•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で鼻中隔延長した結果

長い間ずっとのっぺりした低い団子鼻がイヤでなんとかしたいといつも思ってました。
美容整形を受ける決心がつき、鼻を高くするだけでなく鼻先も出したかったので他院で一度L型プロテーゼをいれました。
ところが予定と違い鼻先が上向きになり鼻筋も太くなってしまったのではっきりいって失敗しました。そこで今回リッツ美容外科さんでプロテーゼの抜去手術と新たに鼻中隔延長手術を同時にやってもらったというわけです。
リッツ美容外科の雰囲気はとても明るくて高級感溢れる空間でした。
先生は意外なほど気さくな方でこちらを気遣ってくださる親切な応対に好感が持てました。
一度前のところで失敗されてるので正直身構えてましたが、おかげさまでリラックスして鼻中隔延長手術に臨むことができ感謝しています。
受けられました。施術はスピーディーにもかかわらず丁寧な施術だったと感じました。また何より患者のプライバシーに徹底配慮し、個人情報がもれないよう対応がしっかりしていたことが信頼度アップにつながりました。
鼻中隔延長の最中も「痛くないですか?」「気分は悪くないですか?」と声を掛けていただいて本当に気遣ってくださいました。
麻酔から覚めた後もリカバリールームでゆっくり休憩してから帰宅できることもありがたいですね。
リッツ美容外科の鼻中隔延長術のおかげで鼻筋がスッキリと整い、長さが出た分全体的に細くなり鼻先も下向きになってくれたので言うこと無しです。
私のように必ず満足できる結果になるわけではないんでしょうけど、同じような悩みを抱えた方にはおすすめですよ、リッツ美容外科の鼻中隔延長術!
いかにも整形しました的な感じはなく、あくまでも自然に仕上げてくれたことに心底ホッとしております

鼻中隔延長術は鼻先を伸ばす手術の一つで、鼻の穴を仕切っていて支柱である鼻中隔軟骨に、耳介軟骨ないしは肋軟骨を2~3枚重ねて移植することで鼻中隔を延長します。
ちなみに肋軟骨のほうが耳介軟骨より硬いため、肋軟骨移植のほうが鼻先を大きく出せますが、代償として胸に大きな傷が残ることがネックです。
同じく鼻先を伸ばす手術として代表的なのが耳介軟骨移植による鼻尖形成術で、耳の穴の中や耳の裏から耳介軟骨を採取し鼻尖部(鼻先)へ移植する方法です。
鼻先を出せる量は鼻中隔延長手術のほうがやや大きいですが、耳介軟骨移植より手間がかかるため手術時間が長引き、さらに手術料金がはるかに高くなります。
個人差はありますが、リッツ美容外科では鼻先を2~3㎜程度出す場合は耳介軟骨移植を、4~5㎜程度出す場合は鼻中隔延長手術が行われることが多いようです。
基本的には患者様の希望に合わせ鼻中隔延長術と鼻尖形成術を使い分けますが、リッツ美容外科では鼻尖形成術を行う人が圧倒的多数だそうです。おそらくダウンタイム含め長期的な経過を考えた場合、鼻尖形成術に比べて鼻中隔延長手術はリスクが高くなるせいでしょう

青森からリッツ美容外科東京院にカウンセリングに行きました。広比先生は人気なので、予約は取りづらかったですがなんとか予約を取ることができました。
鼻中隔延長術のカウンセリングも満足のいくものでした。鼻中隔延長術はリスクが高いため、鼻尖形成術で鼻先に耳介軟骨を移植するだけにとどめるか正直迷っていたんです。
リッツ美容外科の広比先生は、私のような団子鼻のケースでは耳介軟骨移植だけではかえって鼻先が丸く潰れてしまうと説明してくださって、鼻中隔延長術のメリットリスク双方をしっかり教えてくださり安心して鼻中隔延長術を選ぶことができました。
先生は優しく話し上手でなおかつセンスもあるので信頼しておまかせできると感じました。手術は全身麻酔で行われるので意識がありません。麻酔から意識が戻った後も看護師の方にアフターケアを丁寧に行っていただきました。
鼻中隔延長術の翌日と2日目、3日目、5日目、一週間後、二週間後に抜糸やギプスの取り外し、傷跡の消毒のためリッツ美容外科に近場のホテルから通院しました。
予約をとるまでが大変でしたが待ち時間も少なくスムーズにいきましたし、スタッフの皆さんの対応もそつがなかったです。
交通費宿泊費含め遠方からの施術を受けに来るのは大変でしたが、リッツ美容外科で鼻中隔延長術を受けれて良かったと思います

最初値段につられてクリニックを選んでしまってすごく後悔した苦い経験があります。
アップノーズ気味な鼻がずっとコンプレックスで、鼻整形に挑戦しようと決心したはいいものの、貯金もあまりなかったのでとある安いチェーン店クリニックで鼻中隔延長術をしました。
結果は案の定失敗です。腫れがひどいので不安になってクリニックに電話しても大丈夫だの一点張りで、腫れが引いても形がおかしいしクレームも取り合わないしで最悪でした。鼻の整形、特に鼻中隔延長術は繊細な技術が必要なリスクの高い施術らしく、信頼の置けるベテランドクターじゃなければ絶対ダメです。
紹介してもらったリッツ美容外科であらためて修正手術をやりました。先生はじめみなさん真剣に私の悩みを聞いてくださり、丁寧なリスクの説明に安心できました。
これならば大丈夫だろうと感じ鼻中隔延長術の日程も決めてきちゃいました。
手術はまだ先なので結果の報告ではないですが、ひとまずお礼が言いたく投稿させていただきました。困った時は是非また相談させていただきます

鼻中隔延長術(鼻先延長術)について
鼻中隔というのは鼻の穴を左右に仕切っている軟骨部分を指し、この部分は鼻中隔軟骨と呼ばれています。
鼻中隔軟骨には鼻を上と後ろから支える役割がありますが、この鼻中隔軟骨が小さいと鼻先が短くなり鼻の穴が正面から見えてしまう、いわゆる「豚鼻」となってしまいます。
鼻中隔延長術は鼻中隔軟骨に別の所から採取してきた軟骨を継ぎ足して延長することで、鼻先の形を整える治療法です。リッツ美容外科をはじめ多くのクリニックで行われているポピュラーな手術です。
他の軟骨を継ぎ足すことで鼻中隔を延長するためには、この延ばします。 鼻中隔軟骨は土台として強固であるため、鼻中隔軟骨に軟骨移植を行えば鼻先や鼻柱といった支えが不安定な部分に対しても十分な高さや長さを出すことが可能となります。
鼻は立体的な部位で、骨、軟骨、皮膚がそれぞれ位置を保ちながら存在していますので、ただし鼻先の形成を行なう場合、鼻中隔延長術それだけでは希望通りの仕上りとならないケースは珍しくなく、そういったケースにおいてはリッツ美容外科では他の治療を組み合わせて患者の要望に応えているそうです。

・鼻の印象を小さく→小鼻縮小術
スリムな印象の鼻に→鼻中隔延長術+プロテーゼ隆鼻術
なお鼻中隔延長術で鼻先を無理に大きく出した場合、術後数年くらい経つと鼻先に軟骨のシルエットが浮き出たり延長した鼻中隔が曲がって鼻全体が大きく湾曲していまうといったトラブルが発生することがあります。
そのためリッツ美容外科の鼻中隔延長術では上記リスクを鑑み、無理に鼻先を大きく出さないような仕上がりにしていると考えられます。
実際リッツ美容外科には、他院での鼻中隔延長手術後の修正目的で来院される方が結構いらっしゃるとのことです
さらには通常の耳介軟骨移植による鼻尖形成術だけでも十分な効果が見込めるのに、患者のリスクを無視してわざわざ高額な鼻中隔延長手術をすすめたり、プロテーゼやゴアテックスによる隆鼻術をすすめて手術料金を吊り上げる金儲け第一主義のところもあるので注意してください

※上記「リッツ美容外科で鼻中隔延長した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •