•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 ssro 利点

●リッツ美容外科のSSROの特徴・利点・デメリットなどについて
下顎前突症(受け口など)に対する外科的矯正手術の術式としては,下顎枝矢状分割術(以下SSRO)および下顎枝垂直骨切り術(以下IVRO)の2つが一般的です。
顎変形症の手術ではSSROがリッツ美容外科では最も一般的に行われています。下顎を後方あるいは前方へ移動させたい時にこのSSROが適用されます。
SSROは口腔内を切開して行われます。下の奥歯の頬側の歯茎の根元を切開するので、傷口は外からはもちろん、口の中を覗いても傷口であることはなかなか分からないため、手術したことはまずわからないことがメリットです。
手術後数日間は骨髄性出血が見られるためドレーン管を出します。後で傷が少し残りますが非常に小さく見えにくい場所なのでほとんど分かりません。
SSROの手順は、まず下顎の骨を2枚におろす様に分割して、あらかじめ設定したサージカルスプリント、シーネ、咬合床に合うようにします。上下の歯をしっかり固定したうえで分割された骨片を吸収性プレート(後で除去手術しなくていいことが利点です)で固定します。上下の歯が中心位で適正に噛み合うことを確認したら粘膜を縫い合わせ終了です。手術時間は1時間半~2時間程度です。なおリッツ美容外科では入院は必要とせず日帰りでこの手術を受けることができます。
SSROは骨片間で骨癒合がおこり、骨同士の接触面積も大きいので顎間を長期間固定する必要がなく回復が早いことが利点です。
その一方で操作中下歯槽神経に接触しやすいことから下唇の知覚異常やオトガイ周辺の感覚鈍麻を生じやすいデメリットがあります

<リッツ美容外科の下顎枝矢状分割法(SSRO)>
フェイスラインを美ししようと思っても、エラや頬、アゴに何かしらコンプレックスを持っている方は多いと思われます。中には顎変形症と診断されるようなひどい受け口や出っ歯、ガミースマイルに悩んでいる方もいるかもしれません。
その中でもアゴは正面から見ても横から見た場合でもフェイスラインに与える影響が大きいパーツです。となるとアゴの形や大きさのバランスが崩れていると顔全体のバランスまで崩れてしまいます。
バランスのよいフェイスラインになるためにはアゴを治さなくてはいけません。歯列矯正は手術することなくある程度の改善が見込めるという利点がありますが、やっぱり最も効果的なのは外科手術でしょう。一度骨切り手術を行なってしまえば噛み合わせと見た目の両方を一気に改善できる利点があります。
リッツ美容外科の輪郭形成手術は様々なアゴの悩みを解決するのにオススメです。リッツ美容外科が行なう術式は何種類かありますが、受け口などの下顎の悩みを解決する最もメジャーな手法が下顎枝矢状分割法(SSRO)です。
この下顎枝矢状分割法(以下SSRO)の利点は下顎骨の移動を行ってから骨の癒合がすぐ行われるため、後戻りが滅多におこらないことが挙げられます。
せっかく矯正したのにまた元の受け口に戻ってしまうより、費用はかさみますがリッツ美容外科でSSROを行い元に戻りにくくするほうが明らかにメリットが大きいです。
理想のフェイスラインを目指す方にぜひ受けていただきたい施術です。
SSROでは下あごの後方移動ないし前方移動が行われますが、上下のバランスや噛み合わせの点から、リッツ美容外科ほとんどのケースでルフォーⅠ型などの上顎手術を同時に行うことが多いようです。
また受け口だけでなく左右非対称のあごの改善も可能なのが利点です。
ただしSSROのデメリットとして、口の中から操作を行うため術野が狭く、ドクターに高い技術が求められ失敗やトラブルの危険がつきまといます。
麻痺やしびれといった後遺症の心配もありますから、リッツ美容外科のような信頼に足るクリニックでSSROを受けるのが無難だと思います

顎変形症の程度、すなわち下顎の変形の状態によって、下顎単独あるいは上下顎の骨切り術を行います。
リッツ美容外科で行なわれている下顎骨切りの主な術式としては以下のものがあります。
・下顎枝矢状分割術(SSRO)
神経を内側に温存したうえで両側の下顎枝を内側外側に2枚に分割し、内側の歯列の骨後方あるいは前方へ移動して固定します。固定する材料にはチタン製の金属プレートを用いますが、プレート抜去手術の必要がなくなることが利点でaru
吸収性プレートを使用するkoto
もあります。
・下顎枝垂直骨切り術(IVRO)
骨に入る神経の後方で両側の下顎枝を垂直に分割して下顎を後方へ移動する方法です。あまり下顎を後退させる必要がない症例が適応です。この方法ではプレートによる固定は行わず、ゴムによる顎間固定を行ないます。
ここからはリッツ美容外科のSSROについてお話しします。
SSROは、下あごの顎変形症を改善させるにあたってもっとも良く行われる施術で、開咬症をはじめ、下顎前突症や下顎後退症、下顎の左右非対称など様々な変形症に適応できることが利点です。
口腔内粘膜を切開して行われ下奥歯の頬側の歯茎の根元に切開跡ができますが、まず外から見ても分からないのが利点でしょう。
手術後しばらくは腫れやむくみが生じ、顎関節にも相当負担がかかるため、食事や会話の際は無理をしないようくれぐれも気をつけて下さい。
リッツ美容外科の担当医から指示されルハビリ訓練をしっかり行うことも早期回復には重要です。
リッツ美容外科のSSROの利点はまだあり、骨同士の癒合が早期になされす後戻りの可能性が少なく、同時にエラ削りも行える、セットバックのように抜歯を必要とせず下あごを後に下げることができる、などが挙げられます。
リッツ美容外科ではメジャーな施術ですが、利点とデメリットをよく検討し、担当医と相談し納得したうえでSSROを受けるようにしてください

受け口や反対咬合、しゃくれなどに悩んでいる人はどうやってその悩みから解放されましたか?
私は受け口をはSSROという外科手術で治しました。SSROを受けた病院は口コミや2ch(5ch)、美容整形ブログなどでよく名前が出てくる東京恵比寿にあるリッツ美容外科です。
SSROの正式名称は下顎枝矢状分割術といい、大学病院の口腔外科でも行われている比較的メジャーな治療法です。だから私も最初は大学病院でSSROをやろうと思っていました(保険適用で割安になるという利点もありましたし)。
だけどSSROはリッツ美容外科をはじめとする美容外科クリニックでも受けることができることを2ch(5ch)で知りました。むしろ審美的見地(ようは噛み合わせより見た目を良くすることが目的)からは大学病院よりも美容整形のほうがいいらしいです。
顎変形症の治療にとどまらず、あくまで美しいフェイスラインに生まれ変わることが目的だったので、リッツ美容外科でSSROをやることに決めました。保険適用という大きな利点を捨てることになったので200万円近くかかっちゃいましたが後悔はしていません。
なお上顎と下顎の噛み合わせ位置がポイントになるため、必要となればLefortⅠ型のような上顎の骨切りを同時に行うケースもあるみたいですし、オトガイ形成術をプラスすれば下顎のラインをさらに整えることだってできてしまいます。
フェイスラインをキレイに整えたいという美容目的なら、リッツ美容外科などの美容外科でSSROをやる利点は大きいと思いますよ

※上記「リッツ美容外科 ssro 利点」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •