•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 こめかみリフト

こめかみリフトをリッツ美容外科で受けた30代のOLです。
目の下のクマや法令線がまだ20代のころから目立つようになり、年をとるにつれどんどんひどくなっていくたるみと毛穴の開きにも悩まされるようになりました。
アンチエイジング治療として美顔エステやレーザー治療なども試したんですが大した成果も得られず鏡を見てはため息の毎日にいいかげん疲れてしまったので、今まで敬遠していた美容整形手術を会社の休暇を利用し受けてみることにしました。
Webでこめかみリフトの失敗例を見てしまい、美容整形を安易に考えていたことに反省しつつ、まずはリッツ美容外科に電話で相談したところわかりやすく簡潔に説明してもらえたので、当日に手術を受ける前提でカウンセリングに行ってきました。
ところが傷口の写真を見ているうちに躊躇してしまい、こめかみリフトとフルフェイスリフトとでかなり悩みました。ですが先生の丁寧なカウンセリングのおかげで、傷口が見えにくいこめかみフェイスリフトを選択し、ついでに目の下の脂肪除去手術を一緒に受ける事にしました。
麻酔注射が少々痛いですが、歯医者での麻酔と比べたらほとんど痛みは感じません。
麻酔が効きはじめてからこめかみリフトが開始されましたが、先生に「これから○○をしますよ」と絶えず声をかけてもらえたので、安心してこめかみリフトをお任せできました。皮膚を切る感触やその下の筋肉が引っ張られる感触がありましたが、麻酔が効いていたので痛みを感じることはありませんでした。
ポニーテールにしたときの感じみたく両頬が強く引っ張られる感覚で、痛みが強くならないよう処方された痛み止めを1錠飲みましたが、その後痛みは出ませんでした。
引っ張られる感じは1週間くらい続きましたが、見た目はどこも不自然な感じはありませんでした。
ただ頭皮にダメージを与えないよう医療用ボンドではなく糸で切開ラインを縫うやり方にしてもらったので、抜糸するまでの間髪を洗うことができないのが地味につらかったです。洗髪の許可がおりたあとも、切開箇所はゴシゴシ洗うことはせず優しく洗ってくださいと指示されました。
こめかみリフトのおかげで恋人や友人にきれいになったと褒めて貰え、手術した事を知らない人からもたびたび言われるようになりました。
毎日のお化粧が楽しくなり、他人から容姿を褒められる喜びで心身共に救われました。
リッツ美容外科は患者の心をケアし心からの笑顔を蘇らせることができると、1ヶ月経った今では本当に実感しています。
何歳になってもキレイであり続けたい、だけど手術まではちょっと・・と躊躇なさっている方も大勢いらっしゃるかと思いますが、レーザーだとか高い美容液にお金をかけているのであれば、いっそのこと美容整形手術を受け、そのうえで毎日のケアを欠かさない事が、私たちができるアンチエイジングではないかと思います

こんにちは。半年ほど前にフェイスリフト(こめかみリフト)の手術を受けました。
ちなみに私がお世話になったところはセレブブランドで評判の「リッツ美容外科」というところです。
はじめはボトックス注入やヒアルロン酸注入といったいわゆるメスで切らない施術を考えていたんですが、リッツ美容外科医の担当医の先生からリフトアップ手術について色々と教えていただき、思い切って切るフェイスリフトを受ける運びとなりました。
私が受けたのはSMAS弁リフトとこめかみリフトでしたが、仕上がりにはとっても満足してます。
昔からしょちゅう老け顔っていわれ、まだ40代なのに見た目は完全に50代、ひどいときには60代と間違われたこともあります。そんな私がこめかみリフトやってからは30代の見た目だなんて周りから言われるようになって感激です。目元のたるみが取れるとこんなに若々しい印象になれるんですね。
術後の腫れも思ったほどではなく、とにかくリッツ美容外科の先生やスタッフの皆さんがとても親切で、細かいことまですべてフォローしてくださったことが印象的でした。
安心して受けることができました。
私がやったSMAS弁リフトやこめかみリフトのほかにも色々な方法がありました。リッツ美容外科のHPにも詳しく掲載されているのでよければ参考にしてみてはどうでしょうか?

口の横のたるみが気になって美顔フェイスローラーで毎日1時間近く使ってコロコロやってました。なのに口角を少しでも持ち上げると途端にできる2本の法令線・・。
やっぱりダメですよねこんな美顔ローラーなんかじゃ。
自分で耳の近くを指で持ち上げると明らかに顔が若返るので、フェイスリフト(こめかみリフト)がベストな解決策だと言うことはわかっていたんですけどね・・。
さきほどの美顔ローラーもそうですし、いろんなエステや化粧品など、お金と時間をかなり無駄にしてしまいましたね。
まだ20代や30代の人ならこめかみリフトだけでも十分なリフトアップ効果が出る思います。
かくいう私も最初は切らずに糸を使うリフトアップのカウンセリングをリッツ美容外科で受けたんですが、糸だと大してたるみは改善しないと言われ、あまりメスを入れなくてすむこめかみリフトを勧められたんです。
最後まで迷いましたが、先生が「目元の印象が変われば顔全体が一気に若返りますよ」と言うので「これも美のためだ!」とついに決心がつきました。
口もとのたるみが無くなり肌も引っ張られハリが出たのが嬉しかったですね。
傷痕は耳の所はよく見るとわかりますが髪の毛で隠せるので大丈夫です。いっぽう頭の部分はもみあげを残しその後ろ側を切るので髪の毛を捲らないと全く見えません。
ちなみに私の母もリッツ美容外科でフェイスリフト(トータルリフト)をやったんですが、若返り具合は私のほうが大きかったのでやるなら早い方がいいことがわかりました。
たるみきってしまうと効果が薄れるんですね。たるみがまだ少ないうちにやってしまうのがいいです!!

大晦日にリッツ美容外科にてこめかみリフトの施術を受けました。
年末で皆さん忙しいはずなのにカウンセリングの段階から予約とるのがすごく大変でした。私の手術は午後1時から始まり、顔中を何度もアルコールで拭かれました(敏感肌なので少しヒリヒリしました)。
メスで切開するところの髪を数cmバリカンで剃り、鼻から笑気ガス、腕に点滴、心電図をとる機械を胸に・・看護師さんがテキパキとこなしていきます。
いよいよ先生がやって来て麻酔を注射しこめかみリフト開始です。感覚がありませんがメスで耳のまわりを切ってるみたいです。耳のすぐ横なので音でわかります。
血をこまめに拭きながらやってる様子でした。
耳の側の頭の部分をグイグイグイグイと引っ張ってリフトアップしてる感じが伝わってきます。
筋膜を切り縫い合わせハサミ切るパチンという音もばっちり聞こえます。
左右両方終わって先生は一度退出され、最後に切開した皮膚を医療用ボンドでくっつけるところは看護師さんがやります。1時間半くらいでした。
術後すぐは顔がなんとなく腫れている感はありますが、麻酔のおかげで痛みはなく個室でしばらく休みました。
その日は夜まで痛みは出ませんでしたが、夜になるとようやく痛みはじめ次の日はさらに痛みました。完全に麻酔が切れたからか刃物で切ったかような痛みです。
ひどい痛みは2日間続きリッツ美容外科からもらった鎮痛剤を飲んで凌ぎました。3日目には大分落ち着き5日目ともなれば触らなければ痛みは全くありません。
腫れはこめかみのところが少し腫れている程度で髪で隠せばわかりません。
ダウンタイムがこれだけ短いなら気軽にこめかみリフトを受けることが出来ますね。
あれほど嫌いだった法令線も今では気になりませんし。5年経ってまたたるみが出たらリッツ美容外科でお願いしたいなと思うほどです

※上記「リッツ美容外科 こめかみリフト」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •