうことがよく有り得ます。シリコンの場合は上端と下端の位置が決まれば途中が曲がることは極薄でない限りまずありえません。
細かいデザインがやりにくいことや再手術をする際に取り出しにくい、感染症にかかりやすいのもデメリットです。
私もリッツ美容外科でゴアテックスで鼻を高くすることを考え中だったんですけど、冷静になってこういったデメリットを考えてみると我に返りました。プロテーゼよりリスクが高いっぽいんで上手い宣伝に惑わされてほしくないです。
上手くいかなくて取り出そうとしてもクリニックに応じてもらえなかった人や鼻呼吸が苦しくなった人もいるみたいですからね。
ただ眉間をゴアテックス、鼻根~鼻スジをシリコンというのは術式として有りだと思います。眉間に高さを出したいときには幅広のプロテを入れなければならないのですが、鼻の穴からだと難しいです。しかし柔らかいゴアテックスならそれが容易です

リッツ美容外科のゴアテックスプロテーゼ
【メリット】
何と言っても仕上がりが自然です。薄く柔らかい布のような素材を何枚も重ね合わせて形成するのでシリコンのような人工感が出にくいです。
触ってもシリコンより柔らかく、数十年後の皮膚が薄くなるリスクが少ないため入れ替えの必要がありません。
周辺の組織と癒着するので浮いてきたりずれたりするリスクが少ないです。
【デメリット】
シリコンプロテーゼに比べ感染症にかかりやすくなります。癒着するので取り出すのが大変で、軟骨や脂肪といった自己組織も一緒に除去いなければならないケースもあります。
除去するにもコツがと技術がいるため対応できるドクターが少ないこともネックです。
上記のメリット・デメリットは私がリッツ美容外科のウンセリングを受けて先生から説明されたことから抽出しました。
将来自分がどこでどうしているかわかりません。もしかして感染したかもと思ったときにすぐにゴアテックス除去手術を引き受けてくれるドクターやクリニックにアテがないのであれば、無難にシリコンプロテーゼにしておくのがいいんじゃないでしょうか。
素材の柔らかさから自然に仕上げることができるのは魅力ですが、感染症や鼻曲がりのため数年で取り出すハメになるのはデメリットが大きすぎます。
上記の理由で私はシリコンプロテーゼでリッツ美容外科にお願いすることにしました。
なおこれは余談ですが、鼻筋ではなく眉間の高さを出したい時はゴアテックスプロテーゼが主流らしいです。
眉間はゴアテックス、鼻筋はシリコンというハイブリッド施術がリッツ美容外科でも増えているみたいです

※上記「リッツ美容外科 ゴアテックス 整形 デメリット」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •