•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で上眼瞼脂肪注入した結果

リッツ美容外科にて上眼瞼脂肪注入をトータルで4ccちょっと行いました。左目に2cc、右目のほうが窪みが深かったので少し多めの2cc強注入しました。
途中で「どうですか?」と鏡を渡され見ましたが腫れてる感じはありませんでした。悩みだった窪みは消えていて実にいい感じでした。
よく2ch(5ch)や口コミなんかで上眼瞼脂肪注入やったらまぶたがデコボコになったとかいう失敗談を目にしますが、リッツ美容外科の先生いわく採取した脂肪の質が粗悪だったり不純物が混ざると術後デコボコがおこりやすいそうです。
また太っている人の脂肪は粒が大きいのでこれまたデコボコになりやすいみたいです。
もちろん注入する場所や注入する量、医師の腕にもよりますけど・・。
とにかく脂肪の質はとても重要です。質が悪ければ仕上がりにも影響しますし、注入後の生着率もイマイチだそうです。
また年齢が若ければ若いほど生着率が高いそうです。
なお以前の上眼瞼脂肪注入では吸収される脂肪の量を考慮しあえて多めに注入するのがリッツ美容外科でも一般的だったらしいですが、それだと腫れが引き落ち着くまで約3ヶ月もかかってしまい、その間不自然な目のため外出できず人と会えないなどのストレスを抱え不安ばかり大きくなります。
また多めに注入した脂肪がさほど吸収されなかった場合、腫れぼったい目がずっと続くことなり、修正手術を行わなくてはならなくなるでしょう。
「せっかくキレイになるため上眼瞼脂肪注入をやったのに逆にストレスになったんじゃを意味が無い」というのが先生のお考えのようです。
そもそも上眼瞼脂肪注入はじめ脂肪を注入する手術は比較的簡単ですが、除去するのはかなり骨が折れるそうです。除去となると切開しなければならず傷ができ、ダウンタイムもそれだけ長くなります。
たしかに私がリッツ美容外科で受けたときも脂肪吸引のほうがはるかに時間もかかったし大変でした・・。
そうした背景から、リッツ美容外科の上眼瞼脂肪注入では腫れがひいた段階でベストな仕上がりとなるようあらかじめ調整した上で脂肪を上瞼に注入します。
すると腫れが落ち着く頃には、注入した脂肪が少し減った感じがするそうです。もちろん
その段階で気にいらなければ再度注入してくれるそうですが、これまでの統計によると約7割の人がそのままだそうですよ。
吸収される脂肪の量が人によって異なってくるので予測が難しいそうです。脂肪の質や体質、年齢、生活習慣などにも左右されますからね。
ちなみにリッツ美容外科ではないとある別クリニックの先生は、「術後ある程度吸収されてしまうのでできるだけ注入しますよ」と言っていたので、いま思い返してみると怖いですね。
カウンセリングではどのくらいの量の脂肪を注入するかなど詳しく聞いておくことをおすすめします。特にお仕事をされてる方は、長く休めないことをあらかじめ伝えておきましょう

上眼瞼脂肪注入で用いる脂肪はお腹や太ももなど、脂肪が余っている箇所から吸引します。瞼への注入量は少量なので痩せた方でもまず問題ありません。
極細の注入針を使用するので瞼に傷跡は残りませんが、注入する深さが正確でないと稀に凸凹になってしまうこともあるため熟練した技術を要します。
リッツ美容外科では経験豊富なベテラン医師が担当してくれるのでそういった心配はありません。
脂肪注入の生着率は一般的に10~20%くらいといわれますが、リッツ美容外科独自の方法で行った場合30~40%くらいにまでUPします。吸収される分を考慮しやや多めに注入しますが、生着率が予想以上に低かった場合には追加で注入が必要となります。
なお生着しなかった脂肪は自然に分解されやがて体外に排出されます。体に害を及ぼすことはありません。
上眼瞼脂肪注入後数日ほど軽い腫れがみられますがさほど目立つことはありません。痛みに関しては脂肪吸引した箇所に筋肉痛のような痛みが数日続きますが、注入した上瞼にはほとんど痛みはおこりません。いずれにしてもリッツ美容外科から渡される鎮痛剤で十分にコントロールできるでしょう

こんにちは。最近めっきり寒くなりました。お互い風邪には気をつけましょう。
さて今回はリッツ美容外科でやった上眼瞼脂肪注入という手術についてです。
上まぶたが窪む原因としては、①眼瞼下垂あるいは②老化による瞼の脂肪減少が考えられます。
まず①眼瞼下垂の場合はまず外科手術で下垂の治療を行うのが先です。脂肪注入でさらに眼瞼下垂が悪化するおそれもありますし、そもそも効果が長続きしません。
それに眼瞼下垂手術をやるだけでもそこそこ窪みが改善される場合があるのです。
これに対して②老化による瞼の窪みに対しては、減少した脂肪の代わりにヒアルロン酸や脂肪を注入する改善する手だてはないでしょう。
そしてその場合注入場所で仕上がりにかなりの差が生じます!
瞼の脂肪が減るといっても皮膚のすぐ下の脂肪が減るわけではなく、瞼の窪みの原因は、隔膜前脂肪と眼窩脂肪の減少なのです。(眼窩脂肪が減少するほうが多いそうです。)
減少した場所に注入することが重要です!!!!!
上眼瞼脂肪注入をやったら「デコボコになった」「上まぶたがまつ毛に被さるみたく垂れてきた」というクレームを時々耳にしますが、注入場所に問題があるケースが大半です。
要は皮膚のすぐ下に脂肪を注入してしまっているのです。それでは窪みの根本的な解決にはなりません。
眼窩脂肪のある眼窩中隔に脂肪注入するのが仕上がりが最も良いそうですが、この場所に注入するのは非常に難しいそうで、この方法で上眼瞼脂肪注入を行うところはリッツ美容外科以外は数えるほどしかありません。
カウンセリングでは注入場所を絶対確認してくださいね。経験豊富なドクターを見つけることもお忘れなく

年齢と共に目の周辺の脂肪や筋肉の量が減ってしまったり、また本来あるべき脂肪が下垂した結果生じるのがいわゆる「くぼみ目」です。
上まぶたがくぼんでいると疲れて見えたり老けて見られたりします。くぼみ目が解消されればハリの出た若々しい印象の目元をつくることができます。
上まぶたのくぼみは、上まぶたの脂肪が減ったせいでくぼんでいる場合と、眼瞼下垂が原因のくぼみの場合とががあります。
前者の場合は、上眼瞼脂肪注入やヒアルロン酸注入で若々しい上まぶたを取り戻すことができます。どちらも極細の注射針で注入するので痛みはわずかで腫れもほとんどありません。
一方眼瞼下垂のケースではまぶたの脂肪が奥に引き込まれてることでくぼみ目となります。さらに額の筋肉を使って無理矢理まぶたを開けようと眉毛を持ち上げるため、まぶたが一層くくぼみやすくなってしまいます。
この場合リッツ美容外科ではまず眼瞼下垂の治療から行うのが一般的です。この状態でヒアルロン酸や上眼瞼脂肪注入をやるとまぶたがより重くなり、ますます目を開けにくくなるため注意が必要です

目元の皮膚は周りと比べるととても薄くて実にデリケートです。だからでしょうか、老化は眼の周りからやってくるなんて言われますよね。電車の窓やショーウィンドー、写真やスマホ画像に映った自分の顔を見て「私の上まぶたってやたらくぼんでない?」「くぼみのせいでなんだかやつれてる」とちょっとしたショックを受けて気になり出す方も多いんじゃないでしょうか?
出来る限り隠したいと男女問わず考える人はきっと多いことでしょう。
かくいう私もその一人です。来月で42歳ですが、加齢で目の脂肪が減ったんでしょう
ね・・。寝起きのちょっとむくんだ顔を見ると目元だけ10年前なのに、夕方にはきれいさっぱり元通りです(怒)。特に目を酷使することが多いので最近ますます脂肪が減ってくぼみがヒドくなったような気もします。
ですが顔筋体操や化粧品に頼ったところで根本的には改善しないと思いますよ。いや絶対に無理ですね、うん。
こないだリッツ美容外科のカウンセリングに行って相談してきました。私と同じような悩みでカウンセリングを受けに来る人は後を絶たないらしいです。
そして皆さんくぼみをなくす施術(上眼瞼脂肪注入やヒアルロン酸)を受けて改善するとのこと。
残念なことですが、我々の年代では本当に治したいんだったら美容外科のお世話になるしかないんでしょうね

※上記「リッツ美容外科で上眼瞼脂肪注入した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •