•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科でホワイトリフトを受けた結果

-リッツ美容外科のホワイトリフトについて
ホワイトリフトとは生分解性ポリマーという成分でできた溶けるアプトス糸を使ったフェイスリフト治療法の一つです。
従来のフェザーリフトは皺やたるみに対して一定の効果が認められていましたが、顔面の皮膚中に糸が残ったままになることを懸念する声も挙がっていました。その問題点を改善したうえで登場したのがホワイトリフトです。
リッツ美容外科のホワイトリフトは糸が徐々に溶けていき約1年で体内に吸収されます。またアプトス糸と同様に周囲にコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、若返り効果を生み出す働きを有しています。
メス切開によるフェイスリフトほどのリフトアップ効果や持続力はないものの、ホワイトリフトに使用される糸の材質は外科手術の縫合糸と同じで、米国FDAの認可を受けているため安全性が保証されたフェイスリフト療法なのです。
リッツ美容外科のホワイトリフトを行える部位は顔全体に及び、たるみや皺が気になる箇所である目尻や頬、顎や首などの部分的なパーツに対する補正も可能です。また一旦施術を終えたあとに糸を追加で加えることも出来ます。

3週間前にホワイトリフト、リッツ美容外科でやってきたよ。ちなみに10本入れちゃいました。
1日目は少し腫れたけど他人は気付かない程度。2日目は初日と同程度だけど少しだけ内出血があった。まあ気にしなくていいレベル。3日目、順調に腫れが引いてきてなかなかいい感じ。少し引っ張られてるような感じのあった頬も違和感がなくなってきた。この頃にはすでに仕上がっているような感覚。
今までサーマクールを試して効果が全然無かったんで一大決心してホワイトリフト受けたんですけど、いやーやってよかったですね。リフトアップ効果はかなりのもんでたるみもしわも少なくなって結構顔変わってくれました!
特にあご周りのラインがすっきりした感じがします。ホワイトリフトはハッピーリフトっていわれることもあるみたいだけど、その名の通りハッピーな感じ!
あとはどれだけこの状態がキープできるかが問題ですけど、今のところはとても満足してますよ。
効果が落ちてきたらまたリッツ美容外科さんにお願いしますかね

スレッドリフトとはフェイスリフトのように皮膚を切除してたるみを引き上げるのではなく、特殊な糸を用いてたるみを吊り上げる治療法のことをいいます。
皮下に挿入した糸の周囲には異物反応でコラーゲンが生成されるため、肌に張りがうまれる副次的効果も期待できます。部分麻酔で行えるためフェイスリフトより手軽で即効性があることも特徴です。
糸の種類によって「アプトス」「シルエットリフト」「ホワイトリフト」等の名称で呼ばれています。リッツ美容外科ではリフト効果と持続力に優れ、異物を入れることに抵抗がある患者でも受けやすい溶ける糸を使用したホワイトリフトと、数十年以上にわたり医療現場で使用されている安全性の高いバイオ糸を使用したスプリングスレッドリフトが行われています。
ホワイトリフトを例にとると、施術後約半年で溶ける糸を用いて皮膚をこめかみに向かって引き上げ皮下組織に固定します。糸が皮下組織に入り込むことで異物反応(炎症)が起き、その際コラーゲンが増殖して糸が溶けた後も効果がある程度持続します

リッツ美容外科でもホワイトリフトは行われていますが、カウンセリングで聞いた話では
50代の方は不向きだそうで、ダウンタイムが長くなりますが切るフェイスリフトをお勧めしているそうです。
ホワイトリフトは皮膚の下にある程度の脂肪とハリが残されている40代前半までなら適応が認められるとのことです。
なおホワイトリフトの効果が7年位持続するといったことを謳っているクリニックがちらほらありますが、基本的に溶ける糸は1年前後で体内に吸収されてしまいます。
それにホワイトリフトでは糸はどこにも留めません、何本もの糸で引き上げることはできますが何処にも留めないため効果はあまり強くなく引き攣れも起こりにくいんです。
糸が溶ける過程で皮膚内に炎症がおこり、肌のハリに必要な成分であるコラーゲンが作られるので皺にも効果的というわけです。
糸が溶け切ってからすぐにたるみやシワが復活するわけではありませんが、そう長いことかからず元に戻るんじゃないでしょうか。ヒアルロン酸よりかは確実に効果期間は長いでしょうけどね

顔のリフトアップ方法としてフェザーリフトという治療法があります。従来はアプトスな糸を使って行われていましたが、たとえ医療用の糸であっても顔の中に糸が残ることに抵抗がある人もいます。
そのような人のためにホワイトリフトと呼ばれる新しい方法が開発されました。ちなみにホワイトリフトはフェザーリフトの一種です。
ホワイトリフトに使用される糸は外科手術で用いられる安全性の高い素材である生分解性ポリマーで構成されています。この糸は8か月~1年ほどで体内に吸収される特徴を有し、海外では縫合糸として用いられることから実績・安全性共に保証されています。
さらにこの糸が吸収されることで肌の真皮層にヒアルロン酸やコラーゲンが増産されることとなり、皮下組織自体の若返り効果が期待できます。
ただし従来のフェザーリフトと異なり半永久的なリフトアップ効果は期待できません。
リッツ美容外科のホワイトリフトの手順は従来の方法と同じで、局部麻酔ののち針を皮下に通します。施術を行うドクターのセンスや技術次第で術後の仕上がりが変わってくるため、下調べをはしっかりと行い納得のうえでリッツ美容外科のホワイトリフトを受けてください

ホワイトリフトで使用する溶ける糸は上手な先生にお願いしないと後で引きつりをおこしたりするので要注意です。
それどころか下手な先生だとリフトアップ効果が全然出なくて文句を言っても取り合ってくれなかったりすることすらあります。
それとあくまでも糸を使うホワイトリフトの効果は所詮一時的だということは覚悟しておいてください。なかには全く効果が感じられないクリニックもあるようです。
自分も以前とあるクリニックでホワイトリフトをしたのですがあまり効果がなく、本当に一時的なものでした。ボトックスなんかもやったんですが下手な医師でしたね・・。
リフトアップといってもいろいろな方法があるのでそちらからも調べてみたらいいんじゃないかと思います。
モデルさんやセレブ系の方たちが御用達のクリニックのリッツ美容外科のリフトアップはとても上手でした。リッツ美容外科の先生は埋没などでも腫れが少ない芸能人御用達だからです。
一応ホワイトリフトも取り扱っているようなので一度聞いてみるといいと思います。
そもそもどれだけ腫れるかは結局医師の技量に左右されるするそうです。
ボトックスなどもたるみ治療としては一考の余地があるので都内在住なら行ってみてはどうでしょうか?私も都内在住じゃないですが目黒の東京院半年に一度行ってます

40代半ばくらいから顎周りとほっぺに肉がついてしかも顔全体が垂れ下がってきました。口元や顎のラインを気にするあまり最近では鏡を見るのも苦痛でした。ネットでリッツ美容外科の評判を聞くたびカウンセリングを受けたい気持ちが日増しに強くなり、とうとう勇気を出して足を運んできました。
先生に相談したところ、ホワイトリフトという治療法はメスで皮膚を大きく切開しなくていいらしいので、傷跡も目立たないとのこと。
術後の腫れや内出血も少なく翌日からメイクや洗顔ができ、ダウンタイムも短くてすみそうで安心です。
さほど大きな手術ではないと聞きましたので、今年50歳になった記念に若返りに挑戦してみようと思います

※上記「リッツ美容外科でホワイトリフトを受けた結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •