•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科 あご中抜き法

・あご先を短くしたい患者様には、リッツ美容外科ではあご中抜き法(おとがい部水平骨切りとも呼びます)という手術を提案しております。
・例えば受け口やしゃくれの場合、歯の矯正治療をやったところで歯は治療できても下アゴ自体はひっこむことはありません。
・口コミでもアゴの骨格が歯科矯正で改善したというのはちょっと聞いたことがありません。
・もちろんアゴが大きかったり長いことに悩み、小顔に憧れる方にとっては、矯正治療ははっきりいって的外れでしょう。
・いってみればリッツ美容外科のあご中抜き法は、歯並びの矯正治療では治すことのできない、顎の骨格を改善させる施術法です。
・左右に走っているおとがい神経を避けつつ上下2段に水平に骨切りを行い、中間部分の骨をくり抜くことで、オトガイの形状はそのままにあごの長さを短縮させることができます。
・真ん中部分の骨をくり抜く操作を中抜きと呼びます。
・あご中抜き法で切り離した骨同士を接合する際は一般的にチタンミニプレートを使用しますが、リッツ美容外科ではチタンスクリュー(ねじ)による固定もケースバイケースで行っています。
・顎を短くする手術を検討している患者様の中には、「あご中抜き法はやらず骨削りだけで顎短くできないか?」といった御質問をされる方がいらっしゃいます。
・確かにあご先端部の骨削りでも短くはできますが、人間の骨というのは二層構造となっており、このうち削れるのは皮質のみで髄質を削ることはできません。
・つまり骨削りだけでは、皮質の厚さだけしか短くすることはできず、なおかつ皮質はさほど厚いものではありません。
・これに対してリッツ美容外科であご中抜き法の場合、かなり短くしても皮質が十分残っているためチタンプレートでの固定を行うことができます。
・加えてアゴ先のフォルムを維持しつつ、長さのみ短縮可能なため、思い切った操作を行っても不自然な仕上がりになるおそれがありません。
・アゴを前に出したり尖らせたいといった要望ならば、骨切りや骨削りを行わずともヒアルロン酸注射という選択肢もリッツ美容外科にはございます。
・しかしアゴの長さを短くしたい、奥に後退させたいといったご要望に対しては、骨を切断し削るカットするあご中抜き法がベストであると考えます。
・あご中抜き法を候補に挙げている方は、ぜひ一度リッツ美容外科の小顔輪郭整形の無料カウンセリングへお気軽にお越し下さい。
・あご中抜き法の手順や料金、ダウンタイムはもちろんのこと、メリットのみならずデメリットに関しても正確に説明したうえで、手術をご希望であれば誠心誠意執刀することをリッツ美容外科がお約束いたします

・以前リッツ美容外科とは別の美容整形医院であご中抜き法をやりました。
・人より顎が長いくらいでひどい受け口やしゃくれ顎というわけではありませんでしたが、自分ではずっと気になっていました。
・5㎜短くするくらいだとたいして変わらないだろうと素人考えで勝手に思いこみ、結局1㎝近く短くしました。
・ところが男なので顎が少し大きくまた中顔面が長いので、下顎だけ極端に短くなったためバランスが崩れた結果、シャープさが完全に無くなってしまいました。
・どう考えてもあご中抜き法をやる前の方がマシだったと後悔しっぱなしで、手術してからずっと悩んでいて仕事も手に付きません。
・頭蓋骨模型や3DCT画像によるシュミレーションもやらず安易にやったのも失敗でした。
・元に戻すことができるなら再手術したいんですが、リッツ美容外科さんでは可能でしょうか?
・どこかの整形ブログ(2chだったかも)で、別のところから骨を移植?するやり方があると読んだおぼえがあるんですが・・。
・前にやったあご中抜き法の鈍痛や痺れがまだ残っているんですが、再手術は前回の手術からどれくらい経過すれば出来るんでしょうか?
・リスクや癒着、料金などについても教えて欲しいです。
・そもそも元通りになるんでしょうか?中抜きしたので段差を削っているんですが、仮にそこが不足していても見映えは問題ないのか?
・スクリューやプレートはうまくくっつけられるのか?元に戻したとき皮膚がたるんでいるせいで結局顎が長くなってしまうのでは?
・それと気になるのは修正にかかる料金です。モニター制度とかはあるんでしょうか?
・あご中抜き法は一泊入院したんですが、再手術は日帰りでできるんでしょうか?
・質問がいっぱいですみませんが、もう絶対に失敗したくないので輪郭形成で評判のリッツ美容外科さんにお願いしたいです。どうかよろしくお願いします

・あご中抜き法は、リッツ美容外科のオトガイ形成術なかで最もオーソドックスな施術です。
・二段階の水平骨切りで真ん中の骨片を中抜きし、末端の骨片を前後にスライドさせて固定するで下あごの位置や長さ、形状を修正します。
・すなわちオトガイの短縮、前進、後退を行えるということになります。
・リッツ美容外科のあご中抜き法は全身麻酔下で行われ、リッツ美容外科専属の麻酔科専門医により厳重に管理されます。
・はじめに口の中(口腔前庭)の切開を行います。
・第1小臼歯(4番目の歯)下方の粘膜の真下にオトガイ神経が通っているため、術後麻痺や後遺症といった失敗のトラブルがないよう慎重に切開します。
・オトガイ部だけでなく下顎角に向かい段差をなめらかにならす作業を後で行うため、あらかじめ必要十分な切開を加えます。
・なお傷跡は歯茎の溝に沿うようにできるため、切開の長さにかかわらず術後傷が目立つことはないのでご安心下さい。
・切開したのち骨膜下で下顎正中下縁まで剥離しますが,オトガイ筋群の剥離は可能な限りおこなわず温存しておき、末梢骨片へ十分血液がいきわたるようキープします。
・さらにいちど剥離させた筋肉が同一箇所に再度癒着することはめったにないため、剥離のさせすぎはオトガイ部がたるむの原因ともなります。
・そしてオトガイ神経周囲の軟部組織についても、牽引麻痺の発生を最小限にとどめるとためやはりできるだけ温存するよう心掛けます。
・骨切りラインは術前のカウンセリングにおいて、リッツ美容外科が設計した3次元頭蓋骨模型上で設定されます。
・3次元模型を用いず骨切りラインを設定すると、神経を損傷するリスクが高くなります。
・あご中抜き法の上方骨切り線は、オトガイ孔より6~8㎜下方に設定されます。
・下方骨切り線は下アゴの短縮幅の応じて決定されますが、血流やたるみの問題があることから、先端骨片の厚さは最低5㎜は残しておかなければなりません。
・切断ラインが確認できたらサジタールソーを使用し予定した短縮量の切除幅にて2箇所水平に骨切りし、中央部の余分な骨片を除去(中抜き)します。
・次に先端骨片を下顎骨基部へと移動させ、移動後に両断端部に生じる段差を削ってなめらかにします。
・あご中抜き法の固定にはチタンプレートが使用されるのが一般的ですが、リッツ美容外科ではオリジナルのロッキングプレートを用いることで固定を強固にしています。
・固定後に生じた左右の段差をなめらかに均一にならすための骨削りが、あご中抜き法では一番難易度の高い操作であるとリッツ美容外科は考えています。
・上記段差はちょうどオトガイ孔のすぐ下にできるため、神経を損傷しないよう削る操作は高度な技術と豊富な経験が必要です。
・さらにオトガイ孔から2cm外側に下歯槽神経が走行していることにも細心の注意を払わねばならないのです。
・オトガイ部からエラにかけた広い範囲で底部をならしていく必要があるため、各箇所に応じた3種類のオステオトームを使い分け骨削り作業を行い、細かな微修正はラウンドバーやピエゾでカバーします。
・術野を洗浄したのち骨膜および粘膜を縫合し2層を閉創します。
・微細に加工したペンローズドレーンを中央部に2本、オトガイ神経の外側に各1本、計4本を留置します。
・右ドレーンはリッツ美容外科退院時に抜去されます

※上記「リッツ美容外科であご中抜き法をした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

最新記事
  
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •