•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科でコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸した結果

・リッツ美容外科で行うコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸は、人工乳腺法の一種です。
・コヒーシブシリコンジェルバッグは、粘度が高いシリコンジェルを内容物とするバッグで、万が一バッグが破損してもシリコンが外に流出しにくく、安全性に優れているとされています。
・もっとも通常のシリコンジェルバッグより感触が硬く、仰向けになっても横に流れず寝形をとどめたままなので、不自然に見えあまり人気はありませんでした。
・ですが近年柔らかく自然な手触りのソフトコヒーシブシリコンが開発されたことで、現在では豊胸バッグの主流としてリッツ美容外科はじめ多くのクリニックで使用されています。
・コヒーシブ・シリコンバッグ豊胸手術は、体内に鳩首されてしまうヒアルロン酸注入や脂肪注入といった他の方法と比較して、より大幅なサイズアップを可能としなため、確実な効果が約束される豊胸手術として人気です

・バストに関する悩みは、女性なら誰でも少なからずあるんじゃないですか?
・私も少し前までは小さいバストにコンプレックスを持ってました。
・「前までは」と過去形なのは、実はリッツ美容外科にてコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸の経験があるためです。
・それまでの私のバストはAカップだったんですが、谷間とボリュームが欲しかったので、豊胸手術を検討しました。
・まぁだいたい皆さんと似たようなカンジですね。
・肝心なのは病院選びです。ひとまず院長先生が有名で、ネットの口コミでも評判が良いリッツ美容外科に相談に行きました。
・カウンセリングでは、私が希望するバストの大きさや形など、細部にわたり先生と徹底的に話し合って、最適な手術方法を提案してもらったんです。
・それは前述したコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸です。
・コヒーシブシリコンバッグは、手で触ったときの感触がいたって自然なうえ、バッグ外壁はカッターで切ろうとしても破れない耐久性を併せ持ち、優れた性能をもちトラブルが少ない高性能のバッグとのことです。
・カウンセリングの時このシリコンバッグを実際に触らせてもらいましたが、大げさではなく本当に自然な柔らかさで、これは豊胸手術していてもなかなかわからないだろうと思いました。
・リッツ美容外科のコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸手術は非常に丁寧だったし、傷跡も最小限・・というかわからないくらいです。
・AカップだったバストサイズはDカップへと大幅UPし、もちろん谷間もしっかりできています。
・リッツ美容外科のおかげです。
・技術や対応共に期待通りのクリニックだったと思います

・豊胸経験者ですが、私がやった所では80万円弱かかりました。
・決して安い値段じゃありませんが、リッツ美容外科ではコヒーシブシリコンっていう柔らかくてしかも安全なシリコンバッグを使っているので、そこに決めたんです。
でやりましたね。
・ネットが普及したおかげで豊胸手術に関する失敗やトラブルも頻繁に目にするようになりましたし、ある程度お金を出してでもコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸を扱っているとこでやるほうがリスクが少ないと思います。
・入れたバッグが拘縮をおこしたり破損してしまった場合、バッグを取り除くにも結構お金がかかっちゃいますしね。
・コヒーシブ・シリコンバッグ豊胸なら発がん性物質は含まれないため、がんのリスクはまずないだろうとリッツ美容外科の先生も言ってました。
・リッツ美容外科といえば輪郭の骨切り手術で結構有名なんでしょうけど、豊胸についてもコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸以外に色々な治療方法を行っているみたいなんで、興味がある方はいちど調べてみてはどうでしょう。
・何ならカウンセリングに足を運んでもいいですしね

・23歳の時に人工乳腺法で豊胸手術を行いました。現在28歳です
・コヒーシブシリコンならレントゲンに映りにくいと当時の先生に言われたんですけど、やっぱり映っちゃいますか・・?
・健康診断書が必要でレントゲン撮影しないといけないんですが、今途方に暮れているところです。
・そもそも右胸だけ硬くてリップラインも出ちゃってるんで、もうなかばバレちゃってる状態なんです・・(同居してる彼氏は何も言わないけどゼッタイ気づいてると思います)。
・サイズを変えずにやり直すとしたらどの方法いいですか?またレントゲンなどで分からないのがいいのですが、どの方法がベストですか??
・それによく考えたら「映りにくい」と「映らない」は違いますもんね。
・もうこの際開き直ってお医者さんにも彼にもカミングアウトしたうえで、もう一度コヒーシブ・シリコンバッグ豊胸手術を受け直そうかとも考えちゃいます

・豊かで美しいバストは女性の象徴として非常に重要なパーツです。
・だからこそバストにコンプレックスがあると、女性としての自信が失われ、不安を抱えてしまいがちになります。
・バストの悩みを解消するにあたっては、正確に診断することはもちろん、患者一人一人の特徴を把握しその人に合ったベストな治療法を選択しなければなりません。
・その中でもシリコンバッグによる豊胸術は、確実なサイズアップを見込むことができ、さらにアナトミカル型のバッグを使用することでより自然な形のバストに仕上げることが可能です。
・ですがその一方で、カプセル拘縮を引き起こして歪な硬い乳房となってしまう危険性もあります。
・この点リッツ美容外科では、被膜拘縮のリスクが低く、なおかつ自然な柔らかさを両立させたコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸を行っています。
・もちろん被膜拘縮が極力起きないよう、早い時期からマッサージなどの術後ケアを充実させてます。
・理想とする大きさと形はもちろん、マシュマロのような自然な柔らかさのバストが、リッツ美容外科でなら手に入るかもしれません

-コヒーシブ・シリコンバッグ豊胸におけるリッツ美容外科のこだわり
①豊胸バッグのサイズを術中に確認
バッグサイズを決めるのは難しいものです。
ご自分が求める大きさがまだ決まっていないかた、サイズが良く分からないかたは、テストバッグを挿入することにより手術中に無痛の状態でバストサイズを確認することができます。
②充実の術後ケア
コヒーシブ・シリコンバッグ豊胸では丁寧な術後のケアが重要です。
極力被膜拘縮が起きないよう、リッツ美容外科ではマッサージをはじめ超音波治療や内服薬といった様々なケアを行ってくれます。
③安心安全な無痛麻酔
・リッツ美容外科専属の麻酔科専門医が術中の状態を管理します。
・術後の痛みについても疼痛コントロールで対処します。
ーよくある質問
・万が一拘縮がおこってしまった場合は、マッサージや超音波療法である程度改善が見込めますが、拘縮がひどいケースではバッグ除去手術をリッツ美容外科にて行うこととなるでしょう。
・授乳への影響を心配する人もいるでしょうが、乳腺下ないし大胸筋下にバッグを挿入したとしても入全く問題はありません。
・乳ガン検診についてですが、触診とエコー検査は問題ありません。
・ですがマンモグラフィーはシリコンバッグが強く圧迫されることで破損のリスクが高まるため避けた方がよいでしょう。
・精密検査を必要とする場合にはMRIで確認することが可能です

※上記「リッツ美容外科でコヒーシブ・シリコンバッグ豊胸した結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •