•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 ssro 失敗・成功

ルフォーⅠ型骨切り術とSSROを受ければ顔が短くなりますか?
私は人より顔が大きくて長いことがコンプレックスでリッツ美容外科に相談に行ったところ、ガミースマイル気味で上顎が少し長いと診断されました。そこでガミースマイルが改善され上顎が短くなるルフォーⅠ型骨切り術を勧められたんです。
ですが上顎だけ骨切り手術をすると噛み合わせが悪くなるため、同時にSSROを併用するとのことでした。上顎を切って上に持ち上げ、下顎もそれに合わせて上に持ち上げるという説明だったと思います。
リッツ美容外科と提携している矯正歯科医院に行き、歯形やレントゲンを撮ってセファロ分析もしました。
診断した結果、噛み合わせやEラインに問題はないものの、セファロ分析によると眉から鼻までの長さが一般人の平均値より1㎝長いためルフォーⅠ型骨切りが適応だと言われました。
けれど本来この手術は重度のガミースマイルや出っ歯の人が行なう手術だと思うんです。下顎の手術であるSSROは歯列矯正だけでは改善が難しい重度の受け口に対して行なうものですよね?それと同じです。
多少ガミーがあるにしても、美容目的でこういったのルフォーⅠ型骨切り術やSSROのような大掛かりな手術をいっぺんに受けて、はたして成功するのかはなはだ疑問です。それどころかかえっていじる必要の無かった部分を変にいじったせいで大失敗するんじゃないか
と不安です。
噛み合わせやEラインは正常で軽度のガミーにルフォーⅠ型骨切り術+SSROをやって見た目がよい方向に変わると思いますか?だいたい唇の位置が変わらないなら顔の長さもさして変わらないと思うんですが・・
顔の長さが一目で短くなったことがわかるくらいの効果が約束されるなら、多少の失敗リスクやリッツ美容外科特有の高額な手術料金も受け入れる覚悟ではいます。物心ついたころからのコンプレックスなので。
ですが外見上変わらないのならば、わざわざ高額な費用を出す必要もなければ失敗のリスクを大きくする必要もありません

リッツ美容外科でSSROを受けてまいりました。ひどい受け口で顎変形症と診断され、治療するため大学病院でSSROをやろうとはじめは考えていました。
ですが私が受け口を治そうという主な理由は噛み合わせの改善ではなく見た目の問題を解決したかったからなんですよね。
確かに大学病院で受けるSSROならば技術面では信頼できますし、噛み合わせを正常にするだけならほぼ失敗はないでしょう。しかしネットの口コミや2ch(5ch)によれば、綺麗な口元や横顔のEラインを美しくすることにおいては美容外科クリ二ック>大学病院という評価なんです。
私にしてみれば見た目がまともになってはじめて成功といえるんです。だから美容整形クリニックでありなおかつ輪郭形成手術に定評のあるリッツ美容外科を選んだというわけなんです。
リッツ美容外科のカウンセリングではSSROと同時に上顎骨切りもやるほうがより綺麗な口元になるとアドバイスされましたが、さすがに予算的に厳しかったのでSSROと術後の歯列矯正だけにとどめておきました。
SSROはメジャーな手術ではありますが、顔面の下歯槽神経を損傷して術後に麻痺や痺れといった後遺症や合併症などが発生しやすいというデメリットがありますが、やはり横顔のラインをできるだけキレイに整え成功したかったのでSSROを選択しました。
ちなみに麻痺やしびれのリスクがSSROよりも低いIVROという手法もリッツ美容外科では行なっています。ただしIVROは骨同士プレートで固定することはせず、術後ゴムでしばらく額間固定を行なわなければならないという煩雑さがあるので一長一短です。
リッツ美容外科の顎骨切りはこの他にも様々な術式が用意されているので、信頼のおけるドクターと相談して自分に最もマッチした術式を選べば成功間違いナシ!・・とまではいかなくとも、少なくとも失敗することはないんじゃないでしょうか

受け口の治療方法といったら歯列矯正ぐらいしか知らなかったので、下顎の骨を切って後に動かすことで受け口を治すSSROやIVROのことを知ったのはつい最近のことなんです。
早速ですがリッツ美容外科のSSRO(下顎枝矢状分割)とIVRO(下顎枝垂直骨切り)、それぞれのメリットとデメリットが知りたいです。
自分なりにネットで調べてわかったことは、、SSROは受け口を治す手術としては一番ポピュラーな手術法で、麻痺やしびれが残る失敗リスクが多少あるものの、額間固定の期間が短く仕上がりが美しくなることが特徴。
IVROは左右非対称や顎関節症が見られるケースに効果的で、しびれや麻痺が残るという失敗の可能性が非常に少ない。しかし比較的新しい手法のため行える医者の絶対数が少ないので症例数がかなり少ない。また移動させた骨の固定にプレートを使用しないため、ゴムをはめる顎間固定の期間がかなり長くなるということが挙げられます。
口コミではSSROを受けた人は食生活に不便を感じず、逆にIVRO法は食生活に当分不自由した(ゴムはめなきゃならないから)というカキコミが多いです
他にはどんなことがありますかね?
一応自分なりに考え、SSROとIVRO双方の失敗談・成功談をいくつか読んだうえで、IVROをリッツ美容外科でやってみようかなって思っているんですが・・
ただ気になるのは失敗・成功以前にIVROで受け口治した人ってあまりいないみたいなんですよね。あまりメジャーな手術方法じゃない?
あくまでもネットで調べただけなので実際の所よくわかりません。そのあたり詳しい方いらっしゃいませんか?
あとはリッツ美容外科かマックスファクス銀座でSSROかIVROをやった人がいれば心強いです。一応その2つが候補なんで。
とにかく色々な方の色々な話を参考にしたいので、成功談でも失敗談でも構いません。是非お話聞かせください

私の顎は左右非対称で顎関節症(受け口)です。移動量は少ないですがSSROで手術する予定です。ちなみにリッツ美容外科です。
だけど最近INROの方がいいんじゃないかっって思いはじめてます。
口腔顔面神経機能学会会報によると、SSROは下顎骨を内側と外側2板に分断することによって直接神経を露出することになり、術中の操作の際の圧迫、索引などの機械的刺激を受けやすい状態にあることからSSROの方がIVROよりも神経損傷の程度が強いということらしいです。
ただし口腔外科医の努力(症例数をこなし経験を積む)でIVROを術式として選択できるのであれば患者にとって大きな利益になるとのことなので、SSROよりもIVROのが患者にとっては失敗・成功の点からはいいらしい。
SSRO法で手術を受ける予定だったのですがIVROで受けたいと思うようになりました。
そもそもSSROとIVROって今はどっちが主流なんでしょうか?
できることならIVRO法でやりたいんですけどIVRO法は軽度の受け口しの場合にしか適用されないってどこかで見た記憶があります。
手術方法自体はSSRO法に比べると安全っぽいので、リッツ美容外科に相談してIVRO法がでもできると言われたらぜひやってみたいんですけど
だけどSSRO法に比べて経験のある先生が圧倒的に少ないし、あっても経験値の低い人が多いため、安心して任せられる先生を探すのが大変みたいです。
経験値が少ないが安全なIVRO法と経験値が多いがIVRO法と比べると危険なSSRO法とどっちの方が成功に近づけるんでしょうか?
医者の腕次第ということはわかっていますすが、どの医者が名医かなんて調べる手段が今の日本の医療システムだとほぼないわけで、口コミなどに頼っている状況なので、医者の腕がわからないならリスクの少ない手術法の方が良いかなと個人的には思うんです。
やっぱり失敗したくないですし

※上記「リッツ美容外科 ssro 失敗・成功」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •