•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科でワシ鼻・段鼻修正した結果

-リッツ美容外科が行うワシ鼻・段鼻修正術
鼻筋の中央部分が突出して目立つ鼻をワシ鼻(鷲鼻)と呼びます。鼻筋の突起部を削り落とし真っ直ぐなラインに改善するのがリッツ美容外科のワシ鼻・段鼻修正術です。突出部分は「ハンプ」と言うため別名ハンプ削りとも呼ばれます。
ワシ鼻は鼻骨および鼻軟骨の2種類の骨が隆起していることが原因で、この2つの隆起した骨の部分を合わせてハンプと呼びます。
鼻骨は頭蓋骨と一体になった非常に固い骨であり、一方鼻軟骨はやや柔軟性を有する軟骨で鼻骨と繋がっています。この鼻骨と軟骨が繋がった部分が隆起している鼻の状態がワシ鼻となります。
このワシ鼻のハンプを削ることで、真っ直ぐで凹凸のない自然で綺麗な鼻筋を生み出すことができますが、ただ単に鼻骨を削るだけでは改善しない場合がほとんどです。
ワシ鼻の患者は同時に鼻が高いことが多く、ワシ鼻・段鼻修正を行うことによってちょうどいい高さの鼻筋と場合が多く、まずは出っ張ったハンプ部分の骨を削る治療を行ないます。
ハンプの上半分は硬い骨で、下半分が柔らかい軟骨です。骨はヤスリである程度までなら削ることが可能ですが、軟骨は硬いゴムのような組織ですからヤスリで擦ってもまず削ることは出来ません。
ワシ鼻・段鼻修正の手術は鼻の穴の入口付近の皮膚を切開しそこからアプローチしていく手順なので、切開部にヤスリを挿入するとちょうど軟骨が骨の手前に位置しているため、骨をヤスリで削ろうとしても軟骨がジャマになって一向に削ることができません。
かといって軟骨はメスやハサミといった鋭利な刃物でしか切断・削ることは出来ません。 このためリッツ美容外科のワシ鼻・段鼻修正では、最初にハンプの軟骨部分をメスである程度カットし、次に鼻骨を医療用のノミで削り取っていきます。
ハンプが大きいワシ鼻の場合、ハンプを削ったことで鼻筋が太く平らになるおそれがあるため、鼻筋を細く整える鼻骨幅寄せ骨切り術を同時に行い、プラスチックギプスで鼻筋をしっかりと固定します

角ばった自分の鼻にずっとコンプレックスを感じていました。リッツ美容外科の鼻整形に興味がありましたが、プロテーゼを挿入する方法では鼻は高くできても角ばった部分を凹ますことはできません。となればあとは鼻骨を削り平らにするしかないわけですが、やっぱり怖いという思いがあり、なかなか鼻整形の決心がつかずにいました。
だけどワシ鼻は骨の角ばりを削らなければどうにもならないとわかってました。リッツ美容外科でもワシ鼻・段鼻修正では角ばって突きでた鼻骨部分(ハンプといいます)を削るのが最も効果的だと説明を受けました。
そしてとうとう覚悟を決めてワシ鼻・段鼻修正術に踏み切ったわけです。
私が鼻の悩みを相談したリッツ美容外科の先生はとても良い先生で、私の希望通りにバランス良く骨を削っていただき、まっすぐで自然なカンジの鼻に仕上げてくれたんです。とても気に入っています。
だけど大掛かりな手術のせいか腫れや内出血がものすごくて、とにかくダウンタイムが3週間くらいかかってすごく大変だったことも強烈な印象として記憶に残っています。
腫れが引くまでは「本当に鷲鼻が解消されているのか?」と気が気ではありませんでした。
今となっては鷲鼻だった頃が懐かしいですね

-ワシ鼻・段鼻修正(ハンプ修正)のポイント
わし鼻は鼻骨と鼻中隔軟骨の双方が出っ張っている事が原因です。すると鼻骨だけ削ってもわし鼻は改善せず、骨と軟骨の両方の処理が必須となります。
出っ張った鼻骨を削るのは簡単ですが、軟骨を処理には専門的な技術と知識が欠かせません。
なかには鼻骨だけをヤスリで削って終わらせてしまういいかげんな処理を行うクリニックも存在するので、くれぐれもワシ鼻・段鼻修正の病院選びは慎重に行って下さい。
担当医が正しい手術を行っているかを見分けるには手術時間を確認すると良いでしょう。
ヤスリで鼻骨を削るだけなら30分以内に終わりますが、軟骨までしっかり処理するとなるとゆうに1時間以上かかる手術です。
なお軽度のわし鼻であればプロテーゼを挿入し鼻を高くすることでハンプを目立たなくすることもリッツ美容外科では出来ます。
ハンプの強いわし鼻の場合、骨削りした部分が平坦になることで鼻筋が術前より太く見えてしまうおそれがあります。リッツ美容外科ではこういったケースに鼻骨骨切りで鼻筋を細くすることで対処しています

自分も鷲鼻なんですけど、鼻が高くて羨ましいってよく言われるんです。
だけど私は低くてもいいんで真っ直ぐな鼻筋に憧れます。というか普通の鼻になりたいです。
鷲鼻ももちろんですが鼻の穴が縦に長いので横から見えるのがキツイです。横から顔を見られると、鼻の穴をみられてるんじゃないかって落ち着きません。
鼻根にヒアルロン酸入れて誤魔化してましたけど、先月とうとうワシ鼻・段鼻修正やっちゃいました!リッツ美容外科で。
ついでにプロテーゼ、鼻尖縮小術、小鼻縮小術も一気にまとめてやりました。こうして改めて見ると結構大手術ですね。
よく骨を削られる振動と音が頭の中に直接響いてきて恐かったってワシ鼻・段鼻修正の体験談や口コミでみますが、幸い私は全身麻酔で受けたのでその恐怖を感じる間もなく手術が終わっちゃいました。
ワシ鼻・段鼻修正仕上がりはプロテーゼを入れた甲斐もあってか、割とまっすぐな鼻筋になってくれたと思います。
正確にいえばわずかにハンプが残ってますけど、リッツ美容外科担当医いわく「これ以上削ると鼻骨に穴が開いてしまう」そうです。
まぁよーく見ないとわからないくらいの段差なので、鷲鼻ではなくなったっといえるんじゃないでしょうか?
ちなみに鼻筋はプロテーゼを入れたおかげで太くなったとは感じませんね

ワシ鼻・段鼻修正やる人ってあんまりいないんですかね?需要があるかどうかわかりませんが、とりあえずリッツ美容外科でワシ鼻・段鼻修正やったときのことを簡単に書きますね。
高すぎる外人みたいな鼻とおさらばするためにワシ鼻・段鼻修正で骨と軟骨ををガリガリ削ってきましたよ。
まだ全然腫れてるしテープが貼られてるんでどんなカンジになってるかよくわからないですけど、とりあえず今はリッツ美容外科の先生の言葉を信じるしかない。
静脈麻酔で意識が飛んでる10分間にさらに局所麻酔やって約1時間手術。痛みは全然感じず。
でも鼻は敏感なパーツだから麻酔が切れやすくて注意が必要だってさ。
痛くはなかったけど、鼻の段(ハンプっていう)をゴリゴリとノミかなんかで削っている音が聞こえてきてちょっとしたホラーだったね;
腫れは1週間程度続いてそれからどんどん引いていったけど、内出血が10日以上続いた。目の下や目頭の上が紫色に変色。
私は比較的軽いワシ鼻だったんで局麻だったけど、きっついワシ鼻でハンプを完全になくしたかったら、全身麻酔で行うらしいっす。さらにプロテーゼを入れたり鼻骨骨切り(幅寄せ)をやって、太くなっちゃった鼻筋を細く見せるそうな。
だけどワシ鼻・段鼻修正したばっかりで鼻の粘膜が再生するには少なくとも半年かかるんで、骨切りがやりたかったらそれ以降にやることになるんだってさ

男でワシ鼻・段鼻修正を受けたものです。
男であってもやっぱり鼻の形は大事だと思います。自分は低い眉間に鷲鼻で、おまけに鼻先が下を向いてる形の鼻でした。そして鼻のことがいつもコンプレックスだったんです。
リッツ美容外科にカウンセリングに行ったときも、先生から結構重度の鷲鼻だねと言われました(苦笑)
自分がやってもらったワシ鼻・段鼻修正は鼻の尖ってた部分を骨折させたうえで両方を合わせる方式です。鼻先は少しだけ高くなるようお願いしました。
ナチュラルな形が好きなのでプロテーゼとかは入れてません。
ワシ鼻・段鼻修正後1ヶ月目くらいまで黄色い痣が残っていました。(近距離でようやく見つけられる程度の痣なので全く問題はありません)
確かにダウンタイムの長さは人によって幅があるみたいですね。私はダウンタイムがけっこう長かったタイプです。
ワシ鼻・段鼻修正をやってからはワシ鼻が無くなってとても嬉しいですし、何よりもナチュラルな今の鼻の形にとても満足的しています。
リッツ美容外科でもいわれたように、鼻は本当に顔にとって大事なパーツだなと実感する今日この頃です

※上記「リッツ美容外科でワシ鼻・段鼻修正した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •