•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で鼻筋膜移植した結果

リッツ美容外科の鼻筋膜移植および軟骨移植について質問させていただきます
私は今までに2回鼻の整形をやったことがあります。
ゴアテックスを入れて肋軟骨移植による鼻中隔延長術を受けましたが、仕上がりがいまいち気に入らなかったので細めのI型プロテーゼに置き換える修正手術を行い、同時に鼻尖縮小術もやって全体的に小ぶりな鼻になるようお願いしました。
術後3ヶ月経過しましたが、鼻の頭といいますか鼻尖部分がデコボコしていて影ができて黒っぽく見えてしまう状態です。
さらに鼻先の軟骨も細く白いラインが浮き出てしまっているようなカンジに見えます。
このような場合、リッツ美容外科ではどのような修正手術を行っているのか知りたいです。よろしくお願いします。
オープンアプローチ法で鼻尖の状態を正確に把握したうえで、盛り上がった部分の軟骨を削り、窪んだ部分には耳介軟骨や筋膜移植を行うことで鼻先の凸凹を解消する鼻尖形成術が適用されるのではないかと思われます。
かくいう私も他院で2年前に肋軟骨移植による鼻中隔延長術を受けたことがあります。
そのとき同時に鼻尖部にも耳介軟骨移植をしたんですが、鼻尖に移植した軟骨の輪郭が白く丸く浮き出てくるようになってしまったんです。
あわててリッツ美容外科に駆け込んで、質問者さんと同じように修正が可能か?可能ならどういった方法で行われるのかを相談しました。
リッツ美容外科のドクターからの回答は若干うろ覚えですが、鼻中隔延長術の修正は確実なオープン法が推奨され、軟骨の輪郭が浮き出ているケースでは、軟骨の一部を削って若干低く面取りしたうえで、脂肪移植や真皮脂肪移植、筋膜移植を必要に応じ行うとのことでした。
ちなみに私の時やってくれたのは筋膜移植でした

鼻がとても低いことが昔からのコンプレックスで、美容整形で鼻を高く(隆鼻術)しようと考えています。
ただプロテーゼは異物による感染のリスクや、将来入れ替えしなければいけないというデメリットがあるので、できるだけ安全かつ安心できる方法で高くしたいと思い、耳介軟骨や肋軟骨移植、真皮脂肪移植、筋膜移植など色々調べた結果、細かく砕いた軟骨を筋膜で包んだものを移植するという細片軟骨移植術をリッツ美容外科で行うつもりでいます。
軟骨移植と筋膜移植を組み合わせたこの方法は、自家組織を用いるため感染のリスクはないでしょうが、比較的新しい手術法で情報が少ないことと、長期間経過したことで変性を起こしてしまうのではないかと不安です。
そこで、リッツ美容外科の細片軟骨移植術の変形リスクはどれくらいあるんでしょうか?
それとも一般的な軟骨移植と筋膜移植と同様、一度行ってしまえば一生モノとして入れ替えの必要はないんでしょうか?
リッツ美容外科で軟骨移植や筋膜移植を受けられた経験のある方、どうぞご教授お願いします

鼻根から鼻背にかけ鼻を高くする場合、人工素材ならなシリコン、自家組織ならば耳介軟骨や鼻中隔軟骨、肋軟骨、真皮脂肪、側頭筋膜移植のいずれかをリッツ美容外科では行っています。
今回の私の症例では術前の3D画像によるシミュレーションの結果、最大4㎜以上鼻根部を増量させる必要性があり、また他院で行われた修正手術によって組織の瘢痕収縮が見られたため、自家組織の肋軟骨および側頭筋膜移植で対処することになりました。
通常肋軟骨のカービングは困難であり術後ワーピングが発生するおそれもあるため敬遠されがちで、肋軟骨を砕いて細かくしてそれを筋膜で包み込んだうえで移植する方法もありますが、今回は私が信頼を置いているリッツ美容外科の先生のプランに従うことにしました。
鼻尖部位は他院での修正手術の影響から瘢痕が固く展開するのが難かしかったのですが、無事どうにかなって鼻尖を前下方へ延長するため、またついでに斜鼻を改善することをねらいとして鼻柱部に肋軟骨移植を行い、さらに鼻尖の形状をリファインメントする目的でシーングラフトを行ってカバーリングの役割で筋膜移植を実施しました。
術後1ヶ月経過した現在でむくみがやや残っていますが満足度は上々です。
肋軟骨を採取した部位の痛みもよほど大きく息を吸わない限り全くといっていいほどありません。
これからの術後経過もリッツ美容外科がしっかりとフォローしてくれるので安心できますね

鼻の整形で、耳介軟骨砕片移植と筋膜移植の混合移植をなされた方にお聞きしたいのですが、その後鼻の調子や筋膜を採取した後の後遺症等、何か気になることやトラブルなどはありましたか?
以前シリコンプロテーゼを入れたんですが、ここ最近痛みや痒みが出るようになってしまって心配なので、鼻の修正を検討している最中です。
上記手術を受けるつもりなんですが、大掛かりなオペにもかかわらずあまり情報がないので迷っています。
手術を受けた直後はまともな鼻になっても、そのまま何事もなくすむのか不安です。
頭から筋膜を採取するというのも全然想像できなくて怖いです・・
カウンセリングでリッツ美容外科の先生から「メスをギザギザに入れて線みたく傷跡は残りますが見た目はほとんどわかりません」と説明されましたが。
髪で隠れるだろうから大丈夫だとしても、ハゲちゃったりしないですかね?

-リッツ美容外科の自家組織移植(軟骨移植・筋膜移植)
自分の体から採取した軟骨や筋膜等を移植する隆鼻術です。自家組織なのでアレルギーも生着し安全性が高いことが特徴です。
隆鼻術で使われる自家組織の中では、移植後吸収されることがあまりなく柔軟性と弾力性に優れ、なおかつ加工しやすいという理由から軟骨が最適です。
なお軟骨を採取する部位は、リッツ美容外科では耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨が一般的です。
鼻筋膜移植法では側頭部から筋膜を採取し用いるのですが、筋膜は柔らかすぎるためそれだけで高さを出すのは難しいため、耳介軟骨を砕きそれを筋膜でロール状に覆って用いるという手法をとることが多いです。
上記手法は軟骨細片移植といい、いわば軟骨移植と筋膜移植を組み合わせた手法です。
採取した軟骨をそのまま移植する方法だと、十分な長さでなおかつ捻じれがない軟骨を採取するのが難しく、患者さんが希望する鼻の形状と高さに仕上げることができないという問題がありました。
この点軟骨を細かく砕いて人工袋の替わりとなる筋膜で包めば、採取する軟骨の長さや大きさに関係なく、また砕くことで必要十分なビリュームも確保できるというわけです。
軟骨を採取する場所もその方に合った場所から採取すればよく、無理な採取を行う必要がないため耳が変形したり痛みに悩まされ続けるといったトラブルに見舞われることもないでしょう。
もちろん軟骨も筋膜も100%自己組織であるため、一般的な軟骨移植や筋膜移植と同じように拒絶反応を起こすことなく鼻の形成を行うことが可能となり、感染症や違和感といった様々なリスクを大幅に減らすことができるとのことです。
反面シャープな鼻にしたい人にはあまり適した手法ではなく(移植片の輪郭がインプラントのようにシャープでない為)、あくまでもナチュラルな鼻筋を希望する人に適応があります。
インプラントの輪郭が浮き出てしまったため修正を希望する患者さんにはうってつけの施術というわけです。
従来から行われてきた自家軟骨移植法の欠点をカバーする術式として、多くのリッツ美容外科の患者さんから好評を得ているようですね

※上記「リッツ美容外科で鼻筋膜移植した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

リッツ美容外科で鼻筋膜移植した結果

リッツ美容外科の鼻筋膜移植および軟骨移植について質問させていただきます
私は今までに2回鼻の整形をやったことがあります。
ゴアテックスを入れて肋軟骨移植による鼻中隔延長術を受けましたが、仕上がりがいまいち気に入らなかったので細めのI型プロテーゼに置き換える修正手術を行い、同時に鼻尖縮小術もやって全体的に小ぶりな鼻になるようお願いしました。
術後3ヶ月経過しましたが、鼻の頭といいますか鼻尖部分がデコボコしていて影ができて黒っぽく見えてしまう状態です。
さらに鼻先の軟骨も細く白いラインが浮き出てしまっているようなカンジに見えます。
このような場合、リッツ美容外科ではどのような修正手術を行っているのか知りたいです。よろしくお願いします。
オープンアプローチ法で鼻尖の状態を正確に把握したうえで、盛り上がった部分の軟骨を削り、窪んだ部分には耳介軟骨や筋膜移植を行うことで鼻先の凸凹を解消する鼻尖形成術が適用されるのではないかと思われます。
かくいう私も他院で2年前に肋軟骨移植による鼻中隔延長術を受けたことがあります。
そのとき同時に鼻尖部にも耳介軟骨移植をしたんですが、鼻尖に移植した軟骨の輪郭が白く丸く浮き出てくるようになってしまったんです。
あわててリッツ美容外科に駆け込んで、質問者さんと同じように修正が可能か?可能ならどういった方法で行われるのかを相談しました。
リッツ美容外科のドクターからの回答は若干うろ覚えですが、鼻中隔延長術の修正は確実なオープン法が推奨され、軟骨の輪郭が浮き出ているケースでは、軟骨の一部を削って若干低く面取りしたうえで、脂肪移植や真皮脂肪移植、筋膜移植を必要に応じ行うとのことでした。
ちなみに私の時やってくれたのは筋膜移植でした

鼻がとても低いことが昔からのコンプレックスで、美容整形で鼻を高く(隆鼻術)しようと考えています。
ただプロテーゼは異物による感染のリスクや、将来入れ替えしなければいけないというデメリットがあるので、できるだけ安全かつ安心できる方法で高くしたいと思い、耳介軟骨や肋軟骨移植、真皮脂肪移植、筋膜移植など色々調べた結果、細かく砕いた軟骨を筋膜で包んだものを移植するという細片軟骨移植術をリッツ美容外科で行うつもりでいます。
軟骨移植と筋膜移植を組み合わせたこの方法は、自家組織を用いるため感染のリスクはないでしょうが、比較的新しい手術法で情報が少ないことと、長期間経過したことで変性を起こしてしまうのではないかと不安です。
そこで、リッツ美容外科の細片軟骨移植術の変形リスクはどれくらいあるんでしょうか?
それとも一般的な軟骨移植と筋膜移植と同様、一度行ってしまえば一生モノとして入れ替えの必要はないんでしょうか?
リッツ美容外科で軟骨移植や筋膜移植を受けられた経験のある方、どうぞご教授お願いします

鼻根から鼻背にかけ鼻を高くする場合、人工素材ならなシリコン、自家組織ならば耳介軟骨や鼻中隔軟骨、肋軟骨、真皮脂肪、側頭筋膜移植のいずれかをリッツ美容外科では行っています。
今回の私の症例では術前の3D画像によるシミュレーションの結果、最大4㎜以上鼻根部を増量させる必要性があり、また他院で行われた修正手術によって組織の瘢痕収縮が見られたため、自家組織の肋軟骨および側頭筋膜移植で対処することになりました。
通常肋軟骨のカービングは困難であり術後ワーピングが発生するおそれもあるため敬遠されがちで、肋軟骨を砕いて細かくしてそれを筋膜で包み込んだうえで移植する方法もありますが、今回は私が信頼を置いているリッツ美容外科の先生のプランに従うことにしました。
鼻尖部位は他院での修正手術の影響から瘢痕が固く展開するのが難かしかったのですが、無事どうにかなって鼻尖を前下方へ延長するため、またついでに斜鼻を改善することをねらいとして鼻柱部に肋軟骨移植を行い、さらに鼻尖の形状をリファインメントする目的でシーングラフトを行ってカバーリングの役割で筋膜移植を実施しました。
術後1ヶ月経過した現在でむくみがやや残っていますが満足度は上々です。
肋軟骨を採取した部位の痛みもよほど大きく息を吸わない限り全くといっていいほどありません。
これからの術後経過もリッツ美容外科がしっかりとフォローしてくれるので安心できますね

鼻の整形で、耳介軟骨砕片移植と筋膜移植の混合移植をなされた方にお聞きしたいのですが、その後鼻の調子や筋膜を採取した後の後遺症等、何か気になることやトラブルなどはありましたか?
以前シリコンプロテーゼを入れたんですが、ここ最近痛みや痒みが出るようになってしまって心配なので、鼻の修正を検討している最中です。
上記手術を受けるつもりなんですが、大掛かりなオペにもかかわらずあまり情報がないので迷っています。
手術を受けた直後はまともな鼻になっても、そのまま何事もなくすむのか不安です。
頭から筋膜を採取するというのも全然想像できなくて怖いです・・
カウンセリングでリッツ美容外科の先生から「メスをギザギザに入れて線みたく傷跡は残りますが見た目はほとんどわかりません」と説明されましたが。
髪で隠れるだろうから大丈夫だとしても、ハゲちゃったりしないですかね?

-リッツ美容外科の自家組織移植(軟骨移植・筋膜移植)
自分の体から採取した軟骨や筋膜等を移植する隆鼻術です。自家組織なのでアレルギーも生着し安全性が高いことが特徴です。
隆鼻術で使われる自家組織の中では、移植後吸収されることがあまりなく柔軟性と弾力性に優れ、なおかつ加工しやすいという理由から軟骨が最適です。
なお軟骨を採取する部位は、リッツ美容外科では耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨が一般的です。
鼻筋膜移植法では側頭部から筋膜を採取し用いるのですが、筋膜は柔らかすぎるためそれだけで高さを出すのは難しいため、耳介軟骨を砕きそれを筋膜でロール状に覆って用いるという手法をとることが多いです。
上記手法は軟骨細片移植といい、いわば軟骨移植と筋膜移植を組み合わせた手法です。
採取した軟骨をそのまま移植する方法だと、十分な長さでなおかつ捻じれがない軟骨を採取するのが難しく、患者さんが希望する鼻の形状と高さに仕上げることができないという問題がありました。
この点軟骨を細かく砕いて人工袋の替わりとなる筋膜で包めば、採取する軟骨の長さや大きさに関係なく、また砕くことで必要十分なビリュームも確保できるというわけです。
軟骨を採取する場所もその方に合った場所から採取すればよく、無理な採取を行う必要がないため耳が変形したり痛みに悩まされ続けるといったトラブルに見舞われることもないでしょう。
もちろん軟骨も筋膜も100%自己組織であるため、一般的な軟骨移植や筋膜移植と同じように拒絶反応を起こすことなく鼻の形成を行うことが可能となり、感染症や違和感といった様々なリスクを大幅に減らすことができるとのことです。
反面シャープな鼻にしたい人にはあまり適した手法ではなく(移植片の輪郭がインプラントのようにシャープでない為)、あくまでもナチュラルな鼻筋を希望する人に適応があります。
インプラントの輪郭が浮き出てしまったため修正を希望する患者さんにはうってつけの施術というわけです。
従来から行われてきた自家軟骨移植法の欠点をカバーする術式として、多くのリッツ美容外科の患者さんから好評を得ているようですね

※上記「リッツ美容外科で鼻筋膜移植した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •