•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科でマジックリフトを受けた結果

私は約1年前にマジックリフトという手術をリッツ美容外科でやりました。マジックリフトは手術用として使用される安全性の高い溶ける糸を皮膚の下に埋め込み引き上げるリフトアップ術です。
これまでのフェイスリフトと異なり皮膚を切開せずリフトアップが出来るため「切らないフェイスリフト」と呼ばれます。
皆さんはお肌のたるみ大丈夫ですか?たるみって厄介で美顔器やスキンケアでいくらお手入れしても改善するのはなかなか難しいですよね!老けてみられるし本当に面倒です・・。
今までウルトラVリフトといったショートスレッドをはじめ美容鍼やヒアルロン酸注入、ウルセラなど色々とやってきましたが、私の経験上リッツ美容外科でやったマジックリフトが一番効果がありました。こんなことならもっと早くやっておけば良かったと後悔するくらいです。
長さ10cmの糸を左右4本ずつ計8本を耳の横から入れました。麻酔クリームを塗り局所麻酔で施術するので大変では全くありませんでしたよ!
メイクは翌日からでも出来ます。
沢山の本数を入れる必要がなく痛みが少なく内出血もほとんど出ませんでした。今までウルトラVリフトを1回につき50本以上入れてきた私にとってはすごく楽な施術でした。
リフトアップの効果も高く長期間持続するとのことです。
もっと早く知っていたら最初からPDO糸で切らないマジックリフトをやれば良かったと思うくらいです。
マジックリフト直後は腫れてましたが、1週間たてば腫れはほとんど引きました。
マリオネットラインに関してはマジックリフトでも完全に解消しきれなかったのが残念ではありますが、それでも以前よりかなり改善されました。
切らないフェイスリフトで糸を挿入した箇所はどうなるのか、やったことがない人は気になりますよね?私も手術前は心配でした。
糸を挿入する箇所はとても小さな穴なので、針で縫う必要すらなく再生テープを貼るだけですみます。
再生テープを貼った場所は右側がほんのちょっとだけ出血していました。
手術する前に心配なことの一つが内出血ですよね。今回は、マジックリフトでの内出血はありませんでした

たるみ治療に最適な糸を使ったマジックリフト
リッツ美容外科で顔のたるみに悩んでいることを相談したところ、切るフェイスリフトはたるみが進んだ人に向いている方法だという事が先生のお話から分かりました。
外科手術は多くても3回くらいまでしか出来ないらしいです。
「若いうちはフェイスリフトは必要ありません、外科手術をしなくてももっと手軽にたるみは改善できる」先生がこう言っていた様にフェイスリフトは40代になってからの楽しみにとっておこうと思います。
手軽な方法というのは溶ける糸を顔に入れるマジックリフトなんですけど、メスで一切切開しませんしダウンタイムも短いので個人的におすすめできます。
私の場合は左右の頬に糸を4本ずつ合計8本注射で注入しましたが、顔面組織の内部でその糸がピンと張る事によってたるみが引き延ばされます。さらに糸の周囲に自然とコラーゲンが精製されお肌に潤いと張りが生まれるという効果もあります。
糸は溶けるタイプと溶けないタイプ、それに金の糸がありますが、溶けない糸は万が一失敗したときにずっと顔に残ってしまうのであまりおすすめしないとリッツ美容外科の先生は言ってました。
マジックリフトの糸自体にトゲトゲがついているので抜こうとしてもトゲが引っかかってなかなか取れないらしいんです。ですからマジックリフトやるなら溶ける糸一択ということになるんです。
金の糸については入っていると他の美容整形を受けるとき影響が出そうなのでこれもできることならやめた方が良いと個人的には思います。
糸を注入すると最初のうちは顔がつっぱります。違和感が半端ないです。周りには一切バレませんでしたけどね。
カウンセリングで色々話しを聞いてみて分かったんですが、やはりマジックリフトも完璧ではなく、3.4年に一度はメンテナンスで追加注入が必要らしいです。どのような手法であっても皮膚を切開し筋膜を直接に引き上げる「切るフェイスリフト」には及ばないということですね。とはいっても手軽に受けられてそれなりに効果が持続する方法は糸リフトだと思います。となるとやっぱり糸がベターなのかもしれませんね

わたしも元々肌がそんなに綺麗じゃなくて、30代まではエステに通ったりしてどうにかキープしていましたが、40代になって急激に毛穴やシミが目立つ肌になり、そこにたるみのダブルパンチです。
全体的に品のない肌になって一気に老けました、悲しい・・。
いまレーザー導入と美容点滴と漢方とサプリとあれこれ必死にあがいてるけどはっきりいって効果のほどはイマイチですねー。
レーザーも戻りジミでちゃうし、いっそのことリッツ美容外科でマジックリフト受けてみようかって心が動いてます。
リッツ美容外科のマジックリフトは特殊な形状をしたポリプロピレン製の糸を左右の頬の皮下に数本ずつ埋め込んで、組織を引き張上げ頬や口元のたるみ、ほうれい線などを解消する治療です。糸には細かいギザギザ部分が皮膚の下の深部組織に引っかかることで高いリフトアップ効果が持続します。
傷跡は針穴程度でほとんど見えなくなるお手軽な治療で、気になる様になった鼻横のほやたるんできた頬の下垂などのリフトアップが可能です。糸の素材は数十年以上に渡って外科手術にも使用されてきているため違和感や痛みを感じることはありません。
メスでの切開をともなう大がかりな手術が怖い方、レーザー治療や高周波治療以上にたるみを改善させたいという方におススメらしいです。
マジックリフトでたるんだ皮引っ張ってもらうだけでもかなりマシになるんじゃないかと希望を抱いてるけどどうなのかな

マジックリフトは糸を使ったリフトアップ術である「スレッドリフト」の一種です。「ハッピーリフト」と呼ぶクリニックもあるようです。
マジックリフトはフリーフローティングタイプのスレッドリフトであり、フィックスドタイプみたく頭皮を一部切開する必要はないため体への負担が少なくてすみます。
切らないフェイスリフト初心者の人にオススメのスレッドリフトです。
顔の際から「COG糸」というギザギザした糸を入れリフトアップします。この糸はウルトラリフトの糸と同じく医療用PDO糸ですが、糸に細かな棘がついており、その棘が組織に引っかかることでリフトアップの効果を高めてくれます。
針を皮膚に刺し入れて針を抜くと糸が顔面に残る仕組みです。
糸は徐々に溶けて消えていき半年~1年くらいでなくなりますが、糸を入れることで糸の周囲にコラーゲンやエラスチンが生成され、肌にうるおいを与えます。
今回私はリッツ美容外科でマジックリフトを行い、左右4本ずつ計8本をちょうど耳の横あたりから入れました。麻酔クリームを塗りそれから麻酔注射をし糸を挿入していく手順なのでかなりお手軽な手術と言っていいんじゃないでしょうか。
口元のたるみが強かったため、糸を口の横近くまで入れてリフトアップしたとのことです。
私は内出血は全然ありませんでしたが、リッツ美容外科の患者さんの10人に2人の割合で内出血が出るそうです。
私がリッツ美容外科で言われたマジックリフト後の注意点は次の通りです
・術後1~2週間咀嚼時に口周りに痛みが生じることがある
・飲酒・喫煙・運動・サウナ等は1週間控える
・1ヶ月間はエステや高周波治療等は控える
・なるべく仰向けで寝るように心掛ける
・コラーゲンが活性化されるよう休息とビタミンCを十分とるようにする

※上記「リッツ美容外科でマジックリフトを受けた結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •