•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で鼻根部Vライン形成した結果

リッツ美容外科の鼻根部Vライン形成は、額から鼻の付け根(眉間)を結んだデルタゾーンにゴアテックスを挿入し、眉間部分に高さを持たせ鼻筋をスッキリ通す手術です。
眉間に高さが出ることにより額と鼻筋がなめからにつながって、洗練された知的な印象を持たせ、彫りの深い立体的な顔立ちに仕上がります。
鼻根部Vライン形成それ自体を単独で行うことはリッツ美容外科ではあまりなく、基本的には隆鼻術と同時に行われることがほとんどのようです。
隆鼻術だけでは不自然な鼻筋になる場合に、鼻根部Vライン形成で眉間を高くしバランスを取ることで自然な鼻筋にするというわけです。
以下の方はリッツ美容外科で鼻根部Vライン形成をやってみてはどうでしょう?
・鼻筋全体に高さを求める方
・メリハリのある立体的な顔立ちを希望する方
・隆鼻術だけでは仕上がりに不満が残った方
・のっぺりとした平坦な印象を脱却したい方
・柔らかい優しげな印象になり方
リッツ美容外科が行う鼻根部Vライン形成の特徴についてもう少し詳しくお話しします。
患者さんの希望する鼻の高さ・太さ・長さを聞いた上で、ゴアテックス一体型かゴアテックス+プロテーゼのハイブリッド型かを選択し細かな調整を行います。
患者さん一人一人の鼻の形状にあったゴアテックスを用いた鼻根部Vライン形成により、希望通りの仕上がりが約束されることでしょう。
しております。
リッツ美容外科は鼻根部Vライン形成のデザインにもこだわりがあるそうです。例えば事前に綿密なシミュレーションを行い、それを元に患者さんと一緒に術後の仕上がりを確認したうえではじめてベストな術式や手技を決定するという手順を踏むことからもそれが窺えるでしょう。
鼻根部Vライン形成では鼻の穴の中を数㎜切開し、ゴアテックスを細く丸めたうえで挿入する操作を行います。
鼻筋にプロテーゼが挿入されている場合は、プロテーゼをいったん取り出してゴアテックスと接合したうえで再挿入します。
別のやり方として、額の生え際や眉毛下部分の皮膚切開でゴアテックス挿入を行うこともできるそうです。
もっとも鼻根部Vライン形成を扱っているのはリッツ美容外科をはじめ少数のクリニックにとどまり、一般的にはあまり馴染みのある手術ではないです。
他院ではI型ブロテーゼを挿入することで眉間の高さをだすこともありますが、目に見えて不自然な仕上がりになってしまうためおすすめできません。
さらに鼻根部Vライン形成は医師の技術や経験次第で仕上がりに差が出ることが多く、修正手術を希望する方も中にはいるとのこと。
となると鼻根部Vライン形成手術の結果に満足するか否かは担当医の知識と技術、経験がポイントとなります

最近ではリッツ美容外科だけでなく鼻根部Vライン形成をやるクリニックが増えてきたよう思えます。
先生いわく、プロテーゼは何年かたったら入れ替えが必要だけど、、ゴアテックスは一生ものなんだそうです。
皆さんは仮に隆鼻術をやるとしたらどっちにしたいですか?
ゴアテックス
・鼻根部Vライン形成で使用する
・高価すが、心臓や血管の外科手術でよく使用される医療用の素材なので安全
・シリコンプロテーゼの欠点のひとつである被膜拘縮がゴアテックスではほとんどないといわれている
・ただし組織癒着のせいで取り出すとなった場合、やや難しい
シリコンプロテーゼ
・リッツ美容外科含めたほとんどのクリニックで長年使用されてきた
・外科手術にも使われる人工軟骨のため安全性が高く、安定性があるので体内にあっても変質しないことや、自由に形や大きさを自由に選べるのが特徴
 ・鼻の穴の内側を少しだけ切開しシリコンを鼻骨に密着させるだけなので、傷口はほとんど目立たない。
・気に入らない場合やトラブルがはっせいした場合抜去し元に戻せる
・短所としては、やや拒絶反応がおこりやすいことや、位置ずれをおこしやすいことなど

鼻根部Vライン形成やった方に質問です。
私はリッツ美容外科の鼻根部Vライン形成(目と目の間に高さを出す手術)をやろうと考えています。
いまはヒアルロン酸をいれて鼻を高くしているんですが、
ヒアルロン酸注入を続けていると鼻筋がアバターみたくどんどん太くなってしまうことと、いうのと、ヒアルロン酸ではなかなか思った通りの鼻にならず、さらに注射してまだ1ヶ月しかたっていないのにもうヒアルロン酸が吸収され消えつつあるので、プロテーゼ隆鼻術と鼻根部Vライン形成で半永久的に鼻を高くすることを検討しています。
ところがプロテーゼについて検索したところ、プロテーゼを除去した人の体験談や口コミがやたらと目に付きます。
たしかにプロテーゼは長い間入れておくとずれてしまったり、皮膚に浮き出るくらい目立ったりといったリスクがあることは知っていますが、プロテーゼ隆鼻術と鼻根部Vライン形成をやって良かったという方はあまりいらっしゃらないのでしょうか?。
ネットの情報を鵜呑みにする必要はないんですが、なにぶん体験した方の口コミ情報はネットでしか手に入りませんから、心配になってきてしまって・・。
そこで鼻根部Vライン形成を受けた方のリアルな体験や感想を聞かせてください
リッツ美容外科で受けた方ならなおのこといいです。
お願いします。
ちなみに私はプロテーゼを入れるのならば、I型を考えています。

こんど鼻中隔延長の整形をうける予定です。今日リッツ美容外科でカウンセリングを受けてきましたのですが、一緒に鼻根部Vライン形成もすすめられて迷っています。
シミュレーション画像を見る限りだと、確かに鼻中隔延長と鼻根部Vライン形成の2つを行うアフター画像の仕上がりは秀逸だったのでこの二つを検討していますが、鼻根部Vライン形成でプロテーゼとゴアテックスのどちらを入れるかで悩んでます。
ゴアテックスはドクターの技術が仕上がりを大きく左右することや、日本で取り扱っているクリニックがリッツ美容外科含めても少ないと聞いています。
ですが医療用として使われているらしいのでその点はプロテーゼより安心します。
私はできるだけナチュラルな仕上がりを希望していますが、そうするとやっぱりゴアテックスの方がベターなんじゃないかって思うんですけど

おでこにボリュームがあるにもかかわらず、鼻根部(目と目の間)は窪んでいるので、横から見たときのバランスが悩みです。
眉間から鼻先まで高くするため鼻のI型プロテーゼを考えているのですが、調べているうちにプロテーゼだけでは不自然になり、鼻根部Vライン形成を併用するのがおすすめと書かれているとこもあったのですが実際ところどうなのでしょう?
鼻プロテだけでも十分綺麗に鼻が高くなってるように感じますが、教えていただけると助かります。
【追記】
1ヶ月前に鼻筋~鼻根部~額につながるラインを高く整える手術をやってきました。
友人が鼻の手術をリッツ美容外科で受け、とてもかわいらしい鼻になってたので気になってカウンセリングに行ってみたんです。
先生に悩みを相談し理想的な鼻の形を伝えとところ、私のようなケースにシリコンインプラントだけで手術を行いますと、額とのつながりが悪く、鼻根部が不自然な仕上がりとなってしまうそうです。
そこでプロテーゼ隆鼻術と鼻根部Vライン形成を組み合わせ、、鼻根部にゴアテックス、鼻筋にシリコンインプラントをつなげて挿入するることにより、鼻と額が自然につながるようにしました
手術後初めのうちは腫れと内出血が結構でて、大きなマスクを装着することなしでは生活できませんでした。リッツ美容外科での抜糸が終わってからは腫れも内出血も落ち着き、今では痛みも全くなく、目に見えてスッキリした鼻筋になったことが嬉しくてしょうがないです。
職場のみんなにも手術のことは多分ばれてないと思います。
横顔だけじゃなくなく、正面顔にも欧米人のような自然なVラインができました。私が受けた鼻根部Vライン形成とのコンビネーション手術はオススメですよ

※上記「リッツ美容外科で鼻根部Vライン形成した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •