•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 下顎枝矢状分割法

・リッツ美容外科の下顎枝矢状分割法(SSRO)が顎の悩みを解決するのにオススメ!
・美しいフェイスラインになりたくとも、自分の顎に何らかのコンプレックスを持っている方は少なくないでしょう。
・あごは正面からも横顔でもいやでも目立つパーツで、あごのバランスが崩れていると顔のトータルバランスまで失われてしまいます。
・バランスのとれたフェイスラインになる手段としては、やはり顎の外科手術が最も効果的です。
・術式はいくつかありますが、最もメジャーなのが下顎枝矢状分割法です。
・この手法はSSROとも呼ばれ、顎の様々な症状を改善させることができるため、リッツ美容外科はじめ採用している美容整形外科は多いです。
・下顎枝矢状分割法の長所は下顎骨の移動を行ってから骨の癒合がすぐ行われるため、後戻りが滅多におこらないことが挙げられます。
・顎をせっかく手術したのに戻るリスクがあるより、下顎枝矢状分割法を行って元の顎に戻りにくくできるのは大きなメリットです。
・理想のフェイスラインを目指す方にぜひ受けていただきたい施術です。
・下あごの後方移動ないし前方移動を組み合わせ行われますが、リッツ美容外科では多くのケースでルフォーⅠ型などの上顎手術をあわせて行うことが多いです。
・左右非対称の改善も比較的困難ではありますが可能です。ただし筋肉の非対称の影響により後戻りがやや生じやすいといわれます。
・ただ下顎枝矢状分割法のデメリットとして、口の中から操作を行うので術野が狭く、高い技術が求められるため失敗やトラブルの危険がつきまといます。
・麻痺やしびれといった後遺症の心配もありますから、リッツ美容外科のような信頼に足るクリニックで下顎枝矢状分割法をするべきだと思います

・リッツ美容外科の下顎枝矢状分割法についてお話しします。
・下顎枝矢状分割法は、顎変形症を改善させるにあたって頻繁に行われる施術で、下顎の後前方移動や後方移動に用いられます。
・下顎に対する代表的な術式で、開咬症をはじめ、下顎前突症や下顎後退症、下顎の左右非対称など様々な変形症に適応可能なのが特徴です。
・口腔内粘膜を切開して行われ、下奥歯の歯茎根元に傷ができますが、まず外からは分からないでしょう。
・また下顎枝矢状分割法後の出血に対処するためドレーンが留置されますが、これも挿入口は非常に小さく見えにくいところにできるため全くといって良いほど分かりません。
・下顎骨を2枚におろすように分割し、あらかじめ予定していたサジカルスプリントとシーネに適合するよう修復し、上下歯に関してもしっかり固定します。
・分割された骨片同士をチタンプレートで固定し、咬み合わせが適切であることを確認後粘膜を縫合し下顎枝矢状分割法は終了となります。
・手術時間はおよそ1時間30分から2時間くらいで、順調なら10日程度で退院できます。
・手術後しばらくは腫れやむくみがあらわれ、顎関節にも相当の負担がかかるため、食事や会話の際は無理をしないように気をつけて下さい。
・リッツ美容外科の担当医から指導された開口訓練をしっかり行うことも早期回復には重要です。
・リッツ美容外科の下顎枝矢状分割法の利点としては、骨同士がすぐに癒合するので後戻りが少なく、エラ張りの改善も同時に行える、抜歯を必要としないことなどが挙げられます。
・一方欠点としては、術後にオトガイ部周辺に感覚鈍麻が発生することがありますし、トラブルや失敗のリスクももちろんゼロではありません。
・デメリットが比較的少なくすむためリッツ美容外科では人気の施術ですが、検討する時には長所と短所デメリットをよく考え、担当医としっかり相談し納得のうえ決めるようにしてください

・受け口やしゃくれあごといった下顎の悩みは、リッツ美容外科の下顎枝矢状分割法で解消することが可能です。
・リッツ美容外科は口コミや2ch(5ch)、美容整形ブログなどでおなじみでしょう。
・リッツ美容外科の評判の名医が下顎骨を適正位置にスライドさせて美しく綺麗なフェイスラインに仕上げます。
・下顎枝矢状分割法(SSRO)といえば大学病院の口腔外科で行われている治療です。
・しかし下顎枝矢状分割法は、リッツ美容外科をはじめとする美容外科クリニックでも受けられることをご存じでしょうか?
・顎変形症の治療にとどまらず、美しい輪郭に生まれ変わる目的の下顎枝矢状分割法もあるのです。
・下顎枝矢状分割法は下顎の骨を切り離したうえで、歯列部分の骨を移動させることによって噛み合わせやあごの位置を治す手術です。
・顎変形症の治療をはじめ、口元が前方に突き出していたり、しゃくれあごや受け口に対する治療としても適用されます。
・上顎と下顎の噛み合わせ位置がポイントになるので、必要があればLefortⅠ型骨切りを同時に行うケースもあります。
・ただし注意してほしいのが、口腔外科で顎変形症の治療として下顎枝矢状分割法を行うならば保険の適用を受けられますが、美容目的で下顎枝矢状分割法を受ける場合は保険適用はありません。
・結局、美しいフェイスラインを手に入れるという美容目的で下顎枝矢状分割法を受けるのであれば、リッツ美容外科などの「美容クリニック」を選ぶことになるというわけです。

-リッツ美容外科の下顎枝矢状分割法はどのような手術なのか?
・リッツ美容外科の下顎枝矢状分割法は歯列を含む下顎全体を移動させる術式です。
・口の中より口腔粘膜を切開し下顎骨を露出させて、歯列を残しつつ骨切りを行って下顎全体を可動状態にし、あらかじめ予定していた位置に移動し再固定する手順を踏みます。
・こうすることで自由に下顎の位置を変えることができるわけです。
・しかしリッツ美容外科が手がける下顎枝矢状分割法は、美しさをとことん追求することを目的としています。
・例えば水平骨切りを併用して下顎のラインはもちろんフェイスライン全体を整えたり、オトガイ先端部の骨削りを行いシャープでシュッとしたフェイスラインに仕上げることもできたりします。
・顎変形症の治療であれば下顎枝矢状分割法には保険適応されるケースもありえます。
・一般的に大学病院の口腔外科で実施される下顎枝矢状分割法がそれにあたります。
・しかし大学病院で受ける下顎枝矢状分割法は2~3週間の入院が必要であり、さらには顎間固定(上顎と下顎をワイヤーでしっかり固定)も行うためしばらく流動食を余儀なくされるなど、制約が多いです。
・この点、リッツ美容外科が行う下顎枝矢状分割法は基本的に入院は不要であり、かつわずらわしい顎間固定も行わずに治療可能なのが大きなメリットです。
・単純に下顎枝矢状分割法自体の料金でいえば保険適用があれば確かに安くはなりますが、入院費用の点でさしたる差はなくなります。
・モニター料金ならさらにその差は小さくなります。
・費用面以上にリッツ美容外科で下顎枝矢状分割法を受ける確固たるメリットが存在します。
・それはまさしくフェイスラインを美しく仕上げることができることに尽きるでしょう。
・上顎やオトガイ形成も併用すれば皆さんが願ってやまない理想的なフェイスラインにますます近づくことができるのです

※上記「リッツ美容外科で下顎枝矢状分割法をした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •