•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 整形 頬骨が高い

私は頬骨が高いことが悩みだったので、コンプレックスを解消し小顔を目指すためリッツ美容外科東京院で頬骨整形を受けました。このクリニックを選んだ理由は執刀医の広比先生がアーチインフラクチャー法を開発されたことです。この手術法で頬骨整形を行うところは私が知る限りリッツ美容外科と湘南美容外科だけです。湘南はリッツ美容外科の半額くらいでしたが、とにかく安さにひかれた患者さんの数が多く、アーチインフラクチャー法という大きな手術をする私にどこまで専念してもらえるかという不安があったのでスルーしました。リッツ美容外科は120万というかなり高額な料金ですが、大事な顔のオペなので絶対に後悔したくないとの思いから決めました。その他の方法としてはライフクリニックが行っている再構築法というものもあるんですが、頬骨を砕いて自然再生するという方法で、あまりにも未知のオペのため安かったですたが踏み切れませんでした。
ただ今整形してからちょうど9ヶ月経ちました。100%%期待していたような理想形ではありませんが、かなり輪郭は改善されたと思ってます

物心ついた頃から自分の顔がゴリラみたいだと言われることが辛かったです。おそらく頬骨が高いうえ横にも出ていることでフェイスラインがゴツゴツして見えて、それがゴリラっぽく見えていたんじゃないかと思います。
家族も私と似たような骨格をしてるのでしょせん遺伝なので逆らえないものだと感じ、もう整形しかないと腹を括りました。頬骨が高い人がどんな整形手術を受けたのかインターネットで調べたところ、アーチインフラクチャー法という頬骨を切って動かすことで小顔にする手術がリッツ美容外科で行なわれていることを知りました。
今までいろいろな人に外見ではなく中身が大切だと散々言われてきましたが、やはり見た目の印象は何より重要だと身を持って体験しています。費用はいくらかかっても構わないので、アーチインフラクチャーで人並みの顔になりたいと強く思うようになりました。
ただしこの方法は簡単ではなくいくつもの手順を踏んで行わなくてはいけません。そして顔の整形手術になるので信頼のおける先生ではなければ任せることはできません。
その点リッツ美容外科ではカウンセリングがしっかり行なわれ、輪郭形成の経験もたくさんある先生なので安心して任せることが出来ました。
アーチ・インフラクチャー法により前方に張り出した頬骨を口腔内アプローチで削ると同時に、耳前部アプローチ併用で横に張り出した部分の骨切りを行ってもらいました。
おかげさまでずいぶんと小顔になりました。頬骨が高いことに悩んでいたのが遠い昔のことのようです

小さい頃から自分の顔の輪郭が大嫌いで、とりわけ大きく張り出して頬骨が高いのを何とかしたくていつもやきもきしていました。
頬骨が高いうえ横に突き出ていると顔が大きくみえてしまうだけではなく老けて見られてしまいがちになります。
これは頬骨が高いぶんそれだけ頬の肉がこけてしまうためであり、実際私も実年齢よりも老けて見られることが多かったですね。
私が受けた整形手術は、口の中および耳の上部を切開し骨を削るという方法で、患者一人一人の状態に応じ削る位置や量を決めるため、リッツ美容外科では事前にCT画像や頭蓋骨模型などで綿密にシミュレーションしていました。
あらかじめ丁寧にデザインを決めたおかげが、ほぼ理想通りの小顔を手に入れることができました。
この手術は二重手術などのプチ整形とは違い医師の技術が特に重要になってきます。
仮に失敗してしまえば、左右のバランスがおかしくなったり口が開かなくなる、麻痺やしびれが残るといったなリスクが生じることとなります。したがって経験豊富な医師や手術で有名なリッツ美容外科のようなクリニックを選ぶことが肝心です。
リッツ美容外科で現在メインに行なわれている手法はアーチ・インフラクチャー法という手術で、頬骨体部・頬骨弓に存在する自然なカーブを活かしつつ内側へ移動させるというもので、前だけでなく斜めから見たときの頬骨が高い位置を改善させることが可能です。
全身麻酔を行った後口腔前庭切開を行い頬骨にアプローチし、もみあげ後ろ側も1.5㎝ほど切開し骨切りを行います。
整形後数日間は思った以上に顔の腫れがきつかったので正直不安になりましたが、時間が経つにつれじょじょに腫れが引いていき、ずっとコンプレックスだった頬骨が高い顔立ちとバイバイできつつあることが感じられました

顔のサイズが大きめだという自覚は昔からあったんですが、写真に写る限りそれ程他人と変わりが無いと思ってました。
子供の頃は顔の大きさなんて全然気にしなかったんですが、高校生の頃男子から顔の大きさを指摘されその時から頬骨が高いことも気になるようになってしまいました。
周りの人達はそんな気にするほどのものじゃ無いと言ってはくれるんですが、確かに写真で写った時に隣の友人より顔が大きいし頬骨が出てるなと感じるんです。
母親の顔もかなり大きいので将来間違いなく同じになってしまうと危機感を抱き、自分の顔、特に輪郭のことを意識するようになりました。
目や口や鼻などのパーツはそれ程大きくないのに横に広がった顔、十中八九頬骨が高いことが原因だとわかった時にはショックでしたね。
その頃にファッション誌で流行っていたメイクは個々のパーツに限ったものばかりで、頬骨に関してのメイク方法はほとんど特集されておらず、結局髪型で誤魔化すことくらいしか思いつきませんでした。
頬骨の前に垂らして輪郭を隠せば全く解らないようになるので真夏でも髪の毛を結ぶ事は決してしませんでしたが、髪型を変えられないことってすごく苦痛なんですよね・・。
ちょうどその頃ですね、リッツ美容外科での美容整形を考え始めたのは。
よく沢山の美容整形クリニックの雑誌を読んだりネットで体験談を読んだりしていました

頬骨を整形するにはかなりのお金が掛かることはわかっていましたし、ダウンタイムも長い、リスクも高いとあっては手術を決心するまでにとても勇気がいりました。
輪郭形成で高い技術力を誇ると口コミで評判のリッツ美容外科のカウンセリングを受けに行ったときはものすごく緊張しましたが、先生いわく頬骨整形は日本人に多い手術で症例数も豊富なので心配いらないと励ましてもらえました。
気になっていた費用に関してですが、モニター企画に応募すれば半額程度までは安くなるので登録するとメリットが大きいと教えてくれました。
施術方法も口の中から頬骨を削ることで表面に傷が残る事もなく、術後綺麗に仕上がると
説明されました。ダウンタイムも2週間あれば大丈夫との話だったので思い切って手術を受けてみようと思いました。
モニター応募が始まってすぐに連絡が来たことをきっかけにリッツ美容外科で本格的なカウンセリングを行いました。
手術中はずっと全身麻酔が効いており全く記憶はありませんでしたし、もちろん痛みを感じる事もありませんでした。
入院することなくリッツ美容外科をその日に退院し、フェイスバンデージを巻いた状態でもマスクをつけ帽子をかぶればそれほど目立つ事無く無事帰宅出来ました。
翌日から少し痛みがありましたが、市販の痛み止めで十分おさえることができました。会社の有給休暇を消化して毎日ひたすら安静にして回復に努めてました。
大きな腫れは1週間続きそれからはどんどん引いていってくれたので、2週間後の検診で先生から回復の早さを褒められました。
あれほど頬骨が高いことが目立っていた顔が女性らしい細面の顔になってくれました。おまけに頬骨を削ったせいか細い目が修正され愛らしい目元になれたのでリッツ美容外科で整形に踏み切ってよかったです、ハイ

※上記「リッツ美容外科 整形 頬骨が高い」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •