•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 顎プロテーゼ

顎プロテーゼをリッツ美容外科でやって感じたことを書きます。
きっかけはフェイスラインを今よりもっとシャープにしたくて相談に行ったことです。頬のたるみが一番気になっていたんですが、3ヶ月前他院でキャンペーン中だったリフトアップをやったばかりだったことと、脂肪吸引は以前やったことがあったため顎プロテーゼで輪郭をシャープにすることにしました。
鼻の手術でリッツ美容外科にはお世話になったこともありますし、今回の顎プロテーゼのカウンセリングもあいかわらず丁寧でわかりやすかったのですぐに決めました。
勿論他院でも無料カウンセリングは受けましたが、リッツ美容外科を蹴ってまでお願いしたいと思えるところはありませんでしたね。これで私もリピーターになったというわけですね。
先生の説明は顎プロテーゼのメリットばかりでなくデメリットも包み隠さず教えてくださるので信頼できました。
私が初めて美容整形したのは今から8年前になりますが、当時は事前に調べることすらせず安さにつられて後悔した苦い記憶があります(埋没法がすぐ取れてしまった)。
カウンセリングを受けるだけ受けて手術しないのは気が引けるという人もいるでしょうが、とことん自分が納得できてからすべきだと思います。一度やってしまったら元の顔に戻らないことだってありますから、わからないことや不安なことがあるなら遠慮無くリッツ美容外科ドクターに聞いておきましょう。
美容外科にはじめて行かれる方は勇気がいると思いますが、リッツ美容外科はいろいろな意味で病院っぽくないので通いやすいんじゃないかと思います(お値段以外は)。

顎に何らかのコンプレックスを持つ人は少なくないのではないでしょうか。かくいう私も顎にコンプレックスを抱いて生きてきましたが、最近やっと顎のコンプレックスとサヨウナラすることができたんです。
私のコンプレックスを解消してくれたのはスバリ顎プロテーゼと呼ばれる手術で、美容整形のなかではわりと知られた方法だと思います。
プロテーゼは顎だけでなく鼻など様々な部位の整形に使用される安全な素材なので違和感なく入れることができました。
顎プロテーゼはプチ整形と呼べるほど手軽な方法ではないのですが、顎の骨切りや骨削りに比べれば敷居は低いのではないでしょうか。
最初は全身麻酔で行う大掛かりな顎骨切りをやらなければいけないと勝手に勘違いしていたんですが、リッツ美容外科でカウンセリングを受けたところこの顎プロテーゼをお勧めされました。説明を聞くうちにこれならやってもいいかなという気持ちになれたので、ここでようやく顎プロテーゼを受けることを決めたんです。
劇的に顎のシルエットが変化したわけではありませんが、鏡で見ると以前に比べて顎が前に出たことで顔のトータルバランスが整ったことがわかります。特に横顔に綺麗なEラインが出てくれたことが大きいですね。
顎の美容整形をして上手くいってくれたので、次は鼻の美容整形をリッツ美容外科でやろうかなって考えています

顎プロテーゼをリッツ美容外科で受けまして無事成功しましたことをご報告します。ダウンタイムを過ぎてからも顎のしびれやズレたりすることもなく毎日を過ごせています。
顎プロテーゼはうまくいけば顎だけでなく顔全体のバランスを整えて他のパーツをより一層魅力的にすることができる手術です。だけど顎プロテーゼはクリニック選びをちゃんとやらなければ、失敗して取り出すことにもなりかねないので、やる前は何かと不安要素がありました。ですが実際に受けてみた限りではそこまで神経質になることもなかったかなという印象です。
もちろん顎プロテーゼを受けると決めてからはいくつものクリニックを比較して検討しましたから、その心がけがを功を奏したんじゃないでしょうか。
顎プロテーゼの口コミを見るとどうしても失敗というフレーズに目がいってしまい不安になってしまうものですが、クリニック選びをしっかりやったからにはどっしり構えて任せてみればいいんじゃないでしょうか。
リッツ美容外科はとても雰囲気の良い落ち着いたクリニックで、また何か別の美容整形をやる機会があればあればここにお願いしようと思えたことは大きかったと思います

丸顔が個人的に好きになれずすっきりとした細い顔立ちに憧れてました。
少しでもフェイスラインをすっきりさせようと頬と顎下の脂肪吸引を受けたこともあるくらい小顔に対して強い思いがありました。
リッツ美容外科に小顔相談に行ってみたところ「エラ削りなどの大掛かりな手術を行わなくても、下顎の形を整えることで丸顔の印象はかなり改善される思いますよ」と顎プロテーゼ挿入のアドバイスをいただきました。
顎はヒアルロン酸を注入することでも前に出せますから迷ったんですが、将来のコストも含めて考えた結果やはりプロテーゼを入れる手術を受けることになりました。
術後プロテを固定するためテーピングを貼っていたので、仕事中はマスクを着けたまま過ごししのいでいました。固定を外してからも1週間くらい浮腫みが続いたんじゃないかと記憶してます。内出血は幸いすぐ目立たなくなりメイクでカバーできました。
ダウンタイム中は頬杖をつくなど顎に負担がかかる仕草をしないよう注意して過ごしていました。口が開かないわけではないので食事は普通にできますからそこまで不便だったというが印象はありませんでした。
結果としてみれば顎プロテーゼ手術をやってよかったですね。リッツ美容外科の先生がおっしゃったように「顎を少し高くしてやることでフェイスラインがシャープに見える」という言葉はたしかに本当でした。しゃくれて大きくなるんじゃ?という不安がありましたがむしろスッキリしました。
顔立ちについて専門的なアドバイスしてもらえるのはリッツ美容外科ならではですね

かつて鼻プロテーゼをやった時、施術例を読んでいたとき横顔のEラインの記事を読みました。それまでEラインという言葉さえ知らなかった私は、さっそく自分の鼻、口、アゴの位置関係を確認してみたら、見事にアゴが引っ込んでいて残念なことに。そればかりか口を閉じると梅干し皺ができるくらいダメなアゴ・・。
Eラインについて調べれば調べるほど自分の写真うつりの悪さが理解できました。なんとなく締まりがない顔で写真に映ること多かったですからね。というわけでさっそく鼻プロテーゼでお世話になったリッツ美容外科で顎プロテーゼをやってもらうことにしました。
あごを足すことで逆三角形のラインを作り出します。すると顔が大きく見えるどころか、頬~あごにかけすっきりシャープに見え小顔効果があるのです。
鼻プロテーゼの時にカウンセリングでお世話になりましたし、信頼できるとわかっていた安心しておまかせできました。
あごのデザインに関しては、私の素人考えではなるべく目立つ大きなあごにしたい希望を伝えましたが、先生は「このくらいがおススメめです」ときちんと説明してくれました。もちろん数多くの症例を積み重ねてきた先生のアドバイス通りのサイズでお願いしました。
鼻やあごのコンプレックスはどんなに自分で努力をしてもどうしようもありません。ですが美容整形が身近なものとなった現在ではほんの数十分の施術で解消できるのです。
リッツ美容外科の皆さんには本当にお世話になり感謝しています。施術してくださった先生と手術をサポートしてくださったスタッフの方にあらためてお礼を申し上げます。
これを読んでいるみなさんもぜひ勇気を振り絞って足を踏み出してみてください

※上記「リッツ美容外科 顎プロテーゼ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •