•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 vライン

リッツ美容外科のVライン形成は、顎先(おとがい)と左右のエラで作られるライン(通称Vライン)を整える手術です。張り出したエラだけでなく、顎の長さや横幅、しゃくれを改善したい時に行なわれます。
おとがい骨切りとエラ削り、2種類の骨切り手術を同時に行うだけでなく、下顎全体のバランスを考慮しつつ2種類の手術をうまく組み合わせます。
リッツ美容外科でVライン形成を行う場合、まずはおとがいの形状から整えていきます。水平骨切りで長さの調整、垂直骨切りで横幅の調整を行い、前後移動により顎先の位置と形を整えます。
次に一回り小さくなったおとがいとのバランスが保たれるように、広範囲にわたってエラ削り(下顎角形成)を行います。
最後の仕上げとしてに下顎骨全体の外板の骨削りないしは切除 によって下顎骨全体の厚みを減らしVラインを整えていきます。
オトガイ水平骨切りやエラ削りを単独で行なう場合と異なり、両方の手術を同時に行うことによって安全な範囲内でカット幅を最大限にとれることが Vライン形成の長所です。
そもそも下顎骨は1つの大きな骨なので、オトガイやエラといった限定的な箇所を手術するのではなく、Vライン全体のバランスを考えつつ可能な限り同時に整えていくのが自然なのではないかと考えられます。エラやオトガイをれ単独で手術すると、全体的なバランスが崩れたり骨切り後段差が大きく生じてしまうケースがあるからです。
リッツ美容外科のVライン形成なら大胆なカットをしても、不自然にならずナチュラルなフェイスラインを生み出すことが出来ます。
ただおとがいやエラを単独で手術するかVライン形成で同時に手術するかは、なかなか自分では判断が難しいので、カウンセリングで相談して時間をかけて判断します。
フェイスラインに悩みがあり骨格レベルで改善を希望されるひとは、リッツ美容外科に行ってみて下さい

Vライン形成は顔面神経を損傷する可能性が特に高い手術だから、顔下半分が大きい人以外はやるべきじゃないと思います。手術してしばらくは良いけど、年月が経てば障害がでてくるかもしれないですし。
骨切りの量が多い分骨はどうしても細く小さくなって弱くなる。すると下顎をそれまでと同じように動かしていれば歪みが生じてくるのは当たり前です。
そもそもVラインに限らず骨を切ったり削ったりする輪郭形成手術は、ただでさえダメージが大きい手術です。
見た目に関しては術後3ヶ月から1年くらいで落ち着き小顔になるけど、目に見えない障害や後遺症が何かしら必ず残る。
輪郭手術の中でもエラ骨やオトガイを切るのはすごく難しい。骨切りライン近くに重要なな神経や太い血管があるにもかかわらず、目視が出来ないので手探りの操作になり、術者を選ぶ。
そんな難しい部位のエラとオトガイをいっぺんにゴッソリ切り落とすリスクを考えれば、Vライン骨切りは本当に必要な人のみやったほうがいい。
機能性を犠牲にしてでもほっそりした小顔になりたいというなら止めはしないけれど、それでも医師クリニック選びはこれ以上ないくらい慎重にやったほうがいい

Vライン手術はとにかく腫れます。エラ~下あご先端の広範囲にわたって骨きりするから当然といえば当然。元々の輪郭にもよりますが、しばらく下膨れ顔になってタラコ唇になります。ただ時間とともに腫れは絶対ひくのでそこは安心していいと思います。
あと全身麻酔が切れた後数時間は気持ち悪かったです。リカバリールームでしばらく休んだんですが、それでもふらつきは残っていて宿泊するホテルまで移動するのがきつかったです。リッツ美容外科のVライン形成は日帰り手術なんでそこはネックですかね。
麻痺は人によると思いますから一概には言えませんが、自分がリッツ美容外科ドクターに言われたのは顎付近までやるからどうしても麻痺が出やすいとのことです。普段生活するうえでは支障はないけれど、歯医者なんかで口を思い切り開けようとすると以前より開かなくなったと感じますね。
あと削った骨の量が多い分どうしても術後に弛みが出てしまうので、なるべくなら若いうちにやった方がいいんじゃないかって思います
自分は術後余った脂肪を溶かすために脂肪溶解注射やりました。今度リッツ美容外科でフェイスリフトをやってもらう予定です

リッツ美容外科にて輪郭整形(頬骨縮小術+Vライン手術)をやった体験談を投稿します。
私は顔がとにかく大きいのでこれをどうにかしたくて輪郭形成をすることになりました。
二重整形や鼻形成以上に輪郭形成は難しい手術なので、やっぱり慎重に考えないといけないので色々と調べました。
整形にかかる費用が安いに越したことはないですが、やはり値段より先生の技術と経験がいちばん大事だと思い、輪郭手術で評判のリッツ美容外科で整形手術を受けることにしました。
ダウンタイムは3週間くらいでした。術後1週間くらいは流動食メインでそれからは普通食、1ヶ月後からは普通にお肉や歯ごたえのあるものも食べれるようになりました。
久しぶりに会った友達からは「なんか小顔になってない?」とか「痩せた?」とか必ず言われました。
Vライン整形はなんだかんだいっても骨を削る手術なので慎重に考えてから決めたほうが良いかなって思います。
Vライン整形などの輪郭骨切りや鼻の手術ならリッツ美容外科の広比先生が腕の良い先生じゃないかって私は思います!Vラインやって小顔になったのはもちろんですが童顔の効果までついてきたのでとってもお得でした
輪郭のことで悩んでる皆さんの参考になれば嬉しいです

10月下旬にリッツ美容外科にてVライン形成を受けたのでその時の様子を書きたいと思います。
フェイスラインの骨切り手術をやろうと思い立ったのは6月でした。正面から見たときエラが外に張り出しているせいで顔の横幅が大きく、そのことにずーっとコンプレックスがあったためです。証明写真を撮るときなんか真正面顔を見るだけでウンザリするほどでした。
シャープな小顔になるのに最も効果的なのはやはりVライン形成でしょう。日本よりもむしろ韓国でメジャーな手術ですが、言語の不安がどうしてもあるので韓国で受けるつもりはありませんでした。そこで日本国内でVライン形成を行なっているリッツ美容外科に目星をつけたというわけです。
リッツ美容外科でのカウンセリングの際は私の疑問にひとつひとつ丁寧に答えてくれ、自分では思いもしなかったアドバイスを貰ったりとスムーズに相談できたと思います。
腫れは手術後2日目ぐらいが最も大きかったですが徐々にひいていきました。
腫れがある程度おさまってから鏡をみると顔の下膨れが減少しているのがはっきりわかりました。マスクをしながら職場で働いたところ、同僚に「痩せました?」と言われました。
そして現在術後約1ヶ月ですが元の輪郭と明らかに変わっています。かつては鏡で正面顔を見るとひどいデカ顔だな(笑)と自嘲していましたが、今ではそのようなことは全くありません。
これだけでもVライン形成をやってよかったと思ってます。ただまだ下あごを触ると(特に起床時)むくみを感じるので完成心はまだあと数ヶ月かかるかもしれませんね。それまではあせらずのんびり待っていようと思います。
リッツ美容外科の先生、スタッフの皆様にはいろいろと親切にしていただき感謝しております。ありがとうございました

※上記「リッツ美容外科 vライン」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •