•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で眉毛下切開した結果

【受けた手術とクリニック名:眉毛下切開・リッツ美容外科】
今でだいたい眉毛下切開2か月たったけど、なかなかいい感じです!
心配だった傷跡も眉尻にまだ赤みが残ってますけど元々しっかりした眉毛のおかげである程度カバーできてるし、眉毛を書いちゃえば問題なし。下がり眉にもなってません。
ずっとアイプチしてたせいで二重になってくれたのはいいんだけど、まぶたの皮膚がたるんじゃって眠そうなボヤけた目立って言われなくなったし、眉毛を持ち上げないと目がちゃんと開かない悩みも解消されました。
切り取った皮膚は1㎝くらいで、目の形は変らないけど目と眉の距離が近くなったせいで多少目元の印象が変ったかもしれません。
眉毛下切開はそれほど知名度のある美容整形じゃないし、リッツ美容外科の先生がホント自然に仕上げてくれたんでスッピンでも全然バレない。たまに眉尻の赤みを指摘されても、眉毛染めたらかぶれたってゴマかしてる。
まぶたに脂肪もあるから、ROOF切除もお願いしようと思ってたんだけど、カウンセリングの時に先生から「年取るとまぶたが窪む可能性があるから勧めない」(私今20代です)って言われたんで、素直に従っときました。
料金は高かったけど結果良ければ全てよし!リッツ美容外科さんどうもありがとう

リッツ美容外科の眉毛下切開(上瞼のタルミ取り)の特徴
加齢による影響が最もあわられやすいパーツは目です。目の周りの筋肉が重力の影響に負けて次第に落ち、皮膚が伸びて垂下がってしまうことで「たるみ」を招いてしまうことが大きな原因です。
そこで伸びきってしまった余分な皮膚を切除すれば目元が一気に若返ります。ことができ、目の形を変えることなくタルミだけを取り除くことができる手術が眉毛下切開です。
30分~1時間程度の施術時間で、眉下を切開し余分な皮膚や脂肪を切り取って目の上のタルミを引き上げ若々しい目にします。目の形は変わらないので元々二重の方は二重のまま、一重の方は一重のままで目の上のタルミを除去できます。
会社や学校などで時間的余裕がなく十分なダウンタイムが取れない場合には、片側だけ眉毛下切開を行い眼帯をし腫れが引いた後に残ったもう片方の目を手術するといった柔軟な対応も可能です。
さらにリッツ美容外科の眉毛下切開は、眉の下のラインギリギリを切開するため傷跡が目立ちません。二重の部分に傷ができないため自分本来の自然な目元をキープしつつ若さを取り戻せます。整形したことを周囲に知られたくない人にはうってつけの施術です。

上まぶたのタルミを無くす方法はまぶたを切るしかないと思って諦めていたんですが、眉毛下切開という方法があると知ってすぐリッツ美容外科へカウンセリングに行きました。目の形が変わらないので自然な仕上がりになり傷跡もそれほど目立たない、またあまり腫れることがないので仕事にはやく復帰できる、など悪くない内容だったのですぐに手術しました。
終わったばかりの頃は眉の下が全体的に赤くむくんでるような感じでしたが、まぶたを切る時のような大きな腫れはありませんし、1週間後リッツ美容外科で抜糸する頃にはほとんど落ち着いてくれました。
傷跡はまだ赤みを帯びてましたが眉毛にうまく隠れるかたちでさほど目立たず、こちらも1ヶ月後にほとんどわからなくなりました。
上まぶたのたるみが取れたおかげで、たるみに覆われて見えなくなっていた二重ラインも復活して結構若返ったんじゃないでしょうか

目元を若返らせたくて美容外科のカウンセリングを受診しました。今39歳ですが周りの友達より老けて見られ、ひどいときは50代に見られたことすらあります。若い頃はくっきりした二重でしたが、今は皮膚がたるんでしまったせいかほとんど一重みたいな状態になってしまってます。
最近はテレビや雑誌でも美容整形が取り上げられることも増え、美魔女なんていう私と同年代の美しい女性が注目を浴びています。ネットのおかげでクリニックの口コミや情報も知ることができますし、ますます若返りに興味を持つようにになりました。
リッツ美容外科の先生が提案してくれた方法は、眉毛の下を切り上まぶたのたるみを取る眉毛下切開です。
私の希望としましては、二重の幅や目の形は変えたくないこと、手術したことを周りに知られたくないので傷跡をなるべく目立たなくしてほしい、自然な若返りをはかりたい、などでした。
リッツ美容外科の眉毛下切開はまさに私にうってつけの手術でした。腫れも少なく傷跡も眉毛に隠れ目立ちません。傷の部分がまだ赤いですが、ファンデーションで少しおさえるだけで隠せてます。自然に若返ることができましたし、親戚や友達にもたるみ取りをやったことはばれていません

以下の文章はリッツ美容外科のカウンセリングを受けてみての個人的備忘録です。
上まぶたのたるみを気にする方なら基本的に眉毛下切開の適応があります。ですが一番向いているのは、日常的に眉毛を挙上するクセがあり、なおかつ黒目と眉毛の間の距離が広い人だそうです。
このような人が眉毛下切開をやれば眉に力をいれずにすむので楽に物を見ることができるようになり、力が抜けた穏やかな表情となります。
また老人性眼瞼下垂の患者さんで、眼瞼下垂手術を受けた後眉毛が下がってしまい、まぶたのたるみがかえってひどくなってしまった人に対しても、眉毛下切開はとても効果的です。
ただ眉毛下切開を行うと、眉毛の位置が下方向に変化します。どの位置まで下がるかは実際に手術してみなければわからないですが、下がることは初めからわかっているわけです。
さらに眉毛下切開は、まぶた外側のたるみは比較的除去できますが、内側のたるみは除去が不十分になることがあります。
眉毛の位置が低く、黒目と眉毛の位置が近いと、きつい印象を与えたり、まぶたが厚く見えることがあります。
眉毛の位置が低くてすっきりしない場合は、リッツ美容外科では眉毛上切開や眉毛固定術をあわせて行っているそうです。
まだ10~20代と若く、まぶたのたるみが見られないにもかかわらず二重幅を広げる目的で眉毛下切開を希望する人がいますが、若い方は二重幅そのものを広げたほうがいいと思います。
眉毛の位置が低いため二重手術では幅が思ったほど広がらない場合は、リッツ美容外科では少々大掛かりな手術となりますがブローリフトを適応することが多いとのことです

50代に突入してから上側の瞼のたるみがひどくなり、一気に顔が老けてきたため、リッツ美容外科でたるみ取りの手術(眉毛下切開)をしてきました。初めは手術の方法もわからないまま、まずは相談だけと思い行ってみたのですが、先生が丁寧に自分の症状に合う眉毛下切開を説明して下さり、信頼できる先生だと思ったので手術をお願いしました。
美容外科での手術なんて、目が外国人みたいにくっきりなって人相が変わってしまうんじゃないかと不安でしたが、この眉毛下切開はまぶたは切らずに皮膚のたるみだけを取る手術なので、たるみで隠れてしまった元々の二重の形に戻るし、自然に若返ると聞き安心しました。
手術はつつがなく終わり、心配してた腫れは思っていたほどひどくはありませんでした。抜糸してからも傷の赤味は残りましたが化粧で隠せましたので知り合いや友達にはこれといって気づかれませんでした。
ここ何年か見てなかった二重が蘇って自分でも若返ったと思っています。切開したにもかかわらず傷は目立ちませんし、二重に不自然さも全然ありません。
年をとっても女性らしく綺麗でいようというのは恥ずかしいことではありません。機会があればフェイスリフトとかの他の手術も受けてみたいですね。もちろんその時はリッツ美容外科で御願いするつもりですよ

※上記「リッツ美容外科で眉毛下切開した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •