•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 下顎枝矢状分割術 後戻り

私はかなり重度の受け口で現在歯列矯正中なのですが、受け口を根本的に治すため下顎枝矢状分割法をやるかそれとも下顎枝垂直骨切り術をやるかで今かなり迷っています。
ちなみに下顎枝矢状分割法はSSRO、下顎枝垂直骨切り術はIVROと呼ばれており、いずれも下顎の骨切りをともなう外科手術でリッツ美容外科でも行なわれています。
下顎枝矢状分割術(SSRO)は下顎歯列弓全体、オトガイ部を後方に移動させる術式です。
IVROは下顎枝を下顎角に向かって垂直方向に切り離す手術であるのに対して、断するオペだそうです。
下顎枝矢状分割術の利点は骨同士の癒合が早くから行われ後戻りが少ないこと、短所はオトガイ部の下歯槽神経を傷つけてしまいしびれや麻痺がおこりやすいことがそれぞれ挙げられます。
これに対しIVROの長所は逆にオトガイ部のしびれや麻痺が発生しにくいにくいこと、短所は骨切りした後の骨同士をプレートやスクリューで固定せず、ゴムによる顎間固定をしばらく行なわないといけないこと、後戻りの可能性が下顎枝矢状分割術に比べ大きいことです。
下顎枝矢状分割術か下顎枝垂直骨切りかで迷っていますが、それ以前にどの病院で手術を受けるかについても同じくらい迷っています。優柔不断とかいわないように。
一応の候補としては高須クリニック、しらゆりビューティークリニック、そしてもちろんリッツ美容外科、この3件を考えています。
上記美容外科でSSROを受けた方がいらっしゃればぜひお話を聞いてみたいです。特にSSROを受けてから後戻りは起こらなかったか、もし起こってしまったならそれは手術してからどれくらいで発生したのかを聞きたいです

下顎枝矢状分割術を行なっているクリニックは東京にいくつかありますが、そのなかでもリッツ美容外科が特に気になっています
そもそも下顎枝矢状分割術をやろうと思ったキッカケが、リッツ美容外科東京院院長の広比先生の顔面骨形成術ブログを読んだことに端を発しています。ここなら腕は申し分なさそうですし後戻りの心配もしなくてよさそうです。
それにしても下顎枝垂直骨切りや下顎枝矢状分割術といった下あごを後退させる手術というのは、体験談や口コミ、症例写真の数自体は多いですけど、仕上がり具合を見るとあまりきれいに変化している人が少ない気がします。
特に大学病院で行なわれるSSROなんかは噛み合わせ異常を治すことに重点が置かれているせいで、あまり見た目を美しくするっていうスタンスじゃないんでしょうね。
その証拠にエラ削りや頬骨削りは美容整形クリニックで行なわれることが多いせいか結構見た目が変化している人が多いです。リッツ美容外科とか特に。
せっかく高いお金出して大変な思いしてSSROやるんだから、見た目もよくしてもらわないと割に合いませんよ。しかも術後後戻りなんてしたらいったい何のためにやったんだって話になってしまいます。
明日リッツ美容外科にカウンセリングに行きます

歯科医院で4年間歯列矯正を保険適用で行いました。もともとは受け口を治したくて始めた矯正です。歯科医からは受け口を根本的に治すには大学病院か総合病院で骨切りの下顎枝矢状分割術を受けることを勧められたんですが、外科手術はやりたくなかったのでワイヤーおよびマウスピースの歯列矯正治療のみ行いました。
わかってはいましたが噛み合わせは改善しても受け口の見た目はあまり改善されませんでした。それに後戻りの可能性がありますからいつまた噛み合わせがおかしくなるかわかりません。
そんなとき美容整形クリニックでも受け口を治すことができることを知りました。しかも噛み合わせはもちろん見た目の改善を意識した手術を行なってくれるとのことです。
実際下顎枝矢状分割術を受けた方のブログ拝見して私もやってみようかなと思うようになったんです。
その方が下顎枝矢状分割術を受けたのはリッツ美容外科というクリニックです。早速カウンセリングの予約を入れたのでどうなるか楽しみです

噛み合わせは変わらないけど後戻りすることってありえるんでしょうか?
リッツ美容外科で先に下顎枝矢状分割術をやって、それから歯列矯正をやっているんですけど、矯正装置をつける前より明らかに下顎が出てるような気がするんですよね。
矯正器具の厚みで口元が出ているだけだと思いたいです。
せっかく大金払って下顎枝矢状分割術やってダウンタイムを乗り越えたのに後戻りしてるんじゃないかと不安で・・。
しかもちょっと麻痺というかしびれがオトガイ付近に残っていていまだにとれないんです。
リッツ美容外科の先生に相談しても日にちがたてばおさまってくるといわれただけだし。
もし麻痺が残って後戻りまでしたらホント最悪です。まぁとりあえず様子を見るつもりでいますけど

4年くらい前に左右非対称+下顎前突症のあごを何とかしたくてリッツ美容外科で両顎上下手術(ルフォーⅠ型+下顎枝矢状分割術+オトガイ形成)をやりましたが、噛み合わせおよび下顎の後戻りとかは全くといっていいほどありません。
ただし噛み合わせ以外の微妙な歪みが顔全体に複雑に残っているようで、笑ったり喋ったりすると非対称で不自然な顎になります。頬の広さもよく見ると違うしおとがいの形もやっぱり少し歪んでます。
だけどそもそも人の顔って微妙に左右非対称ですし、無表情のときや横顔などは下顎枝矢状分割術をやる前よりはるかにマシなので、リッツ美容外科で手術を受けてよかったと思っています。
骨格はさすがにこれ以上いじりようがないと思うので、余ってる肉が無くなればいいんですが、残念なことにどちらかというと痩せ型にもかかわらず顔はむっちりしてると思います。リッツ美容外科で脂肪吸引でもやるしかないんですかね。
余談ですがカウセで下顎前突の診断してもらった時、下顎手術(下顎枝矢状分割術)だけだと移動量が多くなり、その分後戻りが起こりやすくなったり気道が狭くなるといった弊害があるため、両顎手術を行なうことを前提に外側に傾斜している上歯と内側に傾斜してる下歯を正常に矯正してから外科手術するのがベストらしいです。
それと術前の歯列矯正で抜歯するパターンと抜歯なしのパターンがありますが、出っ歯だとか顎が小さく歯が密集していて歯並びが悪いだとかなら抜歯するメリットがありますが、歯並び等の見た目をそんなに気にしないなら抜歯はしないほうが良いと思います。抜歯したことで頬がこけてしまい見た目が老けてしまう人も結構いらしいですから。
逆に顎が小さくて出っ歯なら抜歯をしないと、矯正で歯並びが綺麗になっても後戻りしてしまう可能性があります

下顎が前に突き出ており受け口気味だったので、リッツ美容外科の下顎枝矢状分割術で下顎だけ引込めました。
今歯列矯正中なんですが、矯正が終わって矯正器具外した途端に顎が後戻りするなんてことはないですよね?また顎が伸びてきて受け口になったらと思うとシャレにならない。
そもそもリッツ美容外科の下顎枝矢状分割術は骨を切って後にずらしているんですから、物理的に後戻りするってことは考えられないと思うんですがそれは・・。
だけど私と同じような下顎前突+左右非対称の人がSSROやったけど、すごい勢いで顎が後戻りしてるってカキコミをたまたま見つけちゃったんでちょっと不安です
それと噛み合わせ変わらないのに骨だけずれて後戻りまたは骨が変形するっていうこととかもありえるんでしょうか?後戻りについてはいろんな情報が錯綜してわからないことだらけです・・。
でも下顎枝矢状分割術やる前に多かれ少なかれ後戻りはおこるってリッツ美容外科の先生にハッキリ言われたんで後戻りしても受け入れるしかないのかなぁ。今まで生きてきた中でついたクセや筋肉の影響によるものだから仕方ないってことで。
だからこそ後戻りができるだけ少なくなるよう指示されたことは必ずやってほしいって話だったけど

※上記「リッツ美容外科 下顎枝矢状分割術 後戻り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •