•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 頬部フェイスリフト

5年ぶり人生2回目の頬部フェイスリフトを今日リッツ美容外科でやってきました。
35歳を過ぎたころから顔全体にしわが増えはじめました。老化現象なので仕方ないって諦めていましたが、私とよく似た老けた様子のモニター患者さんが、贔屓目に見ても10歳以上は軽く若返っている症例写真を見てびっくりしました。
私も負けていられないと思って、勢い任せにリッツ美容外科で頬部フェイスリフトを受けたのが1回目です。
切ったところは前回は耳の上5cmのところから耳たぶの端っこまでで、今回が耳たぶの上から耳の裏側5cmのこところまでだそうです。
前回やったときは顔全体が腫れ上がったんですけど、今回は拍子抜けするくらい腫れは小さかったです(腫れのピークといわれる術後2日目に家族と食事したのに気づかれなかったくらい)。
ところが痛み止めをまったく飲まなくても平気だった前回の頬部フェイスリフトとは違って、今回は2、3日は痛くてあんまりよく眠れませんでした。
前回はひたすらベッドで横になって患部を冷やし続けたんですけど、横になるとかえって腫れが出やすいらしく、その失敗をふまえて今回はできるだけ横にはならずに枕を高くして寝た。腫れ止めも多めに飲んでおきました。
冷やし続けると内出血が引きにくいと聞いたので今回は1日しか冷やさなかったら、2日目から痛みが強くなりました。
以上の経験からだいたいわかったことは、腫れ防止には腫れ止め薬と頭を高くキープすること、痛み防止には冷やすことですかね。

腕が良いと評判の口コミを見てリッツ美容外科での頬部フェイスリフト(加えて下眼瞼切開も一緒に)を決意。事前カウンセリングでは「施術内容の説明」「理想的な顔になるためのシミュレーション」を丁寧に行ってくれたので、不安が和らぎリラックスして頬部フェイスリフトをおまかせすることができました。
もちろん仕上がりにも満足していますよ。術後すぐに効果を実感でき子どもにも「若くなった」と誉められました。手術前は「この歳になって美容整形するんだ」なんて笑っていた夫も、違和感なく若返った私の顔に驚いているようでした。
リッツ美容外科の公式ホームページには「10歳若返りたい方にオススメ」と書かれており、大げさなんじゃないかと思われるかもしれませんが(私もそうでしたw)、本当に10年前の若い頃の自分に戻ったかのように錯覚します。
確かに料金は高いですが、優れた技術に見合うと思えば十分納得のいくお値段なんじゃないでしょうか。

頬部フェイスリフトはアンチエイジング対策として効果の高い外科手術で、頬のたるみを改善することが可能です。ですが頬部フェイスリフトといってもそのやり方は様々です。切開の大きさや引き上げる層・範囲によってその手法は異なります。
最も人気なのはSMAS法と呼ばれる方法です。SMASという表情筋筋膜も皮膚と一緒に引き上げる手術で、リフトアップ効果が長い間持続することから多くの患者に支持されています。
SMAS法による頬部フェイスリフトの最大のメリットは頬のたるみを一気に解消できることにあります。たるみを確実かつ即効で持ち上げることによりシャープなフェイスラインを生みだして若々しい印象を与えることができますし、小じわの改善にも一定の効果があります。
側頭部では髪の毛の中か生え際を切開し、耳前部から耳後部においては耳の輪郭に沿うように切開します。
頬の皮膚と筋膜の下を剥離し、筋膜とリガメント(靭帯)を引っ張ります

友達のお母さん(60代半ば)が、10年以上前にリッツ美容外科で頬部フェイスリフトをやったらしいんですけど、今でもたるみやシワがあんまり無くて自然な仕上がり。少なくとも50代、下手したら40代の綺麗なマダムに見える。
友達いわく「よーく見ると傷が残ってるよ」って言うけど、私が見る限り傷は全然分からないです。
やった当時はしばらく腫れて失敗したって騒いだらしいんですけど、半年くらいで今みたく自然な感じになったそうな。
あのひと見てるとどうしてもやりたくなっちゃいます、頬部フェイスリフト。
しかもご主人が若い女と浮気した腹いせに勢いまかせでリフトしただけで、その後リッツ美容外科はもちろんどこのクリニックにも行かずメンテはしてないらしいです。
リフトと相性が抜群でかつ大成功すれば、10歳以上若く見える顔を10年以上キープできるんだってわかって衝撃でした。
友達のお母さんは元々顔の肉が少なくて皮膚が薄く、元々ゴルゴラインは無くて肉がたるんいるというよりは皮膚がシワシワになっているタイプでした。
その点私は顔の肉が多く皮膚も厚くて、皮膚のたるみやシワは無いけどゴルゴと法令線に肉が乗っかりラインが目立つタイプなんで真逆です。
きっと同じクリニック(リッツ美容外科)で頬部フェイスリフトやっても彼女の時のような劇的な効果は期待できないんでしょうね


頬のシワやたるみ等を改善する頬部フェイスリフト療法の1つとしてあげられるのがリッツ美容外科のリガメント法です。
リガメントと呼ばれる靱帯を切断したるみを引き上げる方法であり、頬だけでなく首回りにいたる広範囲にわたってリフトアップ効果がもたらされる施術です。
しかし施術範囲が広く施術に時間がかかるものとされるため、患者の身体に負荷がかかる療法です。また感染症や神経を損傷するうおそれもあるため、信頼のおける医師に任せることが重要でしょう。
ここでリガメント法がおすすめできるクリニックの一つとしてリッツ美容外科を紹介します。
開業以来3,000件以上の症例数を誇る顔面輪郭を専門とし、学会で毎年研究結果を発表するなど、常に最高水準の美容医療を提供するクリニックです。さらにリッツ美容外科オリジナルの治療法を数多く開発しており、医学論文のトップジャーナルにも掲載され各方面から高い評価を得ています。
リッツ美容外科では頬部フェイスリフトを行うにあたり、皮膚と骨とを繋ぐリガメントをいったん切り離し、皮膚をリフトアップした後にリガメントを再度復元することで高いリフトアップ効果と持続性をもたせたリガメント法を採用しています。さらに中顔面(目の下~頬)にかけてのフェイスリフトも行っています。

他のクリニックで何度もエンジェルフェイスリフト?というものをやりましたが、結局すぐに元に戻ってしまい残ったのは耳の前のばっさりとした傷跡だけです。
悩んだ末頬部フェイスリフト経験者のいとこに相談し、リッツ美容外科を紹介してもらいリガメント法で施術してもらいました。
結果頬を中心とした顔のラインもかなりすっきりシャープになりました。このままこの若々しい状態を維持できればいいなと願っています。
耳の前の傷は耳に沿うように頬部フェイスリフトをやり直してもらったので、まだ少し傷はあるもののさほど目立たない程度にまでなりました。
最初からリッツ美容外科でやっていれば1回ですんだわけですから無駄な出費をせずにすんだわけですが、いまさら後悔しても仕方ありませんね。最初のリフトで料金の安さにつられてしまった私が悪いだけです。
リッツ美容外科さんは先生だけでなく看護師やスタッフさんの感じもよくて、とてもリラックスでき安心できるクリニックだと思います。予約制で他の患者さんと極力会わないようプライバシーへの配慮もされていて信頼できるクリニックでした

※上記「リッツ美容外科 頬部フェイスリフト」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •