•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 下顎骨水平骨切り術 費用

3ヶ月前にリッツ美容外科で下顎骨水平骨切り術をやったものです。やっぱり美容整形ってどうしても費用がかさみますね。百数十万が飛んでいきました。
アゴが前にも下にも長い、いわゆるしゃくれあごに悩んでいる人はけっこういるんじゃないですか?私もその一人でした。しかもアゴだけじゃなくてエラとか頬骨もけっこう張っいるんでかなりの顔デカ!学生時代はフェイスラインがなるべく出ないよう常に髪の毛を伸ばし、夏でも暑苦しく重たい髪型にしてました。
だけどアゴだけは髪型でもメイクでも隠すことができないんですよねー(涙)
こつこと貯金を続けようやくまとまった金額になってくれたので美容整形手術を受けようと思いカウンセリングへ行きました。
もちろんクリニック選びはくれぐれも慎重に行わなければならないとわかってはいましたが、実を言うとそれほど調べることをせず直感でリッツ美容外科にしました。幸い受けた下顎骨水平骨切り術は上手くいったみたいで安堵してますが、この点は反省しなければならないところですね。
今ではようやく下顎骨水平骨切り術後の顔に慣れてきました。かかった費用は150万円+雑費といっったかんじです。
もう少し短くしてもよかったかなと思うこともありますが、やりすぎて顔全体のバランスが崩れたら本末転倒ですし、リッツ美容外科の先生からもこれ以上削ると麻痺やしびれが残るリスクが大きくなるっていわれてますからこれでいいんだと割り切れます。
美容整形に限ったことではありませんが何事もほどほどが一番だと思います

顔全体の印象を美しく見せるためには、目や鼻といった個々のパーツと輪郭のバランスが保たれていることが大切です。
ただいくら目や鼻といったパーツが単体で整っていても、土台である輪郭が悪ければせっかくの美しさも半減してしまいます。
そして顎、エラ、頬骨など、輪郭に何らかの不満やコンプレックスを持つ人は少なくありません。女性ならなおさらです。
特にアゴは噛み合わせにも関係してきますので厄介ですね
別のクリニックで顎削りを受けたんですが、中抜き法ではなく顎の先端を削るだけの手術だったため、逆に顎先が太くなりもったりした印象になってしまいました。完全に無駄な費用がかかっちゃいました。
修正もかねて今度こそ確実に顎先を細くするためリッツ美容外科の下顎骨水平骨切り術を受けました。
リッツ美容外科のカウンセリングでは下顎骨水平骨切り術のメリットだけでなくリスクやデメリットも含め、良いことも悪いことも丁寧に教えてもらえました。
これから下顎骨水平骨切り術を検討する人はくれぐれも慎重に検討したほうが良いでしょう。
下顎骨水平骨切り術のデメリットとして、やはり痛みや腫れ、内出血の程度が大きいということがあげられます。このデメリットは頭でいくら理解していても実際に手術を受けて体験してみないとわからないものです

数年前にリッツ美容外科でエラ削りと下顎骨水平骨切り術を受けたことがあるんですが、私の場合2つの骨切り手術を同時に行なったせいか術後の痛みが強く、腫れや内出血がかなり酷かったので、ダウンタイム中は外出することも出来ずに自宅にこもってひたすら安静にして過ごしていました。
私はエラボトックス注射もやったことがありますが、切開しない分ダウンタイムがほとんどなく、費用も圧倒的に安くすむので(定期的に打てば費用はそれなりにかさみますが)のでとっても気軽に行うことが出来ました。注射の痛みも全然たいしたことなくあっという間に処置が終わりましたね。
もっとも私のゴツゴツしたフェイスラインはどう見てもエラ張りのせいで、しかも受け口も下顎の骨が突出していることが原因でした。
だからこそ下顎骨水平骨切り術とエラ削りをリッツ美容外科で受けて一気に解決しようとしたわけです

リッツ美容外科で下顎骨水平骨切り術を受けてから約3ヶ月近く経ちましたが、心配していた麻痺やしびれは完全に無くなってくれました。
まだ小さな腫れやむくみがあごに残っているんですけど、リッツ美容外科の先生がいうにはフェイスラインが完成するまでには平均して半年くらいはかかるとのことなので、引き続き経過を見守っていこうと思っています。
カウンセリング時に先生と相談した結果、自然な仕上がりになるように下顎骨水平骨切り術を行ってもらいました。おかげで今までの私とは雰囲気がかなり違いますが決して不自然さや違和感はなく、女性らしい柔らかさもある輪郭になってくれたので大変満足しています。
下顎骨水平骨切り術の費用は半分現金で支払い、残り半分の費用はのリッツ美容外科医療ローンでまかないました。本来なら一括で払ってもよかったんですが、術後たるみが生じたときアフターケアとしてフェイスリフト費用にあてる余力を残しておきたかったんです。
不思議なことにフェイスラインがすっきりすると体型は全く変わらない(もしかしたらちょっと太ったかも?)にもかかわらずなぜか細くなったように見えるんですよね。
失敗や後遺症のリスクを気にするあまりなかなか下顎骨水平骨切り術に踏ん切りがつかない方もいらっしゃるでしょう。その慎重な姿勢は決して間違いではありませんし、むしろ骨切りをともなう下顎骨水平骨切り術をやるにあたってはそれくらいの心構えで臨んだほうがいいです。
ただ医療技術の研究が進んだ今では以前のような失敗やトラブルは明らかに減少傾向にあります。
私はカウンセリングで自分が納得いくまで何度もリッツ美容外科の担当医と相談し、徹底的にシミュレーションを行い自分にとって理想的な輪郭をチェックしたうえで、自分に最も適した下顎骨水平骨切り術をチョイスしたので不安は全く感じませんでした。
繰り返しになりますが、下顎骨水平骨切り術はあごの骨を切るわけですから失敗は許されません。後悔がないように十分カウンセリングで話し合ったうえで受けてください

わたしの下あごはしゃくれているわけではないんですが、やや長くて受け口気味なのがちょっとしたコンプレックスです。
もちろんできることならば短くしたいですけど、下顎骨水平骨切り術という美容整形だと費用がすごいかかることがわかりました。調べてみたところ大体80万〜130万円くらいでした(リッツ美容外科なんて150万円します)。場合によっては入院費用や全身麻酔費用がさらに上乗せされます。
さすがにおいそれと出せる費用ではないので他の方法があれば知りたいですね。
でも下あごの形、つまり輪郭そのものを変えなければならないわけですから、やっぱり基本的に美容整形以外じゃ変わりようがないんでしょうね・・。整体やエステのマッサージで改善したように見えても実はたんにむくみがとれただけだったりしますからね。
あと歯列矯正は美容整形ではないからか、歯列矯正で何とかできるんじゃないかと淡い期待を抱いている方をしばしば見かけます。
はっきりいいますが歯列矯正じゃ噛み合わせはまだしもあごの形を変えることはできないです。まぁ美容整形に比べて費用が格段に安くなるんで気持ちはわからなくはないですけれど。
あ、ちなみに健康保険や社会保険が適用されるためには「顎関節症」と診断されなければ行けません。そもそも国の指定を受けた大学病院とかでやらないとダメです。
あと思いつくのは下顎骨水平骨切り術のモニターに応募して費用を割引してもらうことくらいですね。
モニター制度はリッツ美容外科でもやってたと思います

※上記「リッツ美容外科 下顎骨水平骨切り術 費用」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •