•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科でこめかみ増大をした結果

・こめかみ増大術をリッツ美容外科で受けてみてそのとき思ったことを私なりにまとめてみました。
・年を取るにつれて誰しもこめかみが窪んでいきますが、骨格や筋肉のつき方で窪みが出やすい人と出にくい人とに分かれます。
・ちなみにリッツ美容外科のカウンセリングで診断してもらったところ、どうやら私はくぼみやすいタイプのようで、しかも痩せぎみなのでくぼみがますます深くなります。
・またこめかみのくぼみは遺伝的な要因も大きいそうで、たしかに私の親や妹もこめかみはふっくくらしていません。
・こめかみが凹んでいる顔立ちの人は年齢以上に老けてみられたり、何となくやつれた印象を相手に与えてしまいがちです。
・リッツ美容外科ではこうしたケースに対しては、こめかみ増大術を行い、くぼんだこめかみをふっくらさせることで顔全体の印象を改善し若々しさを生み出します。
・リッツ美容外科のこめかみ増大法は、大きく分けてプロテーゼやアパタイトを入れボリュームを出す方法、ヒアルロン酸を注射してふっくらさせる方法、脂肪を注入する方法があります。
・ですが先生いわく、こめかみの改善は脂肪注入では吸収が強いため難しく、ヒアルロン酸やPPP注入の効果は一時的で定期的に来院しなければならないとのことです。
・そこで次の2種類の方法をおすすめされました。
①シリコン・インプラント挿入
・手術前こめかみのくぼんだ部分をマーキングして大きさと深さを計ります。
・毛髪内を約2cm切開し、挿入予定位置まで骨膜下に剥離させます。
・あらかじめデザインしておいたシリコンプレートを骨膜下に挿入すします。
・シリコンプレートがずれたり段差が生じる心配はありません。
・左右あわせて約40分程度で手術終了します。
・欠点としてはシリコンプレートは大きさが数種類に限定されており、患者一人一人に適合させるのが難しいことです。
・リッツ美容外科ではオリジナルのカスタマイズされたシリコンプレートを使用しているので問題はありません。
②ハイドロキシアパタイト注入
・毛髪内を1㎝ほど切開し、こめかみのくぼんだ箇所を骨膜下に剥離します。
・極細の注入針でそこからハイドロキシアパタイトを注入します。
・アパタイトは注入する時はジェル状で、数分程度で徐々に固まってきます。
・最終的には骨と同程度の硬さになり骨に馴染みます。
・適量のアパタイトを適切な部位に注入するこの手法が最も優れたこめかみ増大術といえるでしょう(ちなみに私が受けたのもこれです)。
・シリコンプレートと違い、アパタイトは患者一人一人のこめかみの状態に合わせることが出来るためです。
・もっともアパタイト注入に慣れていることが大前提ですし、万が一デコボコになったり入れすぎた場合などは修正は用意ではありません。
・その意味でも輪郭形成に精通したリッツ美容外科のドクターに施術してもらうのがいいのではないでしょうか

・こめかみの窪みは日本人に多い特徴の一つです。
・こめかみが窪んでいると老けて見えたり常に疲れていてくたびれた印象を与えてしまいがちです。
・さらに頬骨の出っ張りやエラ張りなどといったフェイスラインの短所が余計に目立ってしまいます。
・窪んでいるこめかみをふっくらさせるだけで、顔の印象を劇的に変えることができるというわけです。
・最もお手軽なこめかみ増大の方法はヒアルロン酸の注入です。
・施術に要する時間はわずか10分程で、少なくとも半年は効果が十分持続し、約2~3年かけ少しずつ体内に吸収されていきます。
・半永久的なこめかみ増大効果を希望するなら、こめかみの髪の生え際から数cm後ろの皮膚を2~3㎝切開して、筋肉と骨の間にプロテーゼやハイドロキシアパタイトを挿入する方法があります。
・例えばプロテーゼ法の場合、最大の特徴は、永久的な効果がある点です。
・こめかみ生え際から後ろにかけ毛髪内を小さく切開し、プロテーゼをこめかみに挿入します。
・リッツ美容外科ではプロテーゼを患者一人一人のこめかみの形状に適合するよう1㎜単位で微調整してくれます。
・さらに術中も微調整しつつプロテーゼを挿入するので、術後プロテーゼがこめかみからずれたり、サイズがあわないなどといったことはまずないでしょう。
・こめかみプロテの傷跡は髪の毛の中に隠れてしまうため、全く目立ちません。
・いずれの方法であってもリッツ美容外科ドクターの経験と技術をもってすれば、こめかみの窪みをナチュラルに解消したうえで、若々しく洗練された印象の顔立ちへと生まれ変わります。
・自分のこめかみに最も適した方法は何か、それを判断するためにもリッツ美容外科のカウンセリングで相談してみてはどうでしょうか?

・日本人はこめかみが凹んでる人が多いと聞きましたが、欧米人ってこめかみが膨らんでるのが普通なんですか?
・もしこめかみにプロテーゼをいれたら西洋人みたいなフェイスラインになれますか?
・ちなみに目や鼻、顎なんかリッツ美容外科とかヴェリテとかでで欧米人っぽく整形してます。
・外人みたいな顔立ちにみられるにはやっぱりこめかみが大事なんでしょうか?
・そういえばリッツ美容外科で額にアパタイト入れたんですが、その時のカウンセリングでこめかみのことも聞かれたような覚えがあるんですよね。
・おでこついでにこめかみ増大させるアパも入れて貰えば良かったのかな?
・エラ削りとセットバック、それに中顔面短縮もやったからかなり小顔なんだけど、顔の上半分もキレイにするとなるとやっぱりプロテかアパでこめかみ増大術をやったほうがよさそうなカンジがします。。
せっかくここまでやったんだからとことん美を追及してみたい

・リッツ美容外科でこめかみ増大術を受けてみた感想です(といってもヒアルロン酸を注射しただけですけど)。
・私は小さい頃からクラシックバレエを習っていて、ひっつめ髪するとこめかみがへこんでいるのが気になってました。
・ちょっとしたひょうたん型みたいな形です。
・他の人から見たら全く気にならないレベルだっていうのはわかってはいるんですが、鏡を見るたびに気になってしまって仕方がないのでリッツ美容外科でこめかみ増大手術やってみました。
・カウンセリングではシリコンプロテーゼやアパタイトを入れる方法が効果的だと説明されました。
・ただヒアルロン酸を注入する方法もあり、こめかみ増大するのが初めてならとりあえずヒアルロン酸でどんな感じか確かめてみてもいい、といわれたのでそれならとお試し感覚でやってみました。
・実際やってみて感じたことは、こめかみが膨らむと少し太って見えるということです。
友人やバレエ仲間からも「ちょっと太った?」と言われましたし、自分が想像していた感じとは若干違う印象を受けました。
・まぁヒアルロン酸はそのうち吸収されこめかみは元に戻りますから心配はいりませんし、はじめてのこめかみ増大術はいい経験になりました。
・後日リッツ美容外科に経過を見せに行った時、こめかみ増大術は比較的高齢で老けて見られがちな人が多く行っている、と先生はおっしゃっていました。
やっていると教えてくれました。
・私のようにまだ20代の人にはすこし早かったんでしょう。
・でもずっと悩んでいたので、スッキリ出来て良かったです

※上記「リッツ美容外科でこめかみ増大をした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •