•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で鼻尖増高術をした結果

リッツ美容外科は清潔感があり、待ち時間もほとんど無くスムーズに利用できます。
以前より低くて厚ぼったい鼻の形が気になっていて、シャープで細い鼻先だったらよかったのにと鏡を見てはため息をつく毎日でした。
プロテーゼを入れて鼻を高くする手術があることは知っていましたが、鼻の手術にも色々あって、なかでもリッツ美容外科では鼻先を細くしてなおかつ高さも出せる「鼻尖増高術」という手術をやっていることがネットで調べてみたわかりました。
美容整形自体にもちょっと興味がありましたし、鼻尖増高術がどんなものか気になったのでリッツ美容外科のカウンセリングを受けました。
先生は頭蓋骨模型やCT画像を使って鼻尖増高術のことを詳しく説明してくれました。私の顔で鼻尖増高術のシミュレーションを行ってくれるのですごくわかりやすくていいですよね。
鼻尖増高術をはたぶん1時間半~2時間程度で終わったんじゃないかと思います。全身麻酔で行われる施術なので、痛みはないですし麻酔が切れてからもそれほど痛む事はありませんでした。
ただし術後鼻にギプスを装着しますが、それが結構大きくて目のあたりまである事と、固定するテープが広範囲に貼られるので、かなり大きめのマスクをしていてもばれてしまいます。私は電車でリッツ美容外科に行き鼻尖増高術を受け電車で帰宅しましたが、人目がかなり気になってストレスだったので、これから鼻尖増高術を受ける方は車やタクシーで送り迎えしてもらうほうがいいでしょう。
正面から横から見ても、正面、小さくて立体感のある鼻先に仕上がっているので、鼻尖増高術は成功しんじゃないでしょうか、満足です

リッツ美容外科の鼻尖増高術
鼻尖増高術(びせんぞうこうじゅつ)は、鼻先だけに高さを出す施術で、のっぺりした平面的な鼻に立体感を出すことで顔立ちにアクセントを生みだすことができます。
正面顔のバランスや横顔のラインの美しさを十分考慮したうえで高さを調整します。
はじめにカウンセリングで患者さんが理想とする鼻のデザインを行います。デザインが決まったらいよいよオペです。
麻酔を行ってから左右鼻翼軟骨を縛り基礎となる土台を作り、上部に採取した耳介軟骨などを移植して高さを出します。
鼻翼軟骨の強度が足りない、弾力性が強い、皮膚が厚すぎるといった場合は、鼻翼関節の間に支柱の役割を果たす軟骨を挿入し鼻翼軟骨に縛り付け固定することにより補強を行ないます。
リッツ美容外科における鼻尖増高術の施術時間は1~2時間で、腫れや痛みが術後一定期間生じますがに日数経過で解消します。
鼻の固定にはギプスを装着する必要があり、3~5日後にリッツ美容外科へ来院し外します。それまでは鼻周囲の洗顔やメイクはできず、2~3日の間は入浴も控えるようにしましょう。
約1週間後に再びリッツ美容外科に足を運び抜糸を行い、その後も定期的に通院し経過を観察します。
完全に仕上がるのは抜糸してから1~3ヵ月といったところです

鼻にコンプレックス(潰れたような団子鼻)があり、リッツ美容外科で鼻尖増高術と鼻翼縮小術を同時にやりました。安さにつられて病院を選んだ結果失敗されて後悔するのは絶対に嫌だったので、多少料金が高くても評判の高い、セレブが選ぶといわれているリッツ美容外科を選んだ理由です。
正直顔にメスをいれる事に抵抗はあったんですが、先生が私の悩みを親身になって丁寧に聞いてくれたおかげで、だいぶ不安や怖さが薄れてくれたので決心が鈍らないうちに鼻尖増高術と鼻翼縮小術を受ける決心をしました。
鼻全体が小ぶりになりスッキリ見えるようになったことはもちろん、鼻の穴の形が良くなったことが嬉しいです。
広すぎた鼻翼幅も人並みにまで縮まったし、自分ではかなり美人顔に近づけたんじゃないかって自画自賛してます(>∀<) ただ念のためダウンタイムを長めに考えておくほうがいいかもしれません。腫れは1週間もすれば落ち着きますが、赤みが結構長引きました。私は平気で仕事に行きましたが、気になる人はし外出を躊躇するかもしれません ホントに鼻の形だけじゃなくて顔全体のイメージも変わってくれたので、鼻尖増高術と鼻翼縮小術の二つをやって正解でした。 実は目と輪郭の手術もリッツ美容外科さんにお願いしようかと考えていたんですが、今のところは保留です。だってこのままでもいいやと思えるくらい変わることができましたからね * 前々から鼻の大きさ、特に鼻先が分厚くぼてっとしていることが悩みで、美容整形を受けてなおそうかと思ったこともあるんですが、仕事が忙しく(しかも接客業)時間の余裕が無いので整形は難しい状況でした。 ところが今回1ヶ月ほどまとまった休みを取ることができたので、このチャンスを逃すわけにもいかず、鼻尖増高術というものをリッツ美容外科で受ける決心を固めました。 リッツ美容外科の鼻尖増高術を受けようとしたのは、口コミサイトや美容整形ブログでおおむね高評価を得ていたことが直接のきっかけです。 相場より高めといわれる料金についても十分許容範囲だったので問題ありません。 カウンセリングで鼻を診察して貰ったところ、私の鼻の特徴がどんなかんじで、なぜ鼻尖増高術で改善できるのかを丁寧にわかりやすく解説していただき、アフターフォローについても同様だったので、おかげさまで安心して鼻尖増高術をお任せすることができるました。 肝心の手術についてですが、静脈麻酔で行われるため最初の麻酔注射の痛み以外は全く何も感じません。静脈麻酔で眠っている間に施術が行われ目を覚ましたときには終了していました。なので正確な時間は不明ですが、1時間半?くらいじゃないかと記憶しています。となるため、感覚的には施術はあっという間に終わりました。実際には1時間ほどだったかと思います。 鼻尖増高術の効果に関しては手術直後はそれほど変化は感じませんでしたが、腫れが引くにつれだんだんと良い形になっていきました。 施術直後から顔に腫れがありましたが、徐々に腫れがひどくなり3日目にピークに達しました。 ピーク時は結構ひどく、別人のような顔になっていましたが、比較的早い段階で引いていき、6日目には大部分が消えていました。 内出血も3日目から上瞼と下瞼で出始めました。特に下瞼の内出血が顕著で、鼻尖増高術から2週間たった現在でも下瞼に赤い筋が出ています。 麻酔の効果が切れた後は当然痛みがありますがさほどでもなく、リッツ美容外科から処方された痛み止めを服用すれば生活に支障は全くありませんでした。 2週間経過しましたが鼻の違和感はわずかに残っている程度でほとんど気にならなくなってます * 鼻筋が整っていても鼻先が整っていなければ美人とはいえません。 団子鼻を細くし高さを出すには鼻尖増高術が有効ですが、私たち日本人の鼻尖手術は難しいとされています。 理由としては、 ・鼻尖を構成する鼻翼軟骨が小さくて脆弱である ・皮脂腺が発達しているため鼻尖の皮膚は分厚く、鼻翼軟骨を加工しても厚い皮膚が被さっているせいで効果がでにくい ことが挙げられます。 一般的な美容外科クリニックで行われる従来の鼻尖増高術は、鼻尖皮膚の皮下脂肪を切除してから鼻翼軟骨を糸で中央に寄せることで鼻先を細くさせます。 一方リッツ美容外科の鼻尖増高術は、鼻尖も皮膚が厚い日本人に適した手法を採用しています。 はじめに左右鼻翼軟骨の折り返し部分を切断し反転させ支柱を作成し、次に鼻翼軟骨の間に耳介軟骨や鼻中隔軟骨を移植し固定します。 さらに切断され自由となった鼻翼軟骨の翼の部分をさきほどの支柱に適切な位置で縫合し再構築します。 この一連の作業により鼻尖中央部が支柱で突出し、両サイドが窪むことでハイライトが生まれ効果があらわれます ※上記「リッツ美容外科で鼻尖増高術をした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •