•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 整形 顎削り 失敗・成功

「セレブブランド」のリッツ美容外科で顎削りという整形を受けてまいりました。
鏡で毎日目にするごつくて大きな顔が子供の頃からとにかくコンプレックスでした。
口から上はそれなりで人並みであるという気してるんですが口から下がヒドイんです。長いというか大きいというか・・まぁ間違いなくこのアゴのせいなんですけど。そのせいで顔が大きく見えてしまうのが本当にイヤです。
テレビで見るタレントさんやファッション雑誌のモデルさんはみんな本当に小顔で、女の子らしくとてもかわいいルックスが羨ましくて仕方ありませんでした。
私は一般人なのでタレントやモデルと比べること自体間違っているんですが、やっぱりどうしたって落ち込みますよね。
小学生の時つけられたあだ名は「アゴドリル」で、中学高校の時は周りと顔の大きさを比べられたくないので写真をとるときは遠近法を利用していつも後ろの方に写るよう心がけていたくらいです。
母はどちらかといえば小顔で若い頃の写真をみるとかわいらしい顔をしているんですが、父親のほうが私とそっくりの輪郭で、間違いなく遺伝だと思うとはっきりいって父親を恨みますね。母の遺伝子を受け継げなかったことが悔やまれます。
リッツ美容外科のカウンセリングで顔が大きく見えるのはアゴの大きさがアンバランスで前に出ていることが原因といわれました。
シュッとした小顔になるにはメイクやフェイスエクササイズなんかいくらやったところで成功にはほど遠いです。実際何度も失敗してきました。
今ではマッサージや整体であごが引っ込んだなんていうカキコミは全て嘘だって確信しています。とにかく人並みの顔の大きさになりたい、整形したいという思いだけがいつも頭を占めているような状態でした。
失敗するとか後遺症に悩まされるとかはこのさいどうでもいいんです。これからずっとアゴに強いコンプレックス感じながら生きていくのが嫌なだけです。人並みのルックスの人には顎削りを決意した私の気持ちはわからないと思いますよ

顎を出したい場合も引っ込める場合も行なわれるのがリッツ美容外科の顎削りです。
削るのですから引っ込めるならともかく出すのは無理じゃないかとも思いますよね。
リッツ美容外科の顎削りは顎の骨の先端を削るわけではありません。輪郭骨切りと呼ばれるように、顎の骨を途中で切り先端部分を移動させることで顎の長さや位置を変えるという方法で行なわれます。
例えば顎を前に出したいなら先端を前へスライドさせて固定し、引っ込めたいなら後ろにスライドさせて固定するというわけです。
どんな顎にも仕上げることができる万能の整形手術のように思えます。
しかしこの方法は顎の整形の中でも難易度が高く、失敗や後遺症のリスクもそれに比例して大きくなると言われています。
具体的な失敗のケースを挙げるなら、術後たるみや引き攣りを起こしてしまったり、オトガイ神経を傷付けてしまい麻痺が残ってしまうことがありえます。万が一麻痺になってしまった場合はステロイド注射やマッサージで治療することになりますが、患者の精神的負担や金銭的負担が大きくなることは否めません。
リッツ美容外科の顎削りで成功した人は数多くいますが、美容整形には常に失敗の危険が伴うことは忘れないようにしましょう

こんにちは。しゃくれた顎を治すため顎削りを行いました。いろんな美容整形クリニックでカウンセリングをうけたんですが、曖昧に答える医者よりハッキリ答えてくれる医者の方が信用できると思い、リッツ美容外科を選びました。
手術する段階になると全身麻酔が行なわれます。気がついたときには顎削りが終わっているのでどのくらい時間がかかったか分かりません。本当にあっという間です。手術が終わって目が覚めた時に切り出した骨を見せてもらえました。そこそこ大きく削ってくれたんじゃないかと思います。
麻酔の効果が完全には切れていないのでしばらくリッツ美容外科の休憩ルームで横になって休んでいました。スマホを見たり少しうとうとしたりで大体2時間くらいでした。
帰宅してからはしばらく会社を休み自宅に引きこもっていました。あらかじめ有給休暇を数日間とっているため準備は万端です。
その後の経過が気になる人も多いかもしれませんが、顎の整形につきものの口周りと顎の痺れがしばらく続きました。鏡で見ても顔がまだ全然腫れているため、顎削りが成功したのか失敗してるのかはその時はまったくわかりません。どのくらい顎が短くなっているかもよくわかりませんでした。
痛みについては骨には知覚神経がないからそれほど感じません。まぁ顎削り後に知ったんですけどね。
数日後再びリッツ美容外科に行き、現在の状態を診てもらったところ特に問題はないと先生は言っていました。顎の腫れとしびれが気になったので先生に訊いてみると、数日間は腫れが続くがしばらくすれば腫れは必ず引いてくるので心配ないと言われました。
その言葉通りに顎削りのダウンタイムは10日ほどで終わり、以前に比べると顔が一回り小さくなったような気がします。
これは成功といっていいんじゃないでしょうか?久しぶりに会った人なら私の変わりように驚くかもしれません。
顎削りから1か月経過すると気になる痺れもほぼ無くなってしまいました。
現在半年が経過しましたが失敗や後遺症の徴候は特に見られません。
顎削りした人の中にはずっと痺れが残ったり顎に不自然な段差ができてしまったりといった失敗もちらほらあるようですが、私はリッツ美容外科で整形行ったので多分問題ないんでしょう

城本、湘南、高須・・顎削りとエラ削りといった輪郭整形をやれば小顔になれるといろんなクリニックで説明されました。技術力のある経験豊かな医師が行なえばほとんど失敗することはないと言われたので、一番説明が丁寧だったリッツ美容外科で顎削りを受ける事にしました。
リッツ美容外科では顎のCTやレントゲン撮影を行い、PCで手術前後のシュミレーション画像を見せてくれました。
その画像を見たときはいくら小顔になれるといってもこんなに削って大丈夫なのか逆に心配になりました。そのことを先生に話したところ、ゆっくり丁寧に削っていくので大丈夫ですと説明されました。
顎削り当日は母親に付き添ってもらいリッツ美容外科に行きました。手術着に着替える頃には緊張MAXになっていましたが、先生が「いままで何度も手がけて成功させてきた手術なので任せて下さい」と励ましてくれ、何とか心を落ち着けることができましたね。
全身麻酔が効いてくると意識が遠のいていくと感じるヒマもありません。あっという間です

長いアゴを気にしていた友人が美容整形をやりました。顎削りでアゴの形を整えた結果、彼女はとても綺麗になりました。
すごい美人になったわけではないんですが、本人の自信から来るものなのか雰囲気が華やかになりました。オシャレで洗練された雰囲気になり、周りの男性からもモテモテに。
つきあいの長い私から見れば顔の造形そのものは以前の彼女とそう変わっているわけではないんですが、彼女にしてみれば美容整形が自信を持つ大きなキッカケになったことは間違いないようです。
これも一種の成功といって差し支えないんじゃないでしょうか?
ただアゴの形を変えたいというたったそれだけの理由で(人によっては深刻な悩みかもしれませんが)、100万円以上の高額な費用をかけて全身麻酔の手術を行なうというのは私にはとてもじゃないけどできませんね・・
アゴの骨を削り過ぎてしまえば取り返しがつきませんし、また術後半年間は腫れやしびれ、痛みが続くといわれています。さらには運悪く失敗してしまえばそのしびれが一生治らないこともありえるんですから

※上記「リッツ美容外科 整形 顎削り 失敗・成功」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •